【書籍100日チャレンジ:アクティブ運用は悪なのか??】

【書籍100日チャレンジ:アクティブ運用は悪なのか??】

 

 

『100日チャレンジ:31日目』★

 

 

2017725日の『Amazonランキング第1位』を目指して、

日々、情報発信を続けていくのがこの企画です(^_^)

 

 

今日のテーマは、『アクティブ運用は悪なのか??』です。

 

 

『投資』『資産形成』の世界で、

以前から延々と議論されているテーマがあります。

 

 

それは、

 

 

『アクティブ運用が得なのか??』

 

 

『パッシブ運用が得なのか??』

 

 

もしかしたら、

皆さん、一度は耳のされた事があるかも知れませんね(^_^)

 

 

それぞれを極シンプルに説明すると、

 

 

『アクティブ運用』というのは、

市場の『歪み』を見つけて投資する積極運用で、

市場平均を超える高いリターンを追求するものです。

 

 

その反対に、

 

 

『パッシブ運用』は、

『市場平均』レベルを目標リターンに設定し、

よりディフェンシブに運用していくパターン。

 

 

前者は昔から多くの方々が追い求めて来たもので、

後者は、ここ数十年の間に支持を伸ばして来た考え方ですね。

 

 

『パッシブ運用』では商品的にも進歩が目覚ましく、

最近では、様々な指数連動型ETFなんかも存在しています。

 

 

世界市場平均約9割をカバーする商品なども出現し、

このような投資スタイルは、一昔前なら、

プライベートバンクでも出来なかった代物です。

 

 

指数連動型商品・ファンドの良い点は、

優秀なファンドマネージャー等を雇う必要もない為、

圧倒的に『コスト』を抑えられる事が挙げられます。

 

 

それに対して、

 

 

維持管理にコストがかかる『アクティブ運用』は、

昨今の『市場平均を上回るファンドがない!』理論を背景に、

どんどん肩身が狭くなっているように感じます。

 

 

それを証明するかのような情報も日々出ていて、

最近でも、次のような報道が出ていました。

 

 

『積立NISA 金融庁がアクティブ運用にダメ出しの理由』

 

 

世間の方々がどれだけ認識されているか疑問ですが、

来年2018年から『積立NISA』がスタートします。

 

 

通常版の『日本版ISA:NISA』、『ジュニアNISA』に続いて、

『NISA』シリーズ最終章として登場してくる制度です。

 

 

前述2つに反応しなかった世代、

まさに20代、30代の『私たちの世代』の方々の資金を、

株式市場により多く流入させるために行う施策です。

 

 

『ドル・コスト平均法』を用いて、

長期投資で資産形成していく仕組みですかね。

 

 

その投資信託の選択肢として、

『アクティブファンド』が極端に少なくなっています。

 

 

『パッシブ運用』のインデックス投信は、

基準となるハードルも低く、選択肢に含まれる数も多いのに対して、

 

 

『アクティブ運用』のファンドに関しては、

『積立NISA』の選択ファンドには僅か『6本』しか含まれません。

 

 

その理由は基準の厳しさで、

 

 

・運用期間5年以上。

 

 

・運用期間内3分の2以上で資金流入。

 

 

・純資産残高50億円以上。

 

 

・販売手数料が無料。

 

 

・信託報酬上限(国内:1%、海外:1.5%)がある。

 

 

 

等々の条件を満たものを選ぶと、

『6本』のファンドしか残らなかったというものです。

 

 

ここまで劣勢を強いられる『アクティブ運用』ですが、

果たして、本当にこれらは『悪』なのでしょうか??

 

 

実は、そうとも言い切れません。

 

 

仮に、世の中から『アクティブ運用』が無くなれば、

市場の『調整機能』も同時に失われてしまいます。

 

 

金融インフラが十分整っていなかった時代のように、

市場の大きな『歪み』も調整されず、しばらく残っていることになる。

 

 

そうなってくると『市場平均』等の指数は、

それを正しく反映するようにはならず、

 

 

『インデックス投資』ばかり行う投資家が溢れれば、

『インデックス』そのものの正当性が失われるジレンマに陥ります。

 

 

何が言いたいかというと、

『アクティブ』『パッシブ』結局どちらも重要ということ。

 

 

あなたの『ファイナンシャルゴール』を明確にして、

その達成に向けてバランスを取りながら、

資産形成に取り組むのが良いと思います。

 

 

まだまだ『金融リテラシー』が低い日本ですが、

少しでも多くの方々が、『お金』に興味を持ってくれたら幸いです。

 

 

『お金持になるファーストステップ』が、

その『きっかけ』になれば、これほど嬉しいことはありません(^_^)★

 

 

皆さんに、ご協力頂きたい事があります。

 

 

①この記事をFacebookLINE等でシェアしてください。

 

 

②まだご覧頂いてない方は、購入し、早期読破してください。

 

*FBコメント欄に書籍紹介サイトリンクがあります(^_^)

*公式サイト・アメブロには記事横に書籍紹介リンク有り。

 

 

③リアルな関係の方々に、私の書籍をご紹介ください。

 

 

以上です!

 

 

皆さんのご都合が良いポイントだけで結構です。

 

 

お一人お一人のご支援・ご協力が、

本当に私の励みになりますし、合わさると『大きな力』に変わります(^_^)

 

 

今後も活動を継続していくので、応援のほどお願い致します(^o^)!

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile