『詐欺』に合わない為には『●●』が必要★

今日のテーマは、『詐欺に合わない為には『●●』が必要』です(^_^)★

 

 

突然ですが、質問です!!

 

 

皆さんは、『資産形成』『投資』をしていますか??

 

 

もし、この質問に対して、

回答が『NO!』の方がいたら、、、、、、、、今すぐやりましょう!(笑)

 

 

現代では、『何もしない』という選択をすることが、

最も確実な『負けゲーム』になるからです。

 

 

それをわかっていて、敢えて『何もしない』ならOK。

『私は、仙人のような生活をし、霞を食べて生きていく。』というのであれば(^_^)

 

 

いや、そんな人間はおらんのんで、

本当言ったらOKじゃないですが(笑)

 

 

でも、

 

 

『自分達の親世代も、特に何もせずに生きて来れてるし。』なんて考えていたら、

あなたは、世間一般多くの方々同様、ヤバイ状況に居るとお見受けします。

 

 

先日も、報道が出ていましたね。

 

 

新基準での『年金システム』を試算したところ、

支給される金額は(現行制度と比較して)『3%減』になるということ。

 

 

安心してください。

 

 

本当は、『3%減』どころじゃないですから(笑)

 

 

私たちの世代が年金受給資格を得る頃には、

このシステムは恐ろしく『薄い支給』の制度になっているか、

低所得?資産?者向けの『生活保護』のような制度になってます。

 

 

だから、

 

 

下手したら現行ルールと比べて『50%減』とか、

極端な話をすると、人によっては『100%減』の人も出てくると考えます。

 

 

そもそも、支給対象から外れてしまったら、全く受給が出来ませんからね(^_^)

 

 

前置きが長くなりました(笑)

 

 

お伝えしたかったのは、私が常々言っていること。

 

 

『何もしないこと』が、最も確実な『負けゲーム』。

これからは、『資産形成』は自身でやる時代。

 

 

以上です(^_^)★

 

 

ただ、闇雲に『投資』したら良いという話ではありません。

 

 

しっかりと『リスク』『ベネフィット』を理解し、

両方を天秤にかけてスタートすること。

 

 

また、

 

 

極稀に歩み寄ってくる『詐欺話』を、

自身の『眼力』でしっかりと見抜くことが重要です。

 

 

日々、多くの方々の『お金』の個人相談、

『人生を変えるお金のセッション』を開催していますが、

本当に『極稀に』そういった商品を掴まされてる方に出会います。

 

 

今日は、2つほどご紹介しますね(^_^)

 

 

ある会社が、投資家に出資を募っていました。

内容としては、次のようなものです。

 

 

・1口50,000円から出資してもらう。

 

 

・半年ごとに配当を支払い、その額は1口当たり4,000円。

 

 

・さらに、元本保証。

 

 

、、、、どうですか??

 

 

知り合いからこういった話を持ちかけられた時、

あなたはしっかりと判断できますか??

 

 

私の視点から見させて頂くと、

この商品を考える際のポイントは2つです。

 

 

①:元本保証

 

 

②:50,000円につき、半年ごとに4,000円配当。

 

 

どうしょうか??

 

 

皆さん、しっかりと見抜けていますか(^_^)??

 

 

まず、

 

 

『①:元本保証』という商品は全て、

この文言をつける為には、『債権』での運用が大原則です。

 

 

最高レベルの信用を持つ『国家』発行の債権、

つまり、『国債』ですら『絶対』はありませんが、

そんな事言ってたら世の中が成立しません。

 

 

発行組織・発行母体により信用リスクの差はありますが、

『元本保証』が出てきた時点で『債権』という事は理解しておいてください。

 

 

次に、『50,000円につき、半年ごとに4,000円配当』という点です。

 

 

おそらく再投資に回されるのでしょうが、

ここでは単純に、『年間8,000円配当』(半年4,000×2)と考えましょう。

 

 

その場合の『リターン』を、年間換算で計算すると、、、、

 

 

8,000円 ÷ 50,000円 × 100 = 16%、、、、。

 

 

債権運用で、『年間リターン16%』、、、、絶対に、詐欺です。

 

 

いや、『絶対に』とは言い切れませんね。

事実、世界中探したら、そのような債券も確かに存在します。

 

 

でも、

 

 

もしも債権で『年間利率16%』だとしたら、

一般的には、ぶっちぎりで投資不適格の烙印を押された『ジャンク債』。

 

 

つまり、

 

 

『クズ』と呼ばれて、私たちプロは決して手を出さない投資対象です。

 

 

幸い?この配当は現在かろうじて回っているようですが、

明らかな『ポンジ・スキーム』である事が予想されます。

 

 

『ポンジ・スキーム』に関しては、、、、

勉強のためにもご自身で調べて見てください(^_^)

 

 

もう1つ、ご紹介します。

 

 

・ある投資家に、1口100万円で出資する。

 

 

・出資者には、1日1,000円の配当金支給。

 

 

・更に、元手はFX運用され、利益に関しては20%手数料徴収されたのち、出資者は80%を手に出来る。

 

 

これは、どうですか??

 

 

見るポイント、ちゃんと分かっていますか??

 

 

多分、皆さん見当違いな所見てますよ(笑)

 

 

私が見ているのは、次のポイントです。

 

 

・出資者には、1日1,000円の配当金支給。

 

 

どうでしたか??

 

 

見るポイント、合ってましたか(^_^)??

 

 

それで、この投資対象の判断基準は分かっていますか??

 

 

『1日1,000円配当』を出すという事は、

1年365日で計算して、『年間365,000円』の配当支給と同義です。

 

 

『100万円』出資して、『年間36.5万円』配当がある。

確定している部分のリターンだけで、年間利率『36.5%』、、、、。

 

 

大変残念ながら、これも詐欺です。

 

 

まず、

 

 

世界的なヘッジファンドの年平均リターンでさえ、

『25%』そこそこで頭打ちということを知っていないと。

 

 

『年間36.5%』の利益が『確定』している上で、

更に運用利益が出たら、追加のリターンまである。

 

 

そんな『馬鹿な話』、ある訳がない。

 

 

『年間25%』を超えるリターンを得るには、

その世界最高峰のヘッジファンドそのものに出資する以外有り得ません。

 

 

それを超えるリターンが無い訳では無いですが、

それを得るためには、それ相応の『リスク:不確実性』を受け入れる必要があります。

 

 

今日は、こんな所かな(^_^)★

 

 

詐欺に合わない為には『●●』が必要★

 

 

この時、『●●』に当てはまるものがわかりましたか??

 

 

それは、『知識』『常識』です。

 

 

金融の世界での『知識』を多く習得して、

『常識』的な基準を知っていく事が大切。

 

 

最近では、『金融リテラシー』という言葉も使われますよね(^_^)

 

 

『資産形成』『お金』というテーマに関しても、継続教育が大切です。

 

 

このブログでも少しずつ書いていくので、

しっかり『継続教育』に活用してください(^_^)

 

 

『金融リテラシー』を身につける上では、

その最初のステップとして最適なセミナーがあります。

 

 

■9/27(水)開催!将来のお金の不安が消えるセミナーin大阪・梅田■

*セミナー詳細はこちらをクリック*

 

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

本当に人生は好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております(^_^)★

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile