あなたは、きちんと【税金】について学んでいますか??

今日のテーマは、『あなたは、きちんと税金について学んでいますか??』です。

 

 

先週2月16日から『確定申告』がスタートしました。

 

 

事業家にとっては、毎年、頭を悩ませる時期ですよね。

 

 

通常業務に加えて『確定申告』の作業で多忙を極める。

 

 

勿論、

 

 

専門家とされる税理士・会計士に任せても良いですが、

私自身、振り返りも兼ねて、自らで取り組んでいます。

 

 

この時期、

 

 

『確定申告』をするのは、当然、昨年分の所得ですが、

どの顧客さんから、幾らの『お金』を頂いていたのか。

 

 

また、

 

 

自らが事業展開する上で、どの分野に、幾らのお金が、

『経費』として使われていたか把握する、絶好の機会。

 

 

確かに、『労力と時間』は掛かりますが、可能な限り、

自らの手で、これからも取り組みたいと思う仕事です。

 

 

そして、

 

 

自らの確定申告以外に、クライアントの皆さん限定で、

この時期のみ『確定申告セミナー』も開催しています。

 

 

と言っても、

 

 

業法が絡むので、税理士や公認会計士の方々と異なり、

個々人の『確定申告書』の作成業務は請け負えません。

 

 

あくまで、確定申告の大枠を捉える概論セミナーです。

 

 

それでも、

 

 

『会社員』という立場の方々を中心に、多く受講頂き、

皆さん、自ら実務作業をして『確定申告』しています。

 

 

確かに、

 

 

『会社員』の立場では、会社が全て担ってくれますが、

積極的に『税金』を学ぶことには、大きな意味がある。

 

 

何故なら、

 

 

常々『資産形成』の鉄則としてもお伝えしていますが、

『税金』を理解することなく、目標達成は厳しいから。

 

 

実際、

 

 

利回り『年率20%』確定の投資は、存在しませんが、

税金は、確定利回りに対して、必ず20%徴収される。

 

 

*金融商品(有価証券・債権等)に関しての記載です。

 短期譲渡所得などであれば、更に税率は高まります。

 

 

完全に余談ですが、

 

 

先日、報道されていた『トランクルーム詐欺』により、

提示されていた利回りも『対出資額20%』でしたね。

 

 

出資した『元本』が確保された上、事業の運営益より、

『年率20%』相当する配当が支払われるというもの。

 

 

しかし、

 

 

同一箇所のトランクルーム出資者を重複募集しており、

実態は、古典的なポンジ・スキームだったようですが。

 

 

世の中、『楽して、短期に儲かる話』は存在しません。

 

 

話を戻すと、

 

 

資産形成(投資)している、していないもそうですが、

事業者で『税金』を意識していない者は存在しません。

 

 

決して、

 

 

大袈裟な話などではなくて、経営者・事業主であれば、

1年365日、常に意識していると言っても過言ない。

 

 

それ程、

 

 

『お金』を扱う人間としては、重要視されるものです。

 

 

先日、関連分野で、興味深い報道が出ていましたよね。

 

 

『税・社会保障の国民負担率、21年度は過去最大』

 

 

2021年、

 

 

所得に対する、国民負担率(税金・社会保険料)が、

過去最大の『48.0%』を記録したと財務省は公表。

 

 

内訳は、

 

 

『税金:28.7%・社会保険料:19.3%』ですが、

実に、所得の半分も税負担を強いられることになる。

 

 

特に、

 

 

『会社員』の方々は、自ら主体的に行動しなければ、

その状況が、好転することなどは全く有り得ません。

 

 

この辺り、

 

 

同じく『国民』という括りでも、経営者・事業者は、

主体性を持って『所得』をコントロール出来ますが。

 

 

兎に角、

 

 

所得の『約半分』に相当する税金(*)を無視して、

経済的に恵まれることはないと理解出来るでしょう。

 

 

*国民に選択権なく、強制徴収の『社会保障費』も、

 個人的には『税金』という分類で良いと思います。

 

 

先ほど、

 

 

日本の国民負担率を『48.0%』と記載しましたが、

単純な数字比較で負担率を競うのはナンセンスです。

 

 

一部では、

 

 

欧米を始めとした先進諸国の負担率を引っ張り出し、

日本のそれ(負担率)が低いという報道もあります。

 

 

しかし、

 

 

それを論じるのであれば、提供される公共サービス、

社会保障・福祉まで含んで、議論されるべきですね。

 

 

少なくとも、

 

 

若い世代は、受給が非常に疑わしい年金制度を以て、

『負担率が低い』を押されても、納得が出来ません。

 

 

このように、『税金』はあなたの人生に直結します。

 

 

置かれた立場に関係なく、『税金』を学びましょう。

 

 

その理解なくして『経済的自由』達成はありません。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile