『資産』を守るには、世の中の『流れ』をウォッチする★

元MR(製薬会社営業)の独立系ファイナンシャルプランナー★
現在『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です(^_^)

『無料PDFプレゼント』のご案内をします(^_^)★

公式サイトにて、メールアドレスをご登録頂いた方々限定で、
『資産形成を考える不滅の真理』を配布スタートしました。

★公式サイト:プレゼントご案内ページはコチラ★
http://michiamokota0421.com/present-pdf/

*ぜひぜひ、登録よろしくお願いします(^_^)
*登録アドレスはPC受信可能なものでお願い致します。
 (gamil、yahoo!mail、hot mail等も可能です。)

メールアドレス登録して頂いた方限定で配信させて頂くPDFは、
『資産形成』を考える最重要ポイントを、
シンプルかつ本質を捉えてまとめさせて頂いたものです。

独立系FP個人事務所を開設し、
累計100組以上の方々のプランニング相談を受けてきました。
その経験から見えてきた『資産形成』のエッセンスが凝縮されています。

『お金持ちの考え方をインストールしたい!』
『周りに引き寄せる人脈・チャンスを変えたい!』

そんな方々にとって良い『きっかけ』となるので、
ぜひ『無料プレゼントPDF』をGET!してみてください(^_^)★

今日のテーマは、『資産を守るには、世の中の『流れ』をウォッチする』です(^_^)★

もう何年も前から、
『資本主義の終焉』みたいなことが言われ続けています。

『無限増殖』を大前提とした資本主義の経済システムでは、
21世紀の時代は乗り切っては行けない、と。

個人的には、これは、
一部分では正しく、一部分では当てはまらないと感じています。

確かに、日本、米国を中心とした、
世界トップクラスの先進国では『物』『サービス』は飽和。

その証拠に、僕たち20代、30代、40代の世代では、
生まれてから今まで『何かが無くて困った』という経験がありません。

もともと日本人は慎ましやかな国民性のため、
『物』が満たされたら『要らない』と気付くのも早かった。

ただ最近は、『ノリ』と『テンション』で生きる米国でさえ、
『無限に消費を繰り返すのは馬鹿らしい』と気付き始めている気配があります。

だから、今後暫く、先進国では『無限増殖』は起こりにくいと考えます。

でも、途上国はまだまだ『伸び代』がありますよね★
そういった意味で、世界経済はまだ長期的には成長する(^_^)

『資本主義の崩壊』と言われることには、
もう1つ違った理由も存在しています。

それは、『通貨』というシステム自体の限界。

1971年のニクソンショックにより、
世界の基軸通貨『USD』と『金:gold』の兌換が停止されてから、
この世の中には『価値がある通貨』は存在しなくなってしまいました。

『USD』『日本円』『ユーロ』『英ポンド』etc.

これらに『価値がある』と考えるのは、
世界全人類の『共同幻想』の上に成り立っています。

皆が一斉に、『価値無いわ。』と気付いたら終わり。

このシステムになってから、
世界各国は自国の『通貨安戦略』で国を運営するようになりました。

わかりやすく言うと、自国通貨の価値を意図的に下げる。

そんなことやったら、
長期的には自国の首を絞めることになるけど、
政府は自分の任期中の経済指標だけが大切やから、
長期スパンの話なんてどうでも良いと思ってます。

インドとか中国の『お金持ち』の中では、
これは常識的な共通認識です。

その証拠に、彼らは自国政府・自国通貨を信用していないから、
『金』『宝石』『信用力がより強い他国通貨』にどんどん変えていっています。

今まで自分が築き上げてきた『資産』を、
みすみす捨ててしまうわけにはいかないからね(^_^)

世界各国の通貨安戦略のツケが回ってきているのが、
現在の世界的な『超低金利』の状況です。

欧州と日本では『マイナス金利』という前代未聞の政策が実施され、
信用度の高い国の債権は、『マイナス利回り』という異次元に突入してます。

日本でも、各金融機関は既存収益回復に頭を抱えてる。

『短期債権市場』なんかは特に煽りを喰らっていて、
先日、野村證券は『MMF』の運用をやめ、24年の歴史に幕を下ろしました。

今、日本で起こっていることは、
前代未聞の『壮大な実験』なんですよね(^_^)

国民はもちろん、実施を決定した政府や日銀も、
誰も今後の展開の正確な予測は出来ません。

どうなるか、わからない。

上手くいけば、いいなあ。

じゃあ、上手く行かない場合、、、、どうなるの??

これまた先日、『人民元』の『SDR通貨』採用が決定しました。
話題としては、もう何年も前から出ていたことですが。

これで、『人民元』は国際通貨の1つに仲間入りをしたことになります。

しかし、中国政府も『これで中国がトップや!』とは考えません。

世界的な流通量や流通ネットワーク、
原油をはじめとした国際取引の場における『 USD』の地位は揺るぎなく、
そう簡単に他の通貨に取って代わられることは無いと思います。

『通貨』は紙切れになってしまってますが、
それでも依然として、暫くの間『USD』の威力は保持される。

じゃあ、『USD』だけ持っていたら、未来永劫安泰か??

きっと、そうはなりませんよね(^_^)

最近では、代替価値として、
『ビットコイン』のプレゼンスが再び高まってきているようです。

これが当初出てきた当時、僕は、
『現実通貨でさえ価値が無いのに、仮想通貨なんて成立しえない』と考えていました。

しかし、ここまで世界的な『共通認識』となり、
金融的な『ネットワーク』が構築されだすと、
将来的な『価値保全』機能としての可能性は出てくる。

『共同幻想』である点は、
『現物通貨』と何も変わりがありませんからね(^_^)

今日は、ここまで長々と書いてきました(笑)

結局、何が言いたいかというと、
『世界の流れをウォッチすることが大切』だということ★

特に、日本人の場合、偶然日本に生まれ育っただけにも関わらず、
精神的『鎖国』にとらわれて、ほぼ100%の国民が全資産を『日本円』で国内保有します。

これは、長い歴史の中で見てみると、
ここ数十年、ほんの一瞬の『常識』であり、大きな『リスク』。

動くことを恐れて『日本円』を握りしめていても、
失う時は一瞬で失ってしまいますからね(^_^)

『勝とう!』と思って市場に入る前に、まず『保全』。
そして、より広い視点で世界を見ていくことが大切です(^_^)★

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile