『金価格上昇』に見る、『資産形成』することの必要性。

今日のテーマは、『金価格上昇に見る、資産形成することの必要性』です。

 

 

注視している方はご存知の通り、

 

 

直近3ヶ月ほど、『金価格』が歴史的高水準で推移しています。

 

 

世界基準として、

 

 

金取引の単位として用いられる『トロイオンス』は、

日本人に馴染みのある単位では『約31グラム』程。

 

 

それが、

 

 

4月中旬からじわじわと価格を上げて、

先週7月9日には、過去最高値を更新。

 

 

現時点でも、

 

 

『1トロイオンス=1800米ドル超』の高値圏を維持し、

購入希望者が増加し続け、取引されているという状況です。

 

 

元々、

 

 

『金(gold)』は、古今東西、『安全資産』という認識が強くあり、

一般的には『株式市場』と相対する動向を示すと考えられて来ました。

 

 

勿論、

 

 

地球上・宇宙上にも、『絶対的価値』を持つものは無いですが、

『共同幻想』が成立する、人類市場『唯一の資産』と言えます。

 

 

しかし、

 

 

昨今、上記の『セオリー』が成立しない場面が、散見されています。

 

 

実際、

 

 

株式市場が活況に沸いていた『ビフォー・コロナ』の時代、

そのセオリーとは逆行する形で、『金価格』も高値推移していました。

 

 

そして、

 

 

世界的に『新型ウイルス』の感染拡大リスクが顕在化した2月末から、

『株式市場』の暴落と共に、『金価格』も同様に下落してしまいます。

 

 

その後、

 

 

各国政府・中央銀行が『経済刺激策(金融緩和)』を発表すると、

こちらも『株式市場』と同様の傾向を示して、『金価格』も復調。

 

 

更に、

 

 

その動きは加速し続けて、前述させて頂いた通り、

『過去最高値』を更新するまでに上昇しています。

 

 

一般的に、

 

 

『株式市場』も『金市場』も、全体として活況を示す場面では、

『高値掴み』を嫌い、投資家は対象資産の購入を控える傾向に有ります。

 

 

しかし、

 

 

現状、『金(地金・関連株・ETF等)購入希望者』は後を立たず、

取引単位あたり、史上初の『2000米ドル』突破も射程圏です。

 

 

この辺り、

 

 

興味を持って、市場を観察していない方々には分かりませんが、

今、明らかに、過去になかった『潮流変化』が起こっています。

 

 

では、

 

 

具体的に、どのような『潮流変化』が起こっているのでしょうか??

 

 

公式ブログのコア読者の方々の中には、

ピンと来る、勘の良い方もいらっしゃるかも知れません。

 

 

原則として、

 

 

現代資本主義における『お金』は『バーチャル』な存在であり、

それ自体に、何かで保証されたような『価値』は存在しません。

 

 

既に、

 

 

1971年のニクソン・ショックで崩壊はしているのですが、

半世紀が経過した今尚、その『幻想』は解け切らずにいます。

 

 

冒頭、

 

 

今回の『コロナ危機』に対する、各国政府・中央銀行の対応策が、

基本路線として、『金融緩和』の点で一致していると示しました。

 

 

要は、

 

 

『お金』が『バーチャルな存在』であることを最大活用し、

その『価値』を、絶妙に目減りさせていくという戦略です。

 

 

先ほど、

 

 

『共同幻想が解け切っていない』旨をお伝えしましたが、

一般国民に、その『洗脳』が残っているからこそ、この戦略は効果を発揮します。

 

 

当然、

 

 

今回の『コロナ危機』が、根本解決を見せていない最中で、

『経済活動』は失速しており、世界経済は低迷しています。

 

 

ただ、

 

 

『本質的』には、上記のロジックが成立するものの、

現実世界では、『株高』『金価格上昇』が同時並行しています。

 

 

これは、一体どういう事なのでしょうか??

 

 

その答えは、意外に簡単です。

 

 

原則として、各国政府・中央銀行の『本来の役割』として、

『リアル』な世界に生み出された『価値』の分だけ、

自国通貨の『供給量』を増加させるというものがあります。

 

 

このルールでは、

 

 

『リアル』な世界における『価値』が増大していなければ、

自国通貨の『供給量』を増加させることは出来ない筈です。

 

 

しかし、

 

 

現代資本主義においては、何故かこの『大原則』が覆されており、

価値創出が為されない中でも『供給量』を増加させられるのです。

 

 

当然、

 

 

実質的な『価値』が創出されていない中、

『供給量』だけが増加させられますから、

市場に投入された『お金』は、『行き場』を探して彷徨います。

 

 

その結果、

 

 

結局、他の『行き場』を見つけられず、消去法的に、

『株式市場』『金(gold)市場』に資金が流入しているのです。

 

 

決して、『ポジティブ』な理由では有りません。

 

 

また、

 

 

この状況で、もう1つ、意識しておかなければならないあ事があります。

 

 

こちらの方が、『重要』ですね。

 

 

それは、

 

 

単なる『数字』として保有している現預金(キャッシュ)は、

その『実質的効力』を、大きく目減りさせるということです。

 

 

現時点、

 

 

『株式市場』『金(gold)市場』に資金投入している方々は、

その保有資産を『数字上』大きく伸ばされていると思います。

 

 

私自身、『利益確定』はしていませんが、

『含み益』として抱える資産も有ります。

 

 

ただし、

 

 

問題なのは、両市場に『資金投入』を全くしていない方々で、

そういった方々は、ご自身で『自覚症状』を感じることなく、

緩やかに、経済的な意味での『終末期』へと進んでいます。

 

 

その意味が、お分かり頂けるでしょうか??

 

 

昨今の『株式市場』『金(gold)市場』の価格変動そのものが、

『現預金(キャッシュ)』を保有することの終焉を示しています。

 

 

世界を取り巻く環境に、様々な『潮流変化』は訪れますが、

金融の世界のそれも、間違いなく、見落としてはならないものの1つです。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『オンライン:Zoom受講』に切り替えて開催しております。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

通常、

 

 

リアル開催は『1人(講師)対複数人(参加者の皆さん)』の開催ですが、

原則として、Zoom開催は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*『個別質問お答え出来る』というメリットも有ります。)

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile