『空白の10年』、あなたは埋められますか??

今日のテーマは、『空白の10年、あなたは埋められますか??』です(^_^)★

 

 

最近、ある1つの見出しが話題になっているようです。

 

 

2017年1月5日の会見で、日本老年学会が提言したもの。

 

 

これだけの情報で、ピンっと来る方もいるかも知れませんね(^_^)

 

 

『高齢者は、75歳から。』

 

 

これがなぜ、話題になっているかわかりますか??

 

 

いや、特に異論は無いように思うんです。

 

 

今も一応、『高齢者は65歳以上』と認識されていても、

実際、今日日の『65歳』の方々なんてお若いですよね。

 

 

『体力的』にはまだまだ働ける方も多いですし、

その証拠に、定年後も旅行を楽しむ方も多くいらっしゃいます。

 

 

『高齢者は65歳以上』というのは、

もう少し平均寿命が短かった過去の時代のもの。

 

 

医学的な観点から言う『75歳以上が高齢者』説には、

実感として、あまり違和感は感じられないように思います。

 

 

じゃあ、本当になんで、この提言が話題になるか??

 

 

それは、

 

 

『年金の受給年齢70歳へ引き上げ』の根拠として、

この提言が使われるのではないか、と考えられているからです。

 

 

現在、日本の財政は『火の車』。

 

 

2016年度末で国の借金(国債)累積額は1100兆円に迫り、

その上、単年でのプライマリーバランスも『マイナス』が継続しています。

 

 

既に借金が積み上がっているのに、更に借金を積み上げる。

 

 

『個人』では決して出来ないファイナンスを繰り返しながら、

何とか国の財政としては『延命措置』を続けている

 

 

そして、

 

 

その財政悪化の最も大きな要因を占めるのが『社会保障費』の問題。

 

 

『社会保険制度』『年金』『福祉』にかかる費用が増大し、

日本の財政は、このままでは存続不可能な状態まで来ています。

 

 

『社会保障』『年金』に関するテーマは、

私の書籍でも大きな反響があったポイントです。

 

 

書籍にはもう少し詳しく書かせて頂いてますので、

ご興味ある方は、ぜひご覧頂けると幸いです(^_^)★

 

 

*書籍ご紹介サイトは、記事横にリンクがあります★

 

 

兎に角、財源が無いんです。

 

 

国の年間コスト(歳出)に対する、

『社会保障費』の割合は約30%に上り、今後も上昇の一途を辿ります。

 

 

『年金制度崩壊』なんて事にいなると、

国としての存続価値がなくなりますから、

 

 

『支給額の減額』『支給開始年齢の引き上げ』等で、

何とかその時々の政権が『延命措置』を続けてきました。

 

 

でも、

 

 

それも徐々に、徐々に、終焉に向かってる。

 

 

『ツケ』を支払う時は、『いつか必ず』やって来るからです。

 

 

20代、30代の私達世代は知らない方も多いですが、

ほんの20年ほど前まで、年金支給開始年齢は『60歳』でした。

 

 

それが、今は『65歳』が当たり前のような風潮になってる。

 

 

ちなみに、

 

 

支給開始年齢が65歳に引き上げられたのが2000年。

 

 

その数年後、

 

 

2004年には『受給額20%カット』と、

『年金保険料30%アップ』が実施されています。

 

 

ここ20年足らずの間でも、

今から考えると相当大きな『変化』があったんですね(^_^)

 

 

既に、

 

 

日本以外の先進諸国でも、

経過措置期間を取りながら、段階的に年金支給年齢引き上げの動きは始まっています。

 

 

・米国:2027年までに67歳へ。

 

 

・豪州:2035年までに70歳へ。

 

 

・オランダ:2023年までに67歳へ。

 

 

・スペイン:2027年までに67歳へ。

 

 

などなど。

 

 

『経過措置期間』を設けるのは、

一気に移行すると『国民の怒り』が噴出してしまうから。

 

 

要は、『心の準備期間』を設けるためです。

 

 

現行制度さえ『定年60歳』から『支給開始65歳』まで、

年金受給までの間に『空白の5年』がありますよね。

 

 

これを埋めるべく?70歳支給開始に向けて?、

日本政府も、大企業に向けて『定年65歳制度』の導入を急かしています。

 

 

でも、

 

 

そんなに上手くいく訳ないですよね(^_^)

 

 

第一、いくら急かしたとしても、

政府は少しも『お金』を出してくれないんです(笑)

 

 

定年を伸ばした分の『5年間の給与』は、

企業がそのまま負担する事になる。

 

 

会社位経営をされている方はわかりますが、

『企業』というのは『存続』に命懸けてやってるんですよね。

 

 

『定年5年伸ばせ。』と言われて、

『はい、わかりました。』と簡単い答えられる訳が無い。

 

 

『ビジネス』は、机の上でやってる『算数』じゃ無いので。

 

 

そうなると、今後も企業の定年制度は、

『長くて60歳が限度』の所が大半になるでしょう。

 

 

(*『長くて』と表記したのは、個人的にはもっと短いと考えているからです。)

 

 

対して、

 

 

『年金支給開始年齢70歳』時代は、

『想像している以上に近い将来』『確実に来る』未来です。

 

 

ここで、1つお伺いします。

 

 

この『10年』という無収入期間のギャップ、あなたは埋められますか??

 

 

もっと言えば、

 

 

『支給額』を減額される事が容易に想像できるので、

『70歳以降』もその差額の資産は必要になってきます。

 

 

20代、30代、40代といった『私達の世代』、

高度成長期のように『昇給』なんてものも見込めませんよね。

 

 

企業も個人も、まずは自身の『雇用』を守るだけで精一杯です。

 

 

収入の『入り』の部分は、ある程度先が見えている。

 

 

そういう時代を生きていく時に、

『資産形成』というのは避けて通れないのでは無いでしょうか??

 

 

『私達の世代』、『年金資金』は自身で形成する時代です。

 

 

親の世代が普通に生活してこれたからと言って、

『自分達も何とかなるでしょ??』では、残念ながら無い。

 

 

このブログを読んでくれているあなたが、

少しでも早く気付いて、実際に行動を起こされる事を願います(^_^)★

 

 

『お金』について真剣に考えたくなった方、

スタートアップに最適なセミナーがあります。

 

 

1月25日(水)19:30-21:30の日程で開催、

『本気のライフプランセミナーin大阪』です。

 

 

★セミナー詳細ご案内はこちら★

http://ameblo.jp/michiamokota0421/entry-12232438244.html

 

 

『具体的に行動したい!』と、

ご興味持って頂ける方は、ぜひご参加ください。

 

 

あなたにとって、最適な『きっかけ』になると思います(^_^)★

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile