『資産形成(投資)』をしなければ、即『負け組』となる理由。

今日のテーマは、『資産形成(投資)をしなければ、即、負け組となる理由』です。

 

 

久しぶりに、挑発的なタイトルですね(笑)

 

 

時間も無いので、書き進めていきたいと思います。

 

 

冒頭、1つ質問をさせて頂きたいと思います。

 

 

あなたは、現在、具体的に『資産形成(投資)』をしていますか??

 

 

もしも、

 

 

この質問への回答が『NO』であるならば、残念ながら、

『経済的観点』において、あなたは『負け組』が決定しています。

 

 

本公式ブログでは頻出テーマですが、

 

 

上記の『結論』に至るロジックとしては、トマ・ピケティ著、

『21世紀の資本』の中に、シンプルな『真理』として書かれています。

 

 

前述の書籍は、

 

 

フランスの経済学者・ピケティ氏が、

過去300年間に渡る世界経済の変遷について調べたものですが、

『膨大な情報』から集約される『真理』は次の公式で示されます。

 

 

ご存知の方も、多くいらっしゃいますよね??

 

 

『g(経済成長)< r(投資リターン)』

 

 

要は、

 

 

政治・経済的にどれだけ変動している時代においても、

上記公式『g(経済成長)<r(投資リターン)』は、常に成立し続けている。

 

 

より分かりやすく説明すると、

 

 

いかなる時代においても、『労働収入』の上昇率よりも、

『投資リターン』の上昇率の方が、常に、優位性を保っているという事です。

 

 

この時点で、既に、話としては『詰み』ですね。

 

 

挑発的なタイトルの理由も、明確に説明することが出来ました。

 

 

また、

 

 

この『証明』には、他にも様々なデータが出続けていて、

先日も、某国際NGOから公表されたデータが、少し話題になりました。

 

 

一瞬、ネットニュース等でも流れたので、

目にされた方もいらっしゃるかも知れませんね。

 

 

『世界トップ最富裕層2153人、

 世界ボトム最貧困層46億人よりも多くの財産を保有』

 

 

この数字、

 

 

『46億人』というのは、現行世界人口の『60%』を占めるそうですが、

その人数の『保有資産』よりも、上位『2153人』のそれの方が多いと。

 

 

数が大き過ぎて、逆に、分かりにくいですね(笑)

 

 

世界トップ『2153人』の保有資産が均一と仮定して話を進めると、

最上位層は、下位『46億人』と比較して、一人当たり『200万倍超』の資産を持ちます。

 

 

もはや、『人間皆平等』という言葉すら、全く信じられない次元の話です。

 

 

また、同調査では、

 

 

『10億米ドル(日本円換算:1000億円超)』の資産を持つ『ビリオネア』が、

金融危機(2008年)後の10年間の間で、実に『倍増』したと報告しています。

 

 

『保有資産10億米ドル』、、、、もはや、よく分からない世界ですね(笑)

 

 

ただ、

 

 

ここまでの『億万長者(最富裕層)』にまで到達しなくとも、このデータから、

『資産形成(投資)をしないと、負ける』ことだけは、実感して頂けますよね。

 

 

間違って伝わって欲しく無いのは、

 

 

私自身、従来の『収入』を得る手段である、

『労働』を否定したいのでは無いという事。

 

 

むしろ、

 

 

個人的には、『労働』は人生における『最重要事項』と位置付けており、

人間として、『社会』で生きていく上で『必要不可欠』なものだと考えています。

 

 

事実、

 

 

私が『ファイナンシャル・プランナー』として活動しているが故、

全国から、クライアントさんが面談受講する為、大阪までお越し頂けます。

 

 

もしも、何も『仕事』をしていなければ、会いに来てくれませんよね(笑)

 

 

また、

 

 

『労働』という意味での『仕事』に真摯に取り組むことで、

『思考回路』も清明に保たれて、『充実感』も生まれるのだと感じています。

 

 

少し話が飛躍しますが、

 

 

世界トップ投資家である、ジム・ロジャーズ、ウォーレン・バフェット等も、

齢80歳を超えた今でも尚、『現役』を退くことなく、活躍していますよね。

 

 

しかし、

 

 

どれだけ、それが『尊い』ものだからと言って、『収入源』という観点で、

それ一本に依存して『現代社会』を生きるのは、多大なる『リスク』です。

 

 

少し『発想』を変えてみてください。

 

 

『資産形成(投資)』に取り組むという事は、

『収入的観点』で、自らの『分身』を作ることと同義だと思うのです。

 

 

少しイメージすれば分かりますが、

 

 

仮に、あなたが『年収500万円』の会社員として過ごしていたとして、

『年収5000万円』にする為に、同等の仕事を『10個』掛け持つことは不可能です。

 

 

一応説明すると(笑)、

 

 

『時間』『身体』『労力』といったリソース(資源)は『有限』であり、

『年収500万円』の労働収入を『10個』掛け持つための上記資源は、

恐らく、誰も持ち合わせていないと考えるからです。

 

 

しかし、

 

 

ここに『資産形成(投資)』という観点を導入し、

『不労所得』というものを有効活用できたら、話は変わってきます。

 

 

現実に、

 

 

私も『投資収入』を始めとした、『不労所得』の類を保有していますが、

それらは、私の『労働』とは関係なく、恒常的に『収入』をもたらしてくれます。

 

 

仮に、

 

 

『生活コスト』をそれらの収入(不労所得)が賄ってくれたとしたら、

あなた自身、より、自身の『才能』を活かせる人生が送れると思いませんか??

 

 

古くから、

 

 

『労働こそが美徳』という印象が強い『日本国』ですが、毛嫌いせず、

『資産形成(投資)』を、あなたの人生に取り入れて頂けたら幸いです。

 

 

有効活用できたら、そこには『新たな世界』が広がるとお伝えしておきます。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮1月28日(火)、大阪・梅田1月29日(水)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年1月28日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年1月29日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile