『良貨』は『悪貨』を駆逐することが出来るのか??

今日のテーマは、『良貨は悪貨を駆逐することが出来るのか??』です。

 

 

元の言葉を知っている方からすれば、違和感あるタイトルかも知れません。

 

 

『悪貨は良貨を駆逐する』

 

 

未だ、

 

 

世界に流通する『貨幣』に貴金属が用いられていた頃、

悪智慧の働く人間は、あの手この手で『良貨』を『悪貨』へと貶めていました。

 

 

管理当局が認め、オフィシャルに発行された通貨が『良貨』。

 

 

それに対して、

 

 

コインの端の部分を削って、貴金属の総量を減らしたり、

貨幣を鋳造し直して、貴金属の純度を細工したりしたものが『悪貨』。

 

 

そして、

 

 

『人間』の悲しい性(さが)を表すかのように、古今東西、

常に『悪貨』が『良貨』を駆逐する歴史が繰り返し続けてきたのです。

 

 

しかし、

 

 

2019年現代において、この『常識』は、少し変化を見せ始めています。

 

 

21世紀もスタートして20年近く経ち、

 

 

テクノロジーの発達により生み出された『良貨』が、これまで、

市場を長きに渡って支配してきた『悪貨』を駆逐する可能性が出て来ました。

 

 

何のことを言っているか、分りますよね??

 

 

そう、

 

 

先日も、公式ブログのテーマで取り上げさせて頂いた、

Facebook主導で進められているプロジェクト、『Libra(リブラ)』です。

 

 

先日の記事のお浚いになりますが、

 

 

これは主に、『送金』『支払い』を目的とした仮想通貨(プロジェクト)ですが、

同社保有の『国際ネットワーク』を活用するとなれば、爆発的な普及が見込まれます。

 

 

事実、

 

 

『Facebook:Messenger』『WhatsApp』利用者を対象者として見込み、

同サービス利用者が、全世界合計で『約27億人』存在することを考えると、

一躍、『国際決済システム』のトップへと躍り出ることになる。

 

 

自然な流れ、

 

 

もしも、現実世界で『Libra(リブラ)』が本格的に稼働されるとなれば、

『世界経済』全体に与える影響力も、決して、無視出来るものでは無くなります。

 

 

また、

 

 

『Libra(リブラ)』は、既に存在する『仮想通貨』と異なるポイントも有り、

『米ドル』『ユーロ』『日本円』『英国ポンド』等、

世界流通量の大部分を占める『決済通貨』に裏付けされた『価値』を持ちます。

 

 

上記考慮すると、

 

 

その『価格変動』が激しくなる度、ネットニュースを『チープに』賑わし続ける、

『現存の仮想通貨(ビットコイン等)』とは、一線を画した存在になりそうです。

 

 

ただし、

 

 

『光(メリット)』が明るければ明るいほど、

『影(デメリット)』の色濃くなるというのが、いつの時代も『世の常』です。

 

 

今回、

 

 

『Libra(リブラ)』の登場で、世界へ与えるインパクトが大きいと見られるや否や、

現存貨幣の独占発行権を持つ『各国政府』は、一斉に『大反発』の反応を見せました。

 

 

表向きの理由としては、

 

 

『マネーロンダリング(資金洗浄)』に使われる可能性を示唆するものですが、

真の理由は、既得権益の『通貨発行権』を権力者が侵害されるのを恐れるから。

 

 

また、

 

 

『通貨発行権』は、資本主義経済で『絶対的主導権』を握る行為ですが、

『決済手段』であるその通貨自身を、発行するだけでは『利益』は得られません。

 

 

そこに付随する大きな『利権』は、

 

 

『債券発行権』や、融資を行うことで得られる『資本主義経済』上の利益で、

これを『Libra(リブラ)』に取って代わられたら、彼等としては一大事です。

 

 

触れるのが遅れましたが、

 

 

昨日まで、再び、金融センター・香港を訪れていました。

 

 

国際金融都市として、その地位は間違いない同地ですが、

それでも、意外にも『日本並』に現金(キャッシュ)決済は街に溢れています。

 

 

実際、

 

 

現地金融機関『ATM』が、街中の至る所に在り、24時間稼働しているのを見ると、

『現金(キャッシュ)決済』が、国民の生活と、密接に繋がっている事が伺えます。

 

 

その『通貨発行権』が、

 

 

現地に籍を置く3つの『民間銀行』に委ねられている事が、

『香港』という街のとても興味深いところかも知れません。

 

 

話を元に戻します。

 

 

『通貨発行権』

 

 

現在、それを保有している『既得権益者』にとっては、

その国・地域における、経済活動の『主導権』を握る大切な権利です。

 

 

これまで、

 

 

その『巨大利権』が脅かされることは、殆どありませんでしたが、

この世界にも、突如『黒船』が出現して、世界の『潮流』を変えようとしています。

 

 

『Libra(リブラ)』

 

 

この『歴史的転換点』にもなるかも知れないターニング・ポイントを、

適切に興味を持ちながら、暫く、注視して動向を見守っていきましょう。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮7月29日(月)、大阪・梅田7月30日(火)の日程で開催します。

 

 

■2019年7月29日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年7月30日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile