『野茂英雄投手』のメジャー・リーグ挑戦に学ぶ『パイオニア・スピリット』。

今日のテーマは、『野茂英雄投手のメジャー・リーグ挑戦に学ぶパイオニア・スピリット』です。

 

 

数日前の『アクション』をテーマにした記事にも通じる話です。

 

 

『資産形成(投資)』『ビジネス』には一見関係なく映りますが、

『本質』としては、私自身、最も大切だと感じている話です。

 

 

『野茂英雄投手』

 

 

ここで改めて説明するまでも無く、日本国民なら誰もが知る、

『日本プロ野球』『平成野球史』を代表する偉大な投手です。

 

 

30代後半以降の野球ファンの方々であれば、

 

 

所属する新日鉄から『プロ野球』へドラフト指名される際、

史上最多の『8球団から』『1位指名』を受けた事を記憶する方も多いと思います。

 

 

この『8球団:1位指名』という記録は、

30年近く経つ時間の中でも、未だ破られていない途轍もない記録です。

 

 

しかし、

 

 

野茂投手の場合、この『8球団1位指名』というのは、

彼の野球人生を語る上で『飾り』程度のものでしかなく、

入団一年目から、プロ野球で『18勝8敗』の記録を達成。

 

 

その年、

 

 

『最多勝』『最優秀防御率』『最高勝率』『最多奪三振』等々のタイトルを総ナメし、

果てには、投手としての最高勲章である『沢村賞』まで受賞してしまいます。

 

 

1999年、

 

 

横浜高校から西武ライオンズに入団した『平成の怪物・松坂大輔投手』も、

当時は相当なインパクトを残しましたが、それをも上回る突出した成績です。

 

 

話を野茂投手に戻すと、

 

 

新人の翌年1991年から3年間で挙げた『勝利数』は、

『17勝』『18勝』『17勝』と、3年連続『最多勝』タイトル獲得という快挙。

 

 

改めて振り返ると、『えげつない』という言葉が相応しい選手ですね。

 

 

それで、

 

 

世間的にはあまり認知されてはいませんが、本日『1月9日』は、

『野茂英雄投手』にとっても、1つ『節目』といっても良い日になっています。

 

 

往年の野球ファンの皆さん、『何の日』だかわかりますか??

 

 

勿体ぶらずに、話を先に進めますね(笑)

 

 

1995年1月9日。

 

 

今から『24年前』の今日は、『野茂英雄投手』が、

正式に『メジャー・リーグ』に挑戦する事を公表した日なのです。

 

 

奇しくも、その年起こる阪神大震災を1週間後に控えた日ですね。

 

 

お分かりになる方もいらっしゃると思いますが、

『野茂投手』以前、日本人選手の『メジャー挑戦』は殆ど考えられない事でした。

 

 

当然、

 

 

24年前の今日、世間も、日本プロ野球界も騒然とした訳ですが、

周囲の騒がしさを他所に、野茂投手自身、最初からそれを視野に入れて、プロへの扉を叩いていたようです。

 

 

が、

 

 

ここで、夢である『メジャー挑戦』に向けて、『大きな壁』が立ちはだかります。

 

 

それは、

 

 

(*少し考えれば『当然の話』なのですが、)

当時の『日本プロ野球界』には『メジャー挑戦』の既定路線などあるはず無く、

『野茂投手』の夢である『メジャー挑戦』の権利すら無かった、という事です。

 

 

日本のお家芸である『前例が無い』というお役所仕事がここでも顔を出し、

『なので、出来ません』戦法という『伝家の宝刀』が炸裂したのですね。

 

 

今の時代で考えれば、『月に行く』ようなものです。

 

 

仮に、私が『月に行きたい!』と言い出したとしても、

世間一般人が日常的に『月に行く』常識など今は無く、

『既定路線』に加えて、『選択肢』すら無いのと同様です。

 

 

因みに、私はZOZOタウンの社長ではありません。

 

 

日本を代表する女優さんともお付き合いしていないですし、

『お年玉』という形で、『夢応援プロジェクト』も発動していないので悪しからず。

 

 

話を元に戻します。

 

 

『日本プロ野球』から『メジャー挑戦』への夢が断たれそうになった時、

それでも、『野茂英雄投手』は、如何にしてその夢を現実のものとしたのか??

 

 

ここには、当時大ファンだった、私も全く知らない話がありました。

 

 

なんと、

 

 

『野茂英雄投手』は、日本プロ野球界を一旦『任意引退』し、

その後、『メジャー球団』と契約を結ぶという道を切り開いたのです。

 

 

『任意引退』

 

 

主に、選手人生が晩年に差しかかった選手が、

自らの状況を見極め、自発的に『引退宣言』する制度で、今も存在しています。

 

 

基本、

 

 

『任意引退』した選手は、その後『現役復帰』を選択した場合でも、

自身が『最後に所属したプロ野球団』としか契約締結の権利はありません。

 

 

しかし、

 

 

(メジャー挑戦を選択肢に入れていない)当時の野球協定では、上記文言に、

『ただし、海外のプロ野球団を除く』という例外記載が成されていたのです。

 

 

野茂投手はその情報を仕入れ、事前交渉の場で提示していました。

 

 

ただし、

 

 

当然ながら、この『向け道作戦』が上手く機能したとしても、

『野茂英雄投手』が、野球人として『莫大なリスク』を背負った事に変わりが無い。

 

 

もしも、

 

 

本人は全く考えてなかったでしょうが、『メジャー挑戦』が失敗に終わっても、

送り出した『近鉄』始め、日本プロ野球界に受け入れてくれる球団は無いから。

 

 

正に、自ら『退路』を完全に断ってまで、挑戦した事になるのです。

 

 

野茂投手にとって、そこまでしても『挑戦したい夢』が、

野球の最高峰『メジャー・リーグ・ベースボール』だったのです。

 

 

書いているうちに、熱くなってしまい、文章が長くなりました(笑)

 

 

皆さん、ここまで読み進めて頂いて、如何でしたか??

 

 

ようやく今日のタイトルに辿り着きましたが(笑)、

 

 

『野茂英雄投手のメジャー・リーグ挑戦に学ぶ『パイオニア・スピリット』は、

『自ら夢(目標)を明確に定めたら、道は、自ら模索する!』というものです。

 

 

そもそも、

 

 

人生で遭遇するあらゆる場面・事象において、

『目標』に対して、最初から明確に『道』が見えていることなどあり得ません。

 

 

よくお話する、

 

 

『目的地までの信号が、全て青になる事は無い』理論と同じで、

その道程に、『赤信号』『ハードル』等が存在するのは当然の話です。

 

 

この辺り、小学一年生でも理解出来ますよね(笑)

 

 

しかし、

 

 

客観的に考えたら『当たり前』と思えるこの事実も、

いざ、自身が『行動』を起こす際になると、認識出来なくなる方は意外に多い。

 

 

と言うか、ほぼ100%の人がそうですよね。

 

 

『それは、無い』という事を、しっかりと認識する事です。

 

 

私自身の話で恐縮ですが、

 

 

『資格』がビジネスにおいて全く利用価値が無い現代において、

有り難い事に、私は活動拠点の大阪だけでなく、全国からクライアントが来てくれます。

 

 

ただし、

 

 

勿論、活動初期からそのような『道』が見えていた訳では全く無く、

自らが設定した『目標』に対して、『道』を模索し、進んだ結果『今』があります。

 

 

『道無き道』を、進んでいく『覚悟』があるかどうか。

 

 

『自分が歩いた場所が、道になる』という強い信念を持って進むことが出来るか。

 

 

その『決断』をすることが出来る人間のみ、

『資産形成』『ビジネス』含めて、あらゆる分野で『成功』していけると考えます。

 

 

公式ブログ読者の皆さんの、健闘を心より祈っています。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮1月28日(月)、大阪・梅田1月29日(火)の日程にて開催します。

 

 

■2019年1月28日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2019年1月29日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile