『顕在化していないリスク』に、備えられていますか??

今日のテーマは、『顕在化していないリスクに、備えられていますか??』です。

 

 

昨日の公式ブログでも少し書かせて頂きましたが、

数日間、クライアントさん達と香港に渡航していました。

 

 

そして、

 

 

昨夜、関西国際空港に帰国したのですが、

バカンスの余韻に浸る暇もなく、今日から仕事予定がパンパンです。

 

 

いつも通り、

 

 

毎週水曜日の主催朝活は開催しましたし、

昼の時間帯からは面談が続き、この後も22時までアポイントが埋まっている状況です。

 

 

昨日までの香港の記憶も、本当に、一瞬で吹き飛びます(笑)

 

 

記事を書く時間もなかなか無いので、今日はさらっと書かせて頂きます。

 

 

前述もしましたが、

 

 

今朝、開催した『ライフワーク朝活』の中で、

参加者の方に次のようなアドバイスをさせて頂く場面が有りました。

 

 

『顕在化していないリスクに、如何に対処するかが重要。』

 

 

自らビジネスする人間として、日々活動していて、

このことの重要性は本当に実感し続けています。

 

 

例えば、

 

 

事業をする上で『数字(売上・利益)』は勿論大切ですが、

『今』、計測されているその『数字』は、

『今の状態』を正しく表しているものでは無い場合があります。

 

 

この文章、

 

 

『会社員』の方々にはさっぱり分からないと思いますが、

『経営者』の方々には、痛いほど分かるのでは無いかと推測します。

 

 

どういうことか??

 

 

簡単に言うと、

 

 

今月のものとして上がってくる『数字(売上・利益)』は、

『過去の結果』が表されたもので、『今』を表しているものではありません。

 

 

仮に、

 

 

『今の数字』が芳しくなかったとしても、

『種まき』はしっかり出来ている場合は、『将来の数字』には希望が見えます。

 

 

反対に、

 

 

『今の数字』がとても良い結果を出していても、それは『過去の産物』であり、

『将来の数字』も同様に良いとは限らず、むしろ、相関性はほとんど無いのです。

 

 

この辺り、

 

 

人から教えられているようでは『事業家』としては失格で、

如何に『感覚(センス)』として、理解できるかがポイントになります。

 

 

私自身の経験から少し話せば、

 

 

今から『2年半』程前、

 

 

出版させて頂いた書籍が全国で『話題書』として展開された当時は、

『新規面談依頼』は、放っておいてもどんどん舞い込む状況でした。

 

 

しかし、

 

 

テレビや雑誌等で紹介された食べ物屋さんの人気が一過性であるように、

その状況に『あぐら』をかいてしまっていたら、今の私は無いと考えます。

 

 

当時、

 

 

何故、冷静に判断できたかは謎ですが、高まる熱を、自身は冷静に捉え、

『話題書』効果に安住しないよう、『地道な活動』を継続していました。

 

 

具体的には、

 

 

やはり既存クライアントさんからのご紹介は『質』が良い方々が多いので、

皆さんとのコンタクトを頻繁に取り、『紹介』を頂くようにしていたのです。

 

 

結果、

 

 

『話題書』として展開された効果が完全に無くなった今でも、

自ら営業活動する事なく、『ご紹介』でクライアントさんは増えている状況です。

 

 

我ながら、冷静で、賢い選択だったと感心します(笑)

 

 

ここまで、『ビジネス』のこととして話を進めてきましたが、

 

 

私が本業とする『資産形成』のテーマにおいても、

『顕在化していないリスク』に対して、『備え』を進めることは本当に重要です。

 

 

例えば、

 

 

現在、現役世代の方々であれば、自身が働いている限り、

そして、職が存在する限り、『労働収入』は稼ぐことが出来ます。

 

 

しかし、

 

 

自身が健康で元気なうちは、なかなか実感できないものの、

『働けなくなる時』というものは、誰しも、確実にやってくるのです。

 

 

その時、

 

 

もしも『経済的基盤』が築けていなければ、

あなたの人生は、リアルに『終焉』を迎えてしまうことになるのです。

 

 

それでも、

 

 

日本国が様々な『セーフティネット』を提供している、

『社会保障制度があるじゃ無いか!』という方々もいらっしゃるかも知れません。

 

 

ただ、

 

 

その主張も『今』という刹那しか見ていない結果の賜物であり、

近い将来、既存の『社会保障システム』が崩壊する事は、いつも情報発信している通りです。

 

 

実際、

 

 

『年金システム』は辛うじて稼働していますので、

『来月、年金があるかな??』と心配する支給対象者は、現時点ではいないと思います。

 

 

しかし、

 

 

『10年後も、生活するのに十分な年金支給があるか??』という質問に、

自信を持って『ある!』と解答できる方は、日本に何人いるでしょうか??

 

 

恐らく、ほとんど、居ない。

 

 

これが『顕在化していないリスク』なのですが、

私たちは、いかんせん短期的思考に陥りやすく、

『将来』よりも『今』を過大評価し、最優先してしまいます。

 

 

つまり、

 

 

『10年後』は経済的に苦しくなる事を自身でも予想していても、

『今』の状態が続く事を、希望的観測だけで望んでしまうのです。

 

 

ただし、

 

 

私たちが想像するよりも『現実』はリアルであり、残酷で、

『顕在化していないリスク』は、顕在化した時点では『挽回不可能』になっています。

 

 

それは、

 

 

『個人』の単位でも、『企業・国家』という組織規模でも、本質的に変わりません。

 

 

ところで、

 

 

あなたは、『顕在化していないリスク』に対して、

きちんと向き合い、『備え』を進められているでしょうか??

 

 

繰り返しになりますが、

 

 

『顕在化していないリスク』というものは、

一度、顕在化した時には、既に『挽回不可能』な状態に陥っています。

 

 

その事をしっかりを理解した上で、日々行動し、

皆さんが、将来に向けた『資産形成』に励まれる事を願っています。

 

 

『潜在的リスクに備えて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は神戸・三ノ宮3月25日(月)、大阪・梅田3月27日(水)の日程にて開催します。

 

 

■2019年3月25日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2019年3月27日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile