『警鐘サイン』は、市場から刻々と聞こえている。

今日のテーマは、『警鐘サインは、市場から刻々と聞こえている』です。

 

 

最近、世界的に『株高』傾向が見られるものの、

市場は比較的落ち着き、平穏な空気が流れています。

 

 

今週末は若干の調整が入ったものの、ショックというほどではなく、

『為替』もジワリと動いてはいますが、経済に大きな影響は出ていません。

 

 

*政策金利が『約70%』と、異次元を推移するアルゼンチンなど、

 経済情勢がもともと脆弱で、不安定な途上国市場は除きます。

 

 

世界的な投資家の中には、『市場暴落』を予見する方々もいますが、

そうした金融界のスーパースターでさえ、正確な変動予測は不可能です。

 

 

*市場が暴落(または急騰)した際、『正確に予測を当てた!』という人もいますが、

 確率論的にそういう方々も存在するのは当然で、それは『宝くじ』の当選に同義です。

 

 

それは、遡ること10年前の『サブプライム・ショック』が示しており、

理論的には破綻している、米国不動産市場を舞台とした『イカサマ』が、

実際に、市場で顕在化するのに『約4年』を有したことは有名です。

 

 

繰り返しになりますが、『正確な市場予測は、誰にも出来ない』という事。

 

 

勿論、

 

 

それは、私のような個人投資家においても当てはまり、

株式市場がこのまま上昇を続けるのか、急激に冷え込むのか、『神のみぞ知る』というのが真実です。

 

 

しかし、

 

 

私自身、これから短期間的な『市場変動』以上に、

最近、密かに日米市場で共通して起こっている、ある出来事が気になっています。

 

 

それは、何か??

 

 

気が付かれている方々もいらっしゃっると思いますが、

『長期金利』(長期国債利回りと表現しても良いかも知れません。)の緩やかな上昇です。

 

 

ここ数年間、

 

 

『マイナス金利』を導入した欧州・日本市場を中心に、

先進国では『超低金利時代』が続いたことは、何度も公式ブログで取り上げました。

 

 

最も象徴的なのは、

 

 

2016年7月末現在の『新発10年もの日本国債』の利回りで、

10年間『国家』にお金を融資して、そのリターンは驚きの『マイナス領域』です。

 

 

簡単に言えば、『債権者』が数字上マイナスを被る。

(*デフレ経済を予測した場合、実質プラスリターンになる事は理屈上考えられます。)

 

 

そのような、まさに『異次元』の状況が、私たちが暮らす日本市場で起こっていたのです。

 

 

流石に、最近は『プラス領域』に戻ってきましたが、

その正確な数字を聞いても答えられる方は皆無で、

それほど『ほぼ0%』の領域にへばりついていたと言えます。

 

 

しかし、

 

 

ここにきてその状況に、にわかに『変化』が見られ、

今週末時点で、その利回りは『年率0.150%』まで上昇しています。

 

 

この数字自体、

 

 

『国際金融』の世界では特筆すべきではないので、

新聞、テレビニュース等のマス・メディアでは殆ど注目されていません。

 

 

ただ、

 

 

個人的には注目していて、政府が金利コントロールしている(*)日本市場において、

(抑圧された中での)『0.150%』は、数字以上の意味を持ってくると考えます。

 

 

一時期、

 

 

この公式ブログでも頻繁に(と言っても2、3度)取り上げましたが、

現在、日本では、一旦市中金融機関に引き取らせた『国債』を、

暗黙の了解で『日本銀行』が買い支え、金利コントロールしています。

 

 

これは、

 

 

『政府』が発行した国債を『中央銀行』が買い取る図式の為、

本来は、『財政ファイナンス』という金融業界の『禁じ手』です。

 

 

また、

 

 

いくら中央銀行『日銀』と言えど、買い取る原資は無限ではありませんから、

『いつか』『どこかのタイミング』で、再度市場に解放しなければなりません。

 

 

今は、

 

 

超巨大顧客『日本銀行』が買い取る構図が崩れていない為、

国内外の機関・個人投資家も、安心して(?)買い進め、保有することが出来ました。

 

 

しかし、

 

 

前述の通り、『ターニング・ポイント』は必ずやって来ますから、

いつまでも『馬鹿の一つ覚え』のように、この戦略を繰り返す訳には行きません。

 

 

そして、

 

 

その『出口』とも言えるポイントは、

『私たちが想像する以上に、早いかも知れない』という所に来ています。

 

 

その際も取り上げましたが、

 

 

先月(2018年9月)21日、

政府は『公開市場操作』で国債の『買入れオペ』を行い、『25年超国債』購入額を発表しました。

 

 

しかし、

 

 

これが『市場の買い入れ予測』を若干ながら下回り、

『国債(買い入れ)バブル』の終焉を予想した投資家の売り注文が相次ぎ、

一気に『超長期国債』の利回りが上昇する局面がありました。

 

 

政府としても、

 

 

『国債利回りの急激な上昇』は好ましい状況ではありませんから、

市場の反応を『過剰』と評価し、継続的な買い入れを示唆することで状況を収束させました。

 

 

ただし、

 

 

それから2週間ほどの期間でも、注目を浴びない状況ながら(?)、

その利回りはじわりじわりと上昇を続け、懸念は高まりつつあるのです。

 

 

日本の『長期金利上昇』は、

米国における現在のそれと、ロジック的には全く異なるものです。

 

 

が、どちらが『異常』かと言うと、

もちろん、それは、『財政ファイナンス』出動中の日本です。

 

 

今後、債券市場の『ストッパー』が効かなくなると、

それが『トリガー(引き金)』となって、一気に逆噴射する自体になりかねない。

 

 

『債券』市場が発端となって、次回の調整局面を迎える可能性は高く、

しばらく、注視して見守っていくことが必要になると考えます。

 

 

『金融リテラシーを高め、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮10月24日(水)、大阪・梅田10月29日(月)に開催します。

 

 

■2018年10月24日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年10月29日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile