『経済的体力』がある事は、果たして良いことか??

今日のテーマは、『経済的体力がある事は、果たして良いことか??』です。

 

 

たまには、即、本題に入ろうと思います。

 

 

タイトルで示させて頂いた『質問』ですが、

公式ブログ読者の皆さんは、これに対してどう回答しますか??

 

 

普通に考えれば、当然、『YES』ですよね。

 

 

例えば、

 

 

『預貯金ゼロ世帯』が国民全体の『20%』も占める現代において、

上記に該当して生活している方々は、文字通り『自転車操業』です。

 

 

当然、

 

 

何かのトラブル(病気、怪我、天災等)が起これば収入は途絶え、

保有資産状況が壊滅的であれば、一瞬で『破綻』してしまいます。

 

 

まさに、『綱渡り人生』ですね。

 

 

それに対して、

 

 

例えば、保有資産として預貯金が『5000万円』ある過程は、

『一生安泰』な基準ではないものの、突発的な『想定外』にはある程度対応出来ます。

 

 

両者において、

 

 

その保有資産額で示される『経済的余裕』は勿論ですが、

そこからもたらされる『精神的余裕』は、『人生の質』を大きく別ちます。

 

 

世界では、

 

 

『保有資産』という要素と『寿命』の関連性を示唆する調査が多くありますが、

受けられる医療、摂取する栄養素に加えて、『精神的ストレス』という要素も、

『結果』に大きな影響を与えていると推測します。

 

 

このように、

 

 

冒頭では『経済的体力』があることの『良い点』を挙げてきましたが、

果たして、これはそのまま『良いこと』ばかりなのでしょうか??

 

 

私がこのように質問するという事は、『答え』はわかりますよね(笑)

 

 

そう、『そうではない』と思うんです。

 

 

例えば、

 

 

私は、30歳の時に独立系ファイナンシャル・プランナーとして開業しましたが、

もともとの『慎重派』な性格からか、23歳から30歳までの『8年間』に、

しっかりと『経済的基盤』を整えた状態で独立出来るよう環境を整えました。

 

 

少しだけ話すと、

 

 

『お金に働いてもらう』環境を整え、『労働』とは切り離された収入の流れを作り、

『保有資産』という観点でも、一般的な同年代の方々よりも持つ状態になれました。

 

 

ただし、

 

 

独立・開業した当初、『ビジネス』という観点においては、

30歳までに築いた『経済的基盤』を考慮に入れる事なく、

『全く無い状態』と考える事で進めることにしたのです。

 

 

今、

 

 

振り返ってみても、この『考え方』をしたからこそ、

独立系ファイナンシャル・プランナーとしての事業も、

順調に5年目のシーズンを迎える事が出来たと考えます。

 

 

もしも、

 

 

私が、独立当初から『保有資産』『経済基盤』をあてにしてしまい、

『ビジネス』で赤字を出すことに慣れ、手を付けてしまっていたら大変です。

 

 

仮に、

 

 

その方法を選択したとしても、『10年間』ほどは事業継続出来たでしょうが、

『THE・END』を迎えた時、保有資産・経済状況ともに最悪な事態に陥ります。

 

 

何故なら、

 

 

『収入(*事業者なら売上・利益)』以上に『支出』する事に慣れた状態は、

一朝一夕には『改善』する事は出来ないし、『財政健全化』出来ないからです。

 

 

それならば、

 

 

いかに『保有資産』を大きく築いていようとも、その存在を無視し、

『これだけ』と分割して決定した『ビジネス原資』の中で勝負し、

それが枯渇した時点で『はい、終わり!』とした方が『健全』です。

 

 

もし仮に、

 

 

私の独立・開業がイメージした通りに行かず終焉を迎えたとしても、

『残念』ではありますが、『保有資産』は殆ど減らしていないので、

全くもって『致命傷』は負っていません。

 

 

その状況であれば、

 

 

体勢を立て直して『再チャレンジ』する事も十分可能ですし、

その過程においても、自身の『信念』を貫いて仕事を選択する事が出来るのです。

 

 

『俺、お金は有りますから』、と。

 

 

どうですか??

 

 

そう言える自分は、『格好良い』ですよね(笑)

 

 

ある時、

 

 

日本一の実業家・斎藤一人さんは、『お金持ち』の最大のメリットを、

『嫌な人間に、頭を下げなくて良いこと。』と表現されていました。

 

 

これは本当にその通りで、

 

 

私自身、早くにスタートして『経済的基盤』を築いたことで、

良い意味で『我』を通す生き方が出来るようになった事が、人生最大の喜びです。

 

 

ただし、

 

 

話を元に戻すと、『保有資産』がいくらあろうとも、

それは『セーフティ・ネット』程度に考えておいて、

今、この瞬間の『収支』に目を向けていく事が大切なのです。

 

 

長々と話して来て、一体、何が言いたいのか??

 

 

ここまでは、私を例にとり『個人資産』の部分で話をして来ましたが、

これは『国家経済』『国家財政』においても、全く同じ問題だという事です。

 

 

再三情報発信していますが、

 

 

現在、日本国の『一般会計予算(1年間の支出)』は100兆円を超え、

それを『約60兆円』ほどを推移する『税収』で賄って運営しています。

 

 

ここで、『ん??』と思いますよね。

 

 

『収入:60兆円』に対して、『支出:100兆円』を計上しているのです。

 

 

足らずは『新規赤字国債』を毎年40兆円ほど発行し、

それを市中で(?)売り捌くことにより、何とかやり繰りしています。

 

 

その愚行を繰り返した結果、

 

 

日本国の累計債務は『発行国債総額』だけで1100兆円をオーバーし、

実に、『GDP(国内総生産)』の200%を軽く超えるレベルまで積み上がりました。

 

 

何故、

 

 

その状況にも関わらず、未だに『新発国債』が発行出来るかと言うと、

その購入原資である『国民資産(金融機関保有)』が、未だ存在するから。

 

 

しかし、

 

 

今、この瞬間の『経済状態』がボロボロなのは現実ですから、

その『国債購入原資』が枯渇したら、一瞬で日本国は『終焉』を迎えます。

 

 

そう、これまで経験した事のないほど、『悲惨な状態』で。

 

 

日本がここまで絶望的な『経済状態』になったのは、

なまじ、日本国という国家に『経済的体力』があったからです。

 

 

他の例では、

 

 

大富豪の家に生まれて、莫大な資産を相続したご子息が、

一般人の想像を超越するレベルの『負債』を抱えて、破産する状況と同じですね。

 

 

『状態』は、何年間も、何十年間も、ずっと悪かった。

 

 

でも、

 

 

『経済的体力(保有資産)』が多くあったばっかりに、

その状況を『延命措置』する事が出来てしまい、更に事態を最悪な方向へと導いた。

 

 

他にも例を挙げると、

 

 

『医療』の分野に所属されている方はご存知でしょうが、

『肝・胆・膵』といった臓器は『沈黙の臓器』と呼ばれ、

少し『異常』があるぐらいでは『症状』が顕在化しません。

 

 

しかし、

 

 

『痛み』『違和感』が顕在化しないという事はメリットではなく、

それはそのまま、『顕在化した時には、既に手遅れ』を意味します。

 

 

『日本』という国の経済状況も、これと全く同じ事です。

 

 

私が公式ブログを通して情報発信する事で、

一人でも多くの方々が、その『事実』に気付いて頂けたら幸いです。

 

 

そして、

 

 

その事に気付いたら、『お勉強』していても何も変わらないので、

ぜひ『具体的なアクション』を起こして頂けたら幸いです。

 

 

そうする事で、あなたに人生にも『希望』が拓けると考えます。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮1月28日(月)、大阪・梅田1月29日(火)の日程にて開催します。

 

 

■2019年1月28日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2019年1月29日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile