【書籍100日チャレンジ:昨今の香港口座開設事情】

【書籍100日チャレンジ:昨今の香港口座開設事情】

 

 

『100日チャレンジ:66日目』★

 

 

2017725日の『Amazonランキング第1位』を目指して、

日々、情報発信を続けていくのがこの企画です(^_^)

 

 

今日のテーマは、『昨今の香港口座開設事情』です。

 

 

*今日の記事は私の個人的見解を述べたもので、

 香港での金融機関口座開設を勧めるものではありません。

 

 

*資産形成に限らず全ての物事において共通しますが、

 自身の行動の最終判断は、ご自身の決断で行ってください。

 

 

先日から、クライアントの方々と香港に来ている話をしていました。

 

 

その目的を述べる事は決してしませんが、

今日は、全く関係のない話をしてみようと思います。

 

 

香港の金融機関における、昨今の口座開設事情です。

 

 

HSBC香港、スタンダード・チャータード、バンク・オブ・チャイナetc.

 

 

一昔前であれば、これらの世界トップクラスの金融機関に、

香港非居住の日本人が口座開設するのも、それほど難易度が高くなかったかも知れません。

 

 

日本の大手旅行会社が口座開設ツアーを企画してしまうくらい、

その開設の容易な時代が、過去には確実にありました。

 

 

*さすがに、これは金融庁からお叱りを受けたようですが。

 

 

『私は、特別なことをやっている!』という高揚感も手伝って、

全容を理解しないまま、口座開設した方々もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

こういった方々は口座開設の重要性・必要性をしっかり理解していないので、

その後の活用はほとんど出来ず、『放置→口座凍結』の道筋を辿った方も多くいらっしゃいます。

 

 

現在、HSBCに数十万単位であると言われている日本人個人口座は、

そのうち約3割ほどが『休眠』してしまっていると推計されるほどです。

 

 

このような流れは、受け入れる金融機関としても望ましくなく、

たかだか数十万円〜100万円程度のお金を預け入れて、

投資信託等の購入もせず、口座凍結されては手間ばかり増えてしまいます。

 

 

もちろん、

 

 

口座開設した行員の責任追及もゼロではなく、

『訳のわからない口座』を多く開設させた行員は、

銀行内では次第に肩身が狭くなっていくでしょう。

 

 

結果、

 

 

香港非居住で、必要性をあまり理解できていない方々に対しては、

(*開設後も、少なからずサポートを必要とするという意。)

必然的に口座開設の難易度は厳しくなって来ました。

 

 

事実、現在では都市伝説のように、

次のような言葉も言われていますよね。

 

 

『香港での口座開設は、もう、非居住の日本人には無理。』

 

 

確かに、

 

 

香港の金融機関のカウンターに座って暫く景色を眺めていると、

数年前に多数見かけていたような、

『口座開設のみ』をビジネスにしているような業者の姿は見えなくなりました。

 

 

そういった業者の中には、

 

 

『海外投資』などは全く活用することなく、

顧客に対して『口座開設』のみを実行させて、

数十万円単位の高額フィーを請求をしていた業者もいたと聞きます。

 

 

しかし、

 

 

『1口座開設:数万円』程度のフィーで対応する大半の業者にとっては、

『口座開設ビジネス』は、全く割の合わないビジネスになってしまいました。

 

 

・まず、そもそもの口座開設の成功率。

 

 

・開設後のATMカード、インターネットバンク、セキュリティデバイスの有効化サポート。

 

 

・海外ATMでの引出し制限解除等の有効化。

 

 

・必要に応じてのダウングレード手続き。

 

 

などなど。

 

 

これに開設後のネットバンキングの操作手解きまで含めると、

『費用対効果』としては、本当に割の合わないビジネスです。

 

 

また、

 

 

そもそもの口座開設の成功率に直結するのは、

現地金融機関とのサポート業者の親交の深さに加えて、

現地サポート要員個々のコネクションに他なりません。

 

 

特に、

 

 

後者は、現地スタッフは仕事が無い時でも現場に足を運び、

当該金融機関との間に信頼関係を築き、

急なレギュレーションの変更等も情報が入る関係を作っておく必要があります。

 

 

このような地道な活動を継続している業者のみ、

現在、香港非居住者に対しても、成功率高く口座開設をさせることが出来ている訳です。

 

 

これらの話を総合的に考えると、

 

 

仮に、皆さんが何かしらの理由で香港に口座開設したいと思った時、

もしも『口座開設費用:数万円』のサポート費用を求められたとしても、

その対価としては妥当なのでは無いでしょうか??

 

 

私の個人的見解で言うと、

 

 

逆に、ここのサポート費用が低過ぎるのは、

少し不自然な感覚を抱いてしまいます。

 

 

数十万円単位のサポート費用を支払う事は無いですが、

『安価』もしくは限りなく『free:無料』に近くなれば、

その後ろに何かあると思って問題ないでしょう。

 

 

何にせよ、

 

 

海外投資を活用した『資産形成』では、

その道の信頼おける『人脈』『コネクション』がものを言います。

 

 

もし皆さんが『海外投資』というものに出会ったら、

まず、目の前の方が信用に足る人物かどうかを見極め、

そうであれば勇気を持って進んでみるのも良いかも知れません(^_^)

 

 

日本全体を見渡しても、

余裕で『1%未満』の方々しか知らない情報です。

 

 

『99%』の方々は、その存在すら知らずに一生を終えていきます。

 

 

そして、

 

 

いつの時代も、あらゆる物事で、

『正しい選択』をしているのは、圧倒的に『少数派』の人達です。

 

 

東京大学・京都大学の入学試験に合格するのは、

『人と違った答え=正解』を回答用紙に書いた『少数派』の方々です。

 

 

『間違った答え』の多数決に左右される事なく、

皆さんが、きちんと自身の頭で考えて、『正解』を選択されていくことを願います。

 

 

正しい選択をする為の『最初のきっかけ』として、

私の著書を、一度ご覧頂けたら幸いです(^_^)★

 

 

『お金持になるファーストステップ

 -20代から始める、40歳セミリタイアライフプラン-』

 

 

■書籍ご紹介リンクはこちらをクリック■

 

 

『資産形成』にご興味を持たれた方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』にお越し頂けたら幸いです(^_^)★

 

 

■プライベートセッションご案内はこちらをクリック■

 

 

 

それでも、『いきなり個人セッションも勇気がない』という方もいらっしゃると思います。

 

 

その場合、

 

 

『資産形成』のスタートアップに最適なセミナーを、

6月26日(月)19:30より大阪・梅田で開催します。

ぜひ、こちらを有効活用頂けたら幸いです(^_^)★

 

 

■6月26日(月)開催!将来のお金の不安が消えるセミナーin大阪・梅田:詳細はこちらをクリック■

 

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

本当に人生は好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております(^_^)★

 

 

『書籍100日チャレンジ』に関しても、

皆さんに、ご協力頂きたい事があります。

 

 

①この記事をFacebookLINE等でシェアしてください。

 

 

②まだご覧頂いてない方は、購入し、早期読破してください。

 

*FBコメント欄に書籍紹介サイトリンクがあります(^_^)

*公式サイト・アメブロには記事横に書籍紹介リンク有り。

 

 

③リアルな関係の方々に、私の書籍をご紹介ください。

 

 

以上です!

 

 

皆さんのご都合が良いポイントだけで結構です。

 

 

お一人お一人のご支援・ご協力が、

本当に私の励みになりますし、合わさると『大きな力』に変わります(^_^)

 

 

今後も活動を継続していくので、応援のほどお願い致します(^o^)!

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile