『田舎』でもお金を考える2つ目の理由★

元MR(製薬会社営業)の独立系ファイナンシャルプランナー★
現在『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です(^_^)

★8月28日(日)『本気のライフプランセミナーin大阪』開催します★
詳細はコチラ↓
http://ameblo.jp/michiamokota0421/entry-12186161847.html

ご自身の『ライフプラン』に向き合って頂く、
参加者の方々にとても好評なセミナーです(^_^)

『資産形成』スタートの『きっかけ』になるので、
ご興味ある方はぜひぜひご参加ください。

★セミナー全体の流れはコチラ★↓
http://ameblo.jp/michiamokota0421/entry-12167876915.html

★6月26日(日)開催セミナーの様子はコチラ★↓
http://ameblo.jp/michiamokota0421/entry-12174875659.html

★7月30日(土)開催セミナーの様子はコチラ★↓
http://ameblo.jp/michiamokota0421/entry-12185871173.html

今日のテーマは、『田舎でもお金を考える2つ目の理由』です★

先日のブログでは、『田舎ではお金は要らない!?』というテーマを書きました。

『人』との結び付きが強く『信用社会』の田舎では、
都会よりも『お金』を媒介しない価値のやり取りが多くあります。

都会では『お金』があれば生活できますが、
田舎では『信用』の方が大きく必要になります。

これは『逆も真なり』で、
都会では『お金』のウェイトが大きくなってくるため、
いくら『良い人』でも『お金』を持っていなければ生活できません。

でも、『だから、田舎ではお金は要らない、ではない』と。

現代において、一生田舎で生活する人は極少数です。
皆さん、今は田舎に住んでいたとしても、
どこかで『お金』も都会のルールに従う時が来ます。

それは、ちょっとした観光等かも知れないし、
お子さんが大学に進学するときかも知れない。

そんな時、『田舎のルール』だけに従っていたら、
恐ろしく『不利なゲーム』に参加しなければいけません。

同じ『日本』という国においても、
都会と田舎では『お金』を取り巻くルールが違うからです。

それで、今日は『田舎でもお金を考える2つ目の理由』です。
これは、本当にしっかりと考えておいた方がいい。

それには、日本の財政が関係しています。

皆さん、小学校や中学校の社会・歴史の授業で、
日本が『第二次世界大戦』をやっていたことは習いましたよね??

先日、『終戦記念日』を迎えて各地で催しがあったので、
それを思い出す機会も多くあったと思います。

そう、日本は昔、戦争をやってたんです。
そのことに対する是非は、ここでは議論しません。
それを語るには、僕はあまりにも知識不足です。

で、言いたいのは『お金』の話。

学校の教科書にはほとんど書いてませんでしたが、
戦争って『お金』がかかるんです。

戦争やってる国は、武器もどんどん買う必要があるし、
戦艦や戦闘機やその燃料も買う。

兵隊さんもしっかり養わないといけないし、
犠牲になった場合でも家族を手厚く保障しないといけない。

ほんまに、想像を絶するほど『お金』がかかる。

それで、第二次世界大戦が終わった時に、
日本の国は『借金まみれ』で無茶苦茶やったんですね。

『日本の国が借金してる』というのは、
勘違いする人もいるけど『国民が借金している』とは全然違います。

『日本政府』が『債権者』に対して借金をしている状態。
もっとわかりやすく言うと、
『政治家のおっちゃん達』が『お金貸してくれた人』に対して借金している状態。

戦争が終わった時、
日本の国は『国内総生産の2倍以上』借金していました。

家庭に直したら、あなた自身が、
『年収の2倍の借金を抱えている』ことと同じです。

借金しているからといって、
日々の生活しなければいけないし、それにも『お金』がかかります。

飲まず食わずで必死に働いて返しても『2年』以上かかるけど、
日常の生活資金もかかるから、実際はそれよりも長い年月がかかる。

その上、日本は全国ボッコボコにやられていたから、
『国内総生産=収入』自体も壊滅的に落ちてしまってました。

つまり、この時の『借金』は、『政府』には返済不能だったのです。

それで、どうしたか??

まず、『預金封鎖』で国民資産の自由を奪いました。
そして、それに『資産課税』をかけて根こそぎ没収。

さらに、『新円旧円交換スキーム』を使って、
国民資産はさらに差し押さえられ、
『お金』を新たに刷ってインフレを起こした後に、
最後は通貨価値切り下げのデノミで完成です。

わかりやすく言えば、国民資産を奪って借金返済したのです。

調べてみてください、簡単に出てきますよ。
『日本』だけではないです。国家戦略の常套手段です。

そんな事も知らないのは、
『平和ボケ』してしまった日本国民だけ(^_^)

それで、実はそんな時でも自身の『資産』を守っている人はいるんです。

そういった事態をしっかりと把握して、
事前に安全な場所に『資産』を逃していた人です。

これも常識ですよね(^_^)

僕たち30代が学生時代、『ロシア危機』が起こりました。
そこで、『ニューリッチ』なる言葉が生まれた。

この人達、別に何かすごい事をしたわけじゃなくて、
『自分の国が危ないな』と感じた時に、一旦『資産』を逃して、
ロシアが経済危機に陥ってから戻してきただけです。

自身の『資産』はちゃんと保全出来ているのに、
他の人達は壊滅状態にあるから、相対的に自身が資産家になった。

言葉にしたら、結構シンンプルな理論★

それで、今日何でこんな話をしているかと言うと、
日本の債務は戦後と同じように壊滅状態だから。

一般会計予算で積み上げた借金は、
同じくくりで考えた時に未来永劫返済不可能です。

いや、むしろ増えてるし。
『返済』とは思いっきり『逆走』してます。

それでね、いつか日本政府はまたやると思いますよ(^_^)

その『いつか』の正確なタイミングはわかりません。
でも、正直それをやらないと解決不能だから、やる。

そんな時、自身の資産が『ゼロ』になっても良いですか??
日本全国、この辺のルールは統一なわけです。

いくら田舎でも、『資産ゼロ』なら生きていけない。

それに気付いて、着実に準備を進める人もいます。
おそらく、国民の『0.1%』くらいかな(^_^)??

『隣のオバハン』はやっていないかも知れません(笑)
でも、それは自分が『やらない理由』にはならない。

その辺の経済状況もしっかりと把握して、
きちんと準備を進めていきましょう!

『本当に賢い大人』が増えたら、
日本ももっと『賢い国』になって行くと思います(^_^)★

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile