『米国経済』は、堅調!?

『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です★

今朝の為替相場は『1USD=112.60円』前後で取引されています。
前日から比べて『1円』以上の円高。一夜で『1%』近くの値が動きました。

皆さん、これは何故だか理解してますか??

と言うか、この変化に気づいてた??(笑)

ここ数日、ドル円の為替相場は堅調に円安傾向に動いてました。
それは、米国FRBによる利上げ観測が高まったからです。

しかし、昨日FRBイエレン議長の『利上げは慎重に』発言を受けて、
今年7月の利上げ予想派が過半数を下回りました。

よって、再び少し『円高』に戻した。

もともと2016年の利上げは、昨年時点で『4回』を見込んでました。
それが、年初からの相場の荒れで『2回』にまで減少した。

米国としてもこれはどうしてもやりたい数字で、
ここ最近の『米国経済は堅調』論は、すべてこれを視野に入れたものです。

『NYダウ工業株30種平均』も年初の下落から順調に回復を続け、
『S&P500』に関しては、昨日付けで過去最高値を記録したそうですね。

でもこれ、どうなんやろな??

ほんまに、米国経済は堅調ですか??

先日25日、2015年10-12月の米国GDP確報値が発表されて、
それによると前期比予想1.0%増加から1.4%に上方修正されました。

この報道だけ見ると、とても良さそうな感じがしますよね(^_^)

でも、それと同時に面白いニュースも出てました。

『米国企業全体としての利益額は減少』

『会計』に関しては『計算問題』になるため一概には言えませんが、
要は企業としては『儲かっていない』と。

経済全体は成長していると言われているのに、
企業・個人まで落とし込んで見ると景気は良くなっていない。

『日本経済』で言われていることと、同じように聞こえますね(^_^)

先日のblob『違和感のある陽気が続く』でも述べましたが、
なんか釈然としない感じが最近漂っています。

『THE BIG SHORT』という映画を紹介したこともありますが、
その中でも描かれていたことは、『リーマン・ショック』のようなまやかしでさえ、
冷静に市場を見抜ける人が気付いてから実際の崩壊まで『2年』がかかりました。

季節・経済の両面的に陽気が春めいてきて、
どことなく安心感が漂い始めています(^_^)

でも、個人的になんか変な感じがするんだよな。

これからも、しっかり市場を注視して調べていきます。
クライアントの方々には、何か新しい動きが出たらお伝えしますね(^_^)

★『人生を変えるお金のセッション』やってます★
・あなたの人生に『希望』を与えます。
・公式サイト内『予約フォーム』より、
まずは『事前面談』をお申し込みください(^_^)
・井上耕太:michiamokota0421@gmail.comまで、
メールでのお問い合わせも受け付けております。

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile