『紙幣刷新』は、本当に何故行われるのか??

今日のテーマは、『紙幣刷新は、本当に何故行われるのか??』です。

 

 

昨日まで、世間一般より少し早めのバカンスを頂き、

今週のウィークデイ・一週間は、ハワイ・ホノルルに行って来ました。

 

 

SNSで直接繋がらせて頂いている方々には、

その都度、情報発信していたので、ご存知頂いていると思います。

 

 

個人的に、『初ハワイ・初ワイキキ』でしたが、

想像を大きく超えて、かなり良かったですね(笑)

 

 

今の時期、気温、天気的にもとても良いらしいですが、

本当に過ごしやすく、ワイキキビーチの海の水の綺麗さ然り。

 

 

また、

 

 

現地の金融機関巡りなどもして来たのですが、

水着(ハーフパンツタイプ)にポロシャツを羽織ったら、

街中どこへでも行けてしまう雰囲気が、もう最高です。

 

 

友人・知人の中にも、

 

 

ハワイ(特にホノルル・ワイキキ)が好きな方々も多いですが、

実質4日間、ゆっくりと滞在して、その気持ちも理解出来ました。

 

 

基本、

 

 

海外に行っても、日本でのライフスタイルを変えない私ですが、

今回の渡航(一応、ビジネス)では、財布の紐が緩む、緩む(笑)

 

 

本場のリゾートの『雰囲気』に飲まれて、

本当に、人生で初めて、『海外渡航』で舞い上がっていたかも知れません。

 

 

そのような状況ですから、

当然、現地での仕事も必要最低限にセーブしていました。

 

 

昨日の公式ブログ記事中にも書きましたが、

一週間シェアし続けた公式ブログも、日本滞在中に書いておいたもの。

 

 

それを『自動更新』される形でセットしておいて、

SNSタイムラインへのシェアのみ、現地で5分だけ作業する形です。

 

 

一週間の間に、市場動向が激変したら、

きっと、意味不明な内容の記事になっていましたね(笑)

 

 

繰り返しになりますが、一週間ゆっくりさせて頂いたので、

今日から、リアルタイムで、リハビリしながら情報発信を続けます。

 

 

それで、

 

 

『海外一人旅』を頻繁にしていた10年前と今回で違うのは、

現地での決済(料金支払い)が、殆どクレジットカードで済んだこと。

 

 

一応、

 

 

現地到着後、市中金融機関で『500USD』だけ出金しましたが、

正直、『キャッシュ(現金)』はほぼ使わず全行程を終えました。

 

 

これが10年前なら、

 

 

割の良くない為替レートの『空港両替所』で、毎回、

ぶつくさ文句言いながら、しぶしぶ『現地通貨』を入手していたと記憶します。

 

 

でも、

 

 

2019年を迎えた『今の時代』、それは必要無いですよね。

 

 

海外諸国では、

 

 

日本以上に『キャッシュレス社会』が進んでいますから、

正直、すべての決済でキャッシュ(現金)を使わない事も可能です。

 

 

*『チップ』ですらも、『クレジット決済』が可能な世の中です。

 

 

渡航先の『現地通貨入手』は、かつて必須でしたが、

現代では、その機会はほとんど無くなってしまいました。

 

 

きっと、

 

 

あと『10年』と言わず、『5年』もすれば、

より『100%』に近い形で、その(換金)必要性は無くなるのでしょう。

 

 

今回、

 

 

予期せずハワイ渡航にご招待して頂くことになり、

『キャッシュレス社会』の進行を、身をもって体感することが出来ました。

 

 

それを踏まえて、

 

 

より『不可解』に感じるようになったのは、

やはり、2024年に実行される事になった、日本での『紙幣刷新』です。

 

 

昨日まで滞在した米国と違い、

 

 

日本国民は『紙幣』をとても大切に扱いますから、

ボロボロの『紙幣』というものも、そう遭遇するものでは有りません。

 

 

また、

 

 

以前、この話題を取り上げた際にも書きましたが、

『偽札』を用いた犯罪も昨今ではほとんど聞く事が無くなりました。

 

 

こちらの世界(犯罪の社会)でも、

 

 

『キャッシュレス社会』は進行いているようですから、

『紙幣刷新』の大きな目的が、『偽造防止』という観点は、疑問が残ります。

 

 

むしろ、『通らない』と断言した方が良いでしょう。

 

 

恐ろしく『生起確率』が低い物事に対応する為であれば、

『紙幣刷新』に伴い掛かってくる、『莫大なコスト』の整合性は説明出来ない。

 

 

冒頭から繰り返し述べていますが、

 

 

社会での『実用性』という観点から見れば、

今後益々、『紙幣』というものの出番が少なくなることは明確だからです。

 

 

にも関わらず、

 

 

国家的財政難な状況において、『莫大なコスト』をかけてまで、

約5年後、2024年に『紙幣刷新』を仕掛けるのでしょうか??

 

 

それは、

 

 

先日の公式ブログでも書かせて頂きましたが、やはり、

『推定50兆円』とも言われる『タンス預金』の掘り起こしが目的です。

 

 

実際、

 

 

前回、『紙幣刷新』のイベントが起こったのが2004年ですが、

某金融機関の推計データでは、このタイミングにおいて、

全国各世帯での『タンス預金伸び率』は『2%』と激減しました。

 

 

その前のタイミング、

 

 

『ITバブル』が崩壊したのが2002年ですから、

この時の『伸び率:30%超』から比較すると、正にその割合は大暴落です。

 

 

現実問題、

 

 

この時は、『旧紙幣』が使えなくなる訳では無かったのですが、

『新紙幣』が発行されると、『違和感』を感じるのが人の心で、

金融機関を通じて、国民は速やかに『新紙幣』へと交換しました。

 

 

きっと、5年後もそれは起こりますよね。

 

 

そこで、何事もなければ、事はそれで済むのですが、

20年間のうちに、日本財政は途轍もないレベルで悪化してしまいました。

 

 

海外諸国でも、

 

 

『国家財政』が悪くなって、取り返しがつかなくなった際、

『国民資産』を取り上げる形で、債務解消するのは『常套手段』です。

 

 

そして、

 

 

その『債務解消』する手段の比較的早い段階において、

『紙幣交換スキーム』が導入されるのも、同様に『常套手段』です。

 

 

何故、

 

 

必要性の低いこのタイミングで、『紙幣刷新』を仕掛けるのか??

 

 

何故、

 

 

5年も先の2024年の事を、2019年の今、発表し、

『決定稿』として『新紙幣デザイン』も併せて国民に知らされたのか??

 

 

理由は、明確にあるはずです。

 

 

2024年を迎えるまでに、『国家的イベント』も控えますが、

ここから5年間、注意して『資産形成』を進めておいた方が良さそうです。

 

 

きっと、想像していないレベルので『ブラック・スワン』が訪れます。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は大阪・梅田4月24日(水)、神戸・三ノ宮4月25日(木)の日程にて開催します。

 

 

■2019年4月24日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年4月25日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile