『LCC』は本当に安いのか??

元MR(製薬会社営業)の独立系ファイナンシャルプランナー★
現在『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です(^_^)

『無料PDFプレゼント』のご案内をします(^_^)★

公式サイトにて、メールアドレスをご登録頂いた方々限定で、
『資産形成を考える不滅の真理』を配布スタートしました。

★公式サイト:プレゼントご案内ページはコチラ★
http://michiamokota0421.com/present-pdf/

*ぜひぜひ、登録よろしくお願いします(^_^)
*登録アドレスはPC受信可能なものでお願い致します。
(gamil、yahoo!mail、hot mail等も可能です。)

メールアドレス登録して頂いた方限定で配信させて頂くPDFは、
『資産形成』を考える最重要ポイントを、
シンプルかつ本質を捉えてまとめさせて頂いたものです。

独立系FP個人事務所を開設し、
累計100組以上の方々のプランニング相談を受けてきました。
その経験から見えてきた『資産形成』のエッセンスが凝縮されています。

『お金持ちの考え方をインストールしたい!』
『周りに引き寄せる人脈・チャンスを変えたい!』

そんな方々にとって良い『きっかけ』となるので、
ぜひ『無料プレゼントPDF』をGET!してみてください(^_^)★

——————–ここからが本題です!!——————–

今日のテーマは、『LCCは本当に安いのか??』です(^_^)★

Facebookで繋がっている方々は知っていますが、
数日前、大阪伊丹空港に行っていました。

そこで、ある悲しい出来事があり、
空港のロビーで2時間立ちすくしてしまったのですが、、、、(笑)

実は、9月27日(火)から30日(金)まで、
『石垣島』に少しばかりのバカンスに行く予定でした。

特にここ最近は忙しくさせて頂き、
2か月ほどまったく休みなく働かせて頂いてたので、
『自分へのご褒美』と『束の間の休息』のためです。

なぜ『石垣島』かと言うと、
『マリンスポーツ』には残念ながらそれほど興味なく(笑)、
高校時代からの友人が移住し始めたからです(^_^)

『同志社大学法学部』→『某みずほ銀行』というエリート街道から、
次のキャリアを『NSC:吉本興業養成所』と踏み外し(笑)、
大阪での経験を活かして、現在『石垣島』で飲食店をしています★

いや、どんな人生やねん(笑)

その変わった彼に会うべく、
2か月以上前から計画していたのですが、、、、

大型台風『17号』の直撃であえなく撃沈。。。。

先週『台風16号』が無事通過していけると思ったのですが、
いつの間にやら『17号』が発生して行く手を阻みました(>_<)

前日まで渡航予定だった『那覇→石垣便』が運休になり、
それを出発20分前の保安検査場で知る。

その後、2時間腰が抜けてロビーに座り込む状況だったのです(笑)

ここから本題にも入っていきますが、
今回、初めて『LCC』なるものを利用しようと試みました。

まあ、何事も経験ですからね★
経験せずに『あれは良くない』というのも何なので(^_^)

2か月前予約時点で、片道ずつ購入し、
『往路:約10,000円』『復路:15,000円』。

事務手数料含めても、『合計25,000円』ほどで石垣島往復が出来たわけです。

ちなみに、大手航空会社で正規料金で行く場合、
相場は『約80,000円』オーバーになります。

これだけ聞いたら、『お得感』ありますよね(^_^)

でも、そうは問屋が卸しません(笑)

そもそも、航空チケットを正規料金で買う場合は少ない。

今回の場合も、僕が石垣島行きを決定した2か月前時点では、
『早得割引』みたいなやつで『4万円オーバー』ほどで行けました。

つまり、今回僕が手配した『某Peach』の航空チケットは、
大手航空会社のものと比較して『約40%OFF』だった訳です。

僕は、2か月前の時点で、
『40%OFFで石垣島に行く権利』を手に入れました。

これは、無事渡航できたら大きな『リターン』です★

じゃあ、その『リターン』を手にするために、
僕が受け入れた『リスク』は何か??

それは、飛ばなかった際の『追加料金負担』というリスクです。

実際、今回の場合、
前日時点で関空からの石垣島直行便は欠航が決まったのですが、
これに対する『LCC』の対応は、『欠航便の料金払戻し』のみ。

要は、『復路』を利用しない場合は、
それは『自己都合』となり払戻しはされない訳です。

僕も2ヶ月前から予定してたので、
何とか石垣島にいく方法を思案します。

結果、前日深夜に『ANA』を有り得ない正規料金で予約する羽目に。
実に、片道だけで『43,700円』です。いや、高っ!!(笑)

しかし、その意を決して取得した予約も、
伊丹空港で結局運行を知らされる羽目に。

翌日も既に予約は満席で、
その翌日なら空いてましたが、それでは石垣島トンボ返りです。

ここで、ようやく今回の旅の中止を決定しました。。。。

『那覇→石垣便』が欠航になったため、
『ANA』は全行程の料金を手数料無しで返金処理してくれました。

とても有難い対応ですが、
大手航空会社としては当然の対応とも言えます。

対して、僕は『Peach』の往路分の料金は払い戻されたものの、
『復路分』は『自己都合』としてみすみす捨てることになりました。

今回の件での『リスクプレミア』は『15,000円』です。
*厳密には違うけど、それは明日のブログで解説します。

ちなみに、気になったので嫁に調べてもらいましたが、
『大手航空会社』の場合、自社の利用で『往路欠航』の場合の払戻しはもちろん、
他社利用での『往路欠航』の場合でも、その証明書を提出すれば『復路分』も返金されるようです。

また、『早得割引』等で購入しているチケットでも、
該当便が欠航になった場合は、そのまま次の便以降に振り替え可能。

例え、その便が飛ばなかったとしても、
あらゆる事態を想定してバックアップ体制を整えています。

それに対して、『LCC』は『順当に飛ぶ』ことが大前提であり、
その他の状況に対してまったくバックアップはありません。

その多大なる(僕にはそう感じる)『リスク』を背負い込む代わりに、
幾分か料金を低くしているのが『LCC』だと体感出来ました。

『投資』の世界でも、
『リスク』と『リターン』のバランスというものがあります。

『リスク』が高いにも関わらず、
『リターン』が低いものには誰も投資しません。

また、

『リスク』が低くて『リターン』が高いものなど、
この世には存在しないと考えます(^_^)

じゃあ、『LCC』の『リスク・リターン』のバランスは適切だったのか??

僕は、そうは感じません。

『ものは経験』とは言うものの、
明らかに『リスク』が高すぎるものに投資してしまったなと(笑)

その辺、適正基準は明日のブログで書きますね(^_^)

今後、『LCC』を利用することは生涯ないと思います。
と言うか、今回も正確には利用してませんが(笑)

自分の体験として、良い経験をさせて頂きました(^_^)★

★無料プレゼント★
『資産形成を考える不滅の真理』PDFです(^_^)

★公式サイトよりご登録ください↓★
http://michiamokota0421.com/present-pdf/

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile