『GPIF』の運用成績が上がれば、『年金受給額』は増えますか??

今日のテーマは、『GPIFの運用成績が上がれば、年金受給額は増えますか??』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、『年金資金』の運用について、

今年度から『常識』が導入される見込みとなった話をしました。

 

 

市場の『歪み』を出し抜く形で利益を追求していくスタイル、

『アクティブ運用』の報酬体系を、よりシャープな『成果報酬型』に切り替えます。

 

 

これにより、

 

 

『インデックス』をベンチマークとして『超過リターン』が認められた時、

『正当な対価』として、運用管理者に報酬が支払われる仕組みになるのです。

 

 

私自身、

 

 

『アクティブ運用』を否定する訳ではありませんが、

『流動性』が確保された市場においては、

主に『パッシブ』な運用戦略で自らの『資産形成』を進めています。

 

 

お陰様で、

 

 

その方法で順調に成績も推移していっていますし、

利益を確定している訳ではないので、税金も繰り延べて運用出来ています。

 

 

『GPIF:年金積立金管理運用独立行政法人』の運用スタイルも同様で、

保有比率を増やした『株式』分野においては、

その90%超の割合を『パッシブ戦略』に振り分けています。

 

 

今後、

 

 

この運用に『アクティブ戦略』が用いられ続けるのかは、

これから『10年間』ほどの動向を見て判断されるのではないでしょうか。

 

 

さて、

 

 

そのようなことを昨日の公式ブログで書かせて頂いた所、

それをご覧頂いた方から、次のような質問を受けました。

 

 

それが、実は今日のタイトルなんですね。

 

 

『GPIF』の運用成績が上がれば、『年金受給額』は増えますか??

 

 

回答する前に、皆さんにも聞いてみたいですね。

 

 

この質問に対する『答え』は、皆さん、どのように考えられますか??

 

 

『GPIF:年金積立金管理運用独立行政法人』は、

国民に支給する『年金資金』を運用している、世界最大の投資ファンドです。

 

 

『いや、そら運用益が出たら、年金支給額で国民に還元するやろ。』

上記の事実から考えて、このように考えられる方も多いのではないでしょうか??

 

 

果たして、本当に、この考え方で合っていますか??

 

 

実は、この回答、『間違い』なんですよ(笑)

 

 

『結論』からお話しさせて頂くと、

『GPIF』の運用成績が向上しようとも、あなたの『年金受給額』は増加しません。

 

 

この文章を見て、膝から崩れ落ちそうになっている方も居るかもですね(笑)

 

 

でも、それが『事実』なのです。

 

 

そもそも論として、

 

 

『年金システム』というものは、私たちの世代だけではなく、

子や孫、それを超える世代に渡って維持していく事が不可欠な制度です。

 

 

一時、

 

 

『年金システム』を『100年安心』と表現することもありましたが、

本当に『100年間』しか機能しなければ、その終盤では大問題が勃発します。

 

 

理想主義者のようになってしまいますが、

『未来永劫』『永続的に』続くことこそが、システム本来の理想となります。

 

 

なので、

 

 

例え『運用益』が出たとしても、それは将来の『支給原資』に回され、

安易に、現時点の支給者に対してばら撒かれることはありません。

 

 

冷静に考えたら、

 

 

こちらの方が『当然』のことで、少し保有資産が増えたからと言って、

『支給』を増やしたら、一発屋で終わる経営者のようになてしまいます。

 

 

『入り(保有)』が一時的に増えることがあったとしても、

『出(支給)』をコントロール出来る人間こそ、永続的に『お金』に恵まれるのです。

 

 

事実、

 

 

現在、年間で支給されている『年金総額』は『約50兆円』ですが、

その大部分は、『GPIF』ではなく、現役世代が収める『保険料』と、

日本国が国民から徴収する『税収』で賄われています。

 

 

むしろ、

 

 

現時点で『GIPF』から支給されているシェアは低く、

私たちが想像している以上に、現時点では活用されていません。

 

 

『え、そうなん??』と、皆さん驚かれますよね。

 

 

『年金原資、実はそんなに潤沢にあったんや、、、、。』

 

 

『20代、30代の世代にも、現行ルール通り支給されるのでは??』

 

 

この部分だけを抜粋すれば、

私たちの世代の『年金問題』にも、『希望の光』が強く見えてきそうな気もします。

 

 

『でも』、という話(笑)

 

 

『そうは問屋が卸しません』、と(笑)

 

 

そもそも、

 

 

先ほど年金支給を『保険料』と『税収』で賄っていると言いましたが、

実際、『年間50兆円』もの莫大なお金を、この2つで賄い切ることなど出来ません。

 

 

『足らず』はもちろん『国費』から補填され、

それはどこから流れて来るかと言うと、源流は『新規発行国債』に行き着きます。

 

 

要は、

 

 

ある場所でするべき『借金』を、その場所でするとあからさまなので、

もっと隠れた、こっそりと借りられる場所でしているだけなのです。

 

 

『家族』という単位で考えると、理解しやすいですよね。

 

 

例えば、

 

 

『お父さん』がお金のコントロールが途轍もなく出来ない人で、

怪しい(ヤバい)筋も含めて、多額の『借金』を積み上げてしまった。

 

 

取り立ても目につく形になってきて、体裁も良くないので、

『信用』がより高い『お母さん』が、正規ルートで融資を受けて、それを返済する。

 

 

これで、『めでたし、めでたし』、、、、、、、、とはなりませんよね!(笑)

 

 

この場合、『お母さん』が融資を受けたことは消える訳ではなく、

『世帯全体』として、『債務超過』に陥っている事実は変化無しです。

 

 

必然、

 

 

『お母さん』が借りた形になっているお金も返済義務があり、

それが増大していく事で、この家族全体の『破綻危機』は存続します。

 

 

これが、現在の『日本国』の経済状況です。

 

 

確かに、

 

 

『日本』は、世界的に見たら『お金』を保有している国に分類され、

経済的な『体力』があるので、なまじ『延命措置』は出来てしまいます。

 

 

でも、

 

 

それで大丈夫かと言うと、もちろん、そうでは無く、

この『虎の子』の資金に手を出さなくてはならない状況になると、

途端に『危機的状況』へと転落する可能性を秘めているのです。

 

 

医療業界に関わる方々ならイメージしやすいですが、

『肝・胆・膵』系の疾病のように、顕在化した時は『終わり』なんですよね。

 

 

そういった事も、きちんと理解しておかなければなりません。

 

 

今日お話しさせて頂いた話も、『他人事』では決してなく、

まぎれもない『あなた自身』に、将来、確実に関わってくる問題だからです。

 

 

『資産形成』『年金:リタイアメントインカム』は、

自助努力で準備する時代が、もう、すでに到来している。

 

 

その事実を広める使命感が、私の活動エネルギーの源泉ですが、

その事実に、一人でも多くの読者の方々が気付いて頂けたら幸いです。

 

 

『年金問題と向き合い、資産形成をスタートしたい!』という方に最適なセミナーを、

神戸・三ノ宮は7月25日(水)、大阪・梅田は7月27日(金)にて開催致します。

 

 

■2018年7月25日(水)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年7月27日(金)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile