『築地市場』移転問題から学ぶこと★

今日のテーマは『築地市場移転問題から学ぶこと』です(^_^)★

★井上耕太事務所Facebookページ★
https://www.facebook.com/inoue.kota.office/
*『いいね!』して頂くと、有効な情報が届きます(^_^)★
★応募者限定無料プレゼント★
『資産形成を考える不滅の真理』PDF無料プレゼント中!
http://michiamokota0421.com
*ご応募は公式サイト内『無料プレゼント』から(^_^)★

 

ここ最近、ずっと世間を賑わせているニュースですよね。

*2016年10月15日『井上耕太事務所:公式サイト』掲載記事を、
一部加筆修正して再掲載したものです。

この問題に関してど素人の僕がとやかく言うのもなんですが、
自身の知識の整理のためにも、少し情報を整理します。

 

・築地市場の老朽化のため、移転話が持ち上がった。

・次の候補地として『豊洲』が選ばれ、話が進む。

・2011年、『建築費990億円』『土壌汚染費586億円』などを盛り込み、

総工費『3926億円』と見込まれるも、2年後に『4500億円』に上増し。

・2013年11月に初回入札が行われたが、

『材料費・人件費高騰』を理由に不調に終わる。

・その後、『東京都』が大手ゼネコンにヒアリングの結果、
建築費は当初予算から『840億円』上乗せ試算される。

・その後も総工費は増加の一途を辿り、
新たに出てきた『土壌汚染問題』への対策費も盛り込み、
総工費は『約5886億円』まで増加を続けている。

・その上、今後の資金面での目処、
『豊洲市場』活用のスタート時期も明確になっていない。

書いてて改めて感じたのですが、悲惨ですね(笑)

よくもまあ、ここまで好き勝手出来たものです。

この問題に対して、
ここまで『東京都』が下した対象者・責任者への処分は、
都中央卸売市場・岸本良一市場長を更迭したのみ。

 

『更迭』

 

よく聞く言葉ですが、
明確に意味を知らなかったので調べてみました。

 

人事処置の一つ。
高い地位についている人間の役職を解き、
別の人間を当該役職に充てることを指す。
(*出典:ウィキペディアより)

 

つまり、わかりやすく言えば『降格』のこと。

 

いや、どうなんやろ??

 

『約6000億円』レベルの話を吹っ飛ばす恐れを出しておいて、
組織内での『責任者のポジションを下ろす』程度で終わり。

 

果たして、

 

『このおっちゃんが戦犯なのか?』と言う疑問はありますが、
個人的な考えでは、甘いんちゃうかなと思います。

 

と言うか、世間の皆さんは、これで納得するんですか??

 

ごく一般的な『大人の社会』の観点から言えば、
もしも『豊洲市場』が使われなかったら、これは普通に『弁償』ものの話です。

 

一代で返しきらないなら、祖先も引き続いての弁償。

それくらい、『上』に立って判断を下す人間は、
『責任』持って行動してもらわないと困る。

 

でもね、

 

『しょうがないかな』とも同時に感じます。

 

だって、

 

『人のお金』って思った瞬間に、
悲しいかな『人間』は『自分事』ではなくなってしまうからです。

 

この問題が大々的に取り上げられていますが、
日本国の『一般会計予算』はここ数年『100兆円』オーバー。

『築地移転問題』の、実に200倍のスケールです。

そのスケールで日々無駄遣いが行われているので、

正直、『豊洲どうこう』言っている場合でもない(笑)
実は、もっと大きな金額の『お金』の無駄があります。

 

先日も新聞・ニュースに出てましたよね(^_^)

 

今年度だけで、政府の無駄遣いが、
『1兆6000億円』ほどに登ってしまう計算だ、と。

 

ブログや書籍を通して何度も言ってますが、

この国(日本)は、借金が『1000兆円』超えてる赤字大国です。

 

にも関わらず!!

 

相変わらず毎年税金垂れ流して、
借金をどんどん積み上げてしまってますよね。

 

本当に、この国は終わっています。

 

また、海外になるともっと驚愕する、
公務員による『税金無駄遣い』の事例もあります。

『約11兆円』かけて建設した空港が、
実は設計の時点で基準を満たしてなかったので、

『活用不可』で全く使われず野晒しにされてる、とか(笑)

 

凄いですよね(笑)

 

もう、海外の公務員は、
『どうかしてるぜ!』というレベルの猛者揃いです(^_^)

今回の場合も、『東京都』とか言うてる時点で、

『いや、誰のことやねん!』と言う感じで責任の所在不明です。

『組織』が大きくなればなるほど、
日本人に限らず、人間は無責任な行動を取るようになる。

 

もう日本人の記憶から忘れ去られていますが、
以前、『年金記録の消失』なんてニュースもありましたよね。

 

あれ、海外で起きたら『革命』起こされるレベルの話やと思うんです。

 

『俺らの金、どこ行ったんや!!』
『どう責任とってくれんねん!!』

 

ってね(^_^)

 

でも、

 

日本人は少し時間が経ってメディアが扱うのをやめたら、
綺麗さっぱり記憶からも決して、また素直に『年金』と言う税金を払ってくれます。

将来の見込み額がどうなるかも、全く知らされないままで。

今回の『築地市場移転問題』で学ぶこと。

 

それは、

 

『人のお金』となった途端、
残念ながら、人間は『責任感』を失うと言うことです(^_^)★

 

幸い?大阪府民の僕には、
豊洲問題はダイレクトに影響はしてきませんが、

それと似た身近な問題としては『年金』『社会保障』です。

これも、期待は出来ないよ(^_^)

『大きなお金』が流れ込んでくると、
悲しいかな、人間の感覚はおかしくなっていきます。

 

『ちょっとくらい、使ってもいいよね。』
『人のお金やし。支払いはまだ先やし。』

 

と。

 

『年金』

 

ここ数十年だけ機能した程度の制度です。

そして、もう既に破綻に向かって進んでいます。

20代、30代、40代の僕たちの世代は、
決して『リターン』が望める制度ではありません。

 

僕たちの世代は、自分でしっかりと主導権を握り、
『資産形成』を自らの手でして行く世代です。

 

そのことに、皆さんも気付いてきてますよね??

 

『資産形成』を『本気で』考える方は、
公式サイトより『人生を変えるお金のセッション』をお申込みください(^_^)★

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile