『資産形成』しない事は、『人生放棄』を意味する。

今日のテーマは、『資産形成しない事は、人生放棄を意味する』です。

 

 

いつも、主催セミナー等ではお伝えするメッセージです。

 

 

この言葉を聞いて、皆さんは『自分事』として理解されるでしょうか??

 

 

独立系ファイナンシャル・プランナーとして活動する中で、

普段から『資産形成』のアドバイスをさせて頂いています。

 

 

が、

 

 

日本全体として『資産形成』を具体的に進めるのは『1割未満』で、

反対に、『9割以上』は何もする事なく過ごしていることになります。

 

 

確かに、

 

 

『資産形成』『投資』という言葉は日本人に馴染みがない事が多く、

多くの方々は、『リスク』という言葉を結び付けるかも知れません。

 

 

ただ、

 

 

私たちから見ると、同じ『金融商品』というカテゴリーでも、

『保険』というミラクル・ワードがついた途端、思考停止して飛び付いてしまう。

 

 

このように、

 

 

『金融リテラシー』の観点でもガラパゴス化した日本ですが、

これからの時代、『資産形成』を避けて通ることは絶対に出来ません。

 

 

それを証明する報道が、先日出てきました。

 

 

某全国紙が伝えるところによると、

 

 

『生活保護受給世帯』の数は2000年を機に年々増加傾向にあり、

中でも、全体に占める『高齢者世帯』の数は突出していると言います。

 

 

今でも、

 

 

『警察24時』的な人気テレビ番組は定期的に流されますが、

その中でも、『高齢者』の万引き犯が増加傾向にあるのが分かりますよね。

 

 

先日、

 

 

日本アカデミー賞で各部門の受賞を総ナメにした『万引き家族』ですが、

映画の中だけでなく、『リアル』の世界としてそれが繰り広げられているのです。

 

 

少しだけ数字を見てみると、

 

 

2000年時点で『約33万世帯』だった生活保護受給世帯は、

2016年時点で『約84万世帯』と、2.5倍以上にも膨らみました。

 

 

たった『16年間』ほどの間に、なかなかの上昇率ですね。

 

 

この原因は、

 

 

個別に見れば様々な要因があると考えますが、

主因としては『高齢化』と『年金システムの弱体化』に集約されます。

 

 

厚生労働省の調査によると、

 

 

2016年度『年金制度基礎調査』では、『65歳以上』の収入に占める、

『公的年金(国民年金・厚生年金)等』の割合は『78.8%』と高率を占めます。

 

 

中でも、

 

 

最も多い年齢層『65歳以上70歳未満』世帯の公的年金の平均受給額は、

単身世帯で『年間約137万円』、夫婦世帯で『年間約241万円』です。

 

 

同調査では、

 

 

この年齢層における、収入に占める年金等割合は『71.6%』とされているので、

その数字から換算して、単身世帯で『約191万円』、夫婦世帯で『約337万円』の年間収入となります。

 

 

これは、前者・後者共、『ゆとりある老後生活』を送る収入からかけ離れています。

 

 

異なる『生命保険文化センター』の調査では、

 

 

夫婦2人で必要とされる日常生活費は、最低でも『月22万円』、

『ゆとりある老後生活』を送る為には、追加で『約13万円』の上乗せが必要です。

 

 

この数字から考えると、『65歳退職』をモデルケースとし、

『人生100年時代』を仮に『90歳』まで25年間生きると、いくら掛かるのか??

 

 

実に、

 

 

『普通の老後(最低限の生活)』を送るだけで『6600万円』もの金額が、

『ゆとりある老後』に関しては『1億円』を超える計算になるのです。

 

 

今の時代、

 

 

退職する時点で、『金融資産6000万円(から1億円)』保有する、

そんな『豊かな家庭』は、全体の中で何割ほど有るのでしょうか??

 

 

恐らく、『1割』には確実に満たない。

 

 

多くの方々が当てにする『退職金』も、その支給金額は年々減少の一途を辿り、

厚生労働省の調査では、2017年時点で全国約4000社の調査対象のうち、

『約20%』で退職金が支給されなかったと言います。

 

 

いつも違和感を感じますが、

 

 

メディア報道の、民間企業と公務員の退職金平均額『約2500万円』は、

極一部の恵まれた方々にしか当てはまらない『幻想の世界』と言えるのです。

 

 

つまり、

 

 

『公的年金制度』『退職金』等は全く当てにならないので、

自ら、若いうちから『資産形成』して『キャッシュフロー』を築いておく事が大切。

 

 

今日のタイトルの意味、お分かり頂けたでしょうか??

 

 

『資産形成』しない事は、『人生放棄』を意味する。

 

 

その事が『リアル』にしか感じられない時代が、

皆さん、意識している・していないに関わらず、既にスタートしているのです。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮3月25日(月)、大阪・梅田3月27日(水)の日程にて開催します。

 

 

■2019年3月25日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2019年3月27日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile