『資産形成(投資)』成功の鉄則は、『一発逆転思考』をやめること。

今日のテーマは、『資産形成(投資)成功の鉄則は、一発逆転思考をやめること』です。

 

 

本日(3月24日)付、

 

 

『日経平均株価』は、予想外の急反発を見せて、

前日比『+1,204.57円』で取引終了しました。

 

 

先日、

 

 

『これから市場変動幅は減少する』旨の発言をしましたが、

予測に反して、『粗い値動き』が継続していることになりますね。

 

 

興味深いのは、

 

 

これまで、連動する形で変動し続けていた日米両市場が、

最近では、その『相関性』が著しく失われつつあるということ。

 

 

実際、

 

 

日本時間で昨夜(3月23日)にあたる『米国市場』は、

『NYダウ平均株価』として、前日比『▲582.05ドル』で終了しています。

 

 

『逆』は成立するものの、

 

 

『日本市場』が『米国市場』に大きな影響を与える可能性は低く、

恐らく、今夜の『米国市場』は、また独立した値動きを展開すると考えます。

 

 

昨日は、

 

 

ドナルド・トランプ米国大統領が『無制限緩和』を公表したにも関わらず、

前述の結果ですから、落ち着きを取り戻すには、少し時間が必要かも知れません。

 

 

冒頭、

 

 

本日、『日本市場』が急反発した話題を取り上げましたが、

それでも、日経平均株価は『1万8000円台』をキープした値で、

2020年始からの下落率は『▲25%』程を記録します。

 

 

昨日の公式ブログの通り、

 

 

現状が『パニック』か『閉塞感』かは分かりませんが、

中長期的に見れば、現在の株価は『ミス・プライス』である可能性が高いです。

 

 

2週間ほど前の記事では、

 

 

『資産形成(投資)的観点では、今が仕込み時!』という話をして、

私自身、継続して、淡々と『株式市場』に資金投入し続けています。

 

 

ただし、

 

 

決して、間違って欲しくないのは、現在の株価がミス・プライスだからと言って、

余剰資金を『一括投入』するような『大勝負』には出て欲しくないという事です。

 

 

世の中には、

 

 

興味深い『調査』をしてくれている方々も多く存在しており、

その1つが、某日本経済新聞にて記事紹介されていました。

 

 

どういう調査かと言うと、

 

 

前述の『日経平均株価』が、前日比として『5%超下落』した日を起点に、

ちょうど『1年後』の運用リターンが、どのようになるかというものです。

 

 

具体的に、

 

 

上記『基準(前日比5%超下落)』を満たすイベント発生日は、

2008年以降の12年間で『21回』計測されたと言います。

*2020年3月に発生した『2回』を除く。

 

 

上記『21日程』において、

 

 

当日終値で『日経平均』連動の投資信託を購入した場合、

1年後に『プラス運用』を計上した回数は、実に『20回』に上るのだとか。

 

 

また、

 

 

『+10%』の年率2桁リターンをもたらした回数は『17回』を数え、

全対象『21日程』の平均リターンは、実に『元本比:+20%』です。

 

 

長期低迷してきた『日本経済』を考えれば、

年間リターン『+20%』は、魅惑的な投資リターンですよね(笑)

 

 

しかし、

 

 

この調査結果をもってしても、現在のミス・プライスされた市場に、

投資資金を『一括投入』する選択は、しないで頂きたいと考えます。

 

 

前述記事中でも、

 

 

70代・女性が、『300万円』を一括資金投入する事例がありますが、

70歳を超えた自らの親族に、このような『大博打』を打たせる勇気は有りません。

 

 

ご紹介したデータから、

 

 

『1年後』その投資信託が値上がりしている可能性はありますが、

並行して、現在が『底値』である保証も、まったく無いからです。

 

 

もし仮に、

 

 

私自身、余剰の『投資資金』を保有しているとしたら、

必ず、株式市場には『分割投入』するようにしますし、

クライアントさんにも、同様にアドバイスしています。

 

 

『ドル・コスト平均法』

 

 

『資産形成(投資)』をする人間であれば、誰でも知っている、

『基本中の基本』と言える戦略ですが、2020年を迎えた現在でも、

この『基本』を忠実に遵守できる人は、『一握り』に限られています。

 

 

もし仮に、

 

 

あなたが『バフェット』『ソロス』『ロジャーズ』に肩を並べる、

世界トップクラスの『天才投資家』であれば、その必要は有りません。

 

 

しかし、

 

 

自らの『能力』と『ポジション』を謙虚に判断する能力があれば、

『選択すべき方法』というものは、自ずと分かってくると考えます。

 

 

ただし、

 

 

その『有用性』が古くから確立・証明されたこの方法も、

1つだけ、大きな『デメリット(?)』を抱えています。

 

 

それは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この投資方法(ドル・コスト平均法)が、

『資産形成(投資)』するには、恐ろしく『刺激』がないという事です。

 

 

一文字で言えば、『暇』です(笑)

 

 

基本的に、『資産形成(投資)』に取り組もうと考える人物は、

一部の『地に足が付いた』感覚の人間を除いて、

『ギャンブラー体質』な人間が多く存在することも、事実です。

 

 

そういった方々には、恐ろしく『受け入れられない』投資選択ですね。

 

 

前述の調査でも、

 

 

過去、『暴落(前日比5%超の下落)』が起こった対象日を含む月は、

『月1000億円超』の大型買い越しを見せる結果が散見されました。

 

 

要は、

 

 

『パニック』に起因してミス・プライスされた株式市場に対して、

個人投資家が『一攫千金』を狙って熱狂し、一括資金投入しているという事です。

 

 

前述のデータでは、

 

 

『1年後の売却』を前提に『投資リターン』を計測していますが、

現実世界では、『売却タイミング』はそれぞれの投資家による為、

これらの投資家が『利益』を得られているかは、完全に不明です。

 

 

むしろ、

 

 

玄人・素人問わず、上昇局面ではなかなか『売却』出来ず期をいっしてしまい、

下落局面では、早々に『退出』してしまうのが、『人間の性』というものです。

 

 

そう考えると、

 

 

機械的に算出された『データ』とは裏腹に、

『利益』を得ている人間は、予想以上に『少数派』であるかも知れません。

 

 

とても不思議な事ですが、

 

 

『経済的余裕が無い(保有資産が少ない)』方々に限って、

今回の事例に限らず、『一攫千金』を目指して『ギャンブル』を継続します。

 

 

最近では、

 

 

発売回数も計測不能レベルに増加し続ける『宝くじ』について、

その売り場の行列に、『お金持ち』が並んでいない事が、その証明です。

 

 

『株式一括購入』の場合、

 

 

勿論、『宝くじ』の事例よりは『マシ』だと考えますが、

根本的に存在している『思考回路』は、大きく相違ないかも知れません。

 

 

先ずは、『一発逆転思考』をやめること。

 

 

市場が変動しようが、凪が続こうが、

淡々と継続できる人間こそが、『資産形成(投資)』に成功します。

 

 

振り返ってみて、皆さんは、いかがでしょうか(^ ^)??

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮3月25日(水)、大阪・梅田3月26日(木)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年3月25日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年3月26日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile