覇権国・米国の【急ブレーキ】は、果たして回避されるのか??

今日のテーマは、『覇権国・米国の急ブレーキは、果たして回避されるのか??』です。

 

 

以前から、取り上げてきたテーマの『続報』です。

 

 

昨年から続き、

 

 

これまで、既定路線と考えられた米国の利上げが、

実行を目前に、慎重論が相次ぐようになりました。

 

 

もともと、

 

 

来月(3月)予定される連邦準備制度理事会では、

『0.5%』の積極的利上げが決定する予測が優勢。

 

 

実際、

 

 

タカ派として知られるパウエル現議長の言葉にも、

『他の選択肢はない』との言葉が並んでいました。

 

 

しかし、

 

 

『利上げ』を実行するタイミングを目前に控えて、

米国内でも、株式市場は低調な推移をつづけます。

 

 

それを受けて、

 

 

現時点、パウエル議長は言葉の翻意はないものの、

3月の『利上げ』を断念と予測する識者が優勢に。

 

 

それを示すように、

 

 

今週に入り、米国市場も上昇傾向へと転じており、

先週から一転、『楽観ムード』も漂い始めました。

 

 

思い返すと、

 

 

2020年2月、新型ウイルスの顕在化を受けて、

世界経済は、歴史的な『大暴落』に見舞われます。

 

 

そこで、

 

 

前回危機の『痛み』の記憶が残っていたことから、

世界各国は全会一致で『金融緩和』を仕掛けます。

 

 

その結果、

 

 

確かに株式市場における危機は回避されたものの、

『投資マネー』が、凡ゆる市場に溢れ返りました。

 

 

原則として、

 

 

現代版:資本主義経済は、金融緩和を起点として、

1ランク上のステージに移行するのがルールです。

 

 

その世界では、

 

 

キャッシュ(現金)比重の大きな人間が乗り遅れ、

保有資産を増大させるチャンスを逃すことになる。

 

 

当時は、

 

 

FRB(連邦準備銀行)も積極的に資産を買い込み、

市場に対して資金供給する事を止めませんでした。

 

 

幸か不幸か、

 

 

新型ウイルス出現を起点として、投資の世界では、

凡ゆるものが数字上値上がりしたことになります。

 

 

しかし、

 

 

このように誰もが熱狂している『パーティー』も、

手綱を引き締める時期は、将来的に必ず訪れます。

 

 

以前お伝えした通り、

 

 

覇権国・米国が高いインフレ率を記録している今、

その収束という名目があるのは、1つの好機です。

 

 

それでも、

 

 

他に、1つの懸念事項があるとするなら、それは、

新型ウイルスの変異種・感染拡大が未解決なこと。

 

 

私自身、

 

 

今後の動向を正確に予測することは不可能ですが、

手綱を引く時期を間違えば、再び市場は低迷する。

 

 

冒頭お伝えした通り、

 

 

来月の『利上げ』予測が頓挫しつつある事もあり、

市場はどちらかと言えば『楽観ムード』漂います。

 

 

しかし、

 

 

その『決定』如何により、どちらにも触れるため、

まだまだ、投資家は目を離せる状況にありません。

 

 

他人事でなく、当事者意識で静観を続けましょう。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile