【書籍100日チャレンジ:最も煽りを受けている業界】

【書籍100日チャレンジ:最も煽りを受けている業界】

 

 

『100日チャレンジ:30日目』★

 

 

2017725日の『Amazonランキング第1位』を目指して、

日々、情報発信を続けていくのがこの企画です(^_^)

 

 

今日のテーマは、『最も煽りを受けている業界』です。

 

 

昨日の公式サイトブログでは、

『市場原理が働かなくなった国・日本』という記事を書きました。

 

 

実質の『財政ファイナンス』という、

経済における『禁じ手』を使っている日本では、

『債権』の長期金利でさえ0%にへばりついている状況です。

 

 

これは、『個人レベル』や『当事者意識』で考えたら異常事態で、

 

 

最も信用の置ける(とされている)国に『お金』を貸して、

10年後に『金利も何も付かない金額』を払い戻される計算です。

 

 

友人に『100万円』を貸して、

10年後に『100万円』返してもらってあなたは納得しますか??

 

 

*因みに、私は『友達』は今後もずっと『友達』でいる為にも、

 絶対に『お金』を貸すことはありませんが(^_^)

 

 

*それ以外の方々には、『言わずもがな』です。

 

 

話を元に戻すと、

債権の『長期金利』がほぼ0%にへばりついているこの国で、

最も『煽り』を受けている業界があります。

 

 

皆さんもご存知の通り、『金融機関』がそうですね。

 

 

銀行などの預金金利は、

これまでの『雀の涙』が、更なる『雀の涙』になってしまいました。

 

 

仮に、

 

 

あなたの預金口座に『1000万円』が入っていても、

今の預金金利なら、税金天引き後で1回当たり数十円程度の利息しかつきません。

 

 

実は、これはまだマシと言える状況かも知れなくて、

その内、『口座維持費』などの名目で手数料を徴収される可能性もあります。

 

 

ちょうど先日、

 

 

大手メガバンクの決算状況の発表もありましたが、

各社ともかなり収益性を落としている発表だったので、

決して、有り得ない話では決してないと思います。

 

 

銀行などの金融機関に負けず劣らず、

『保険』業界も大きな影響を受けています。

 

 

各社とも、日本で営業許可を取る以上、

『暗黙の了解』で国債引き受けは決定しています。

 

 

内資系保険会社なら少なくとも4割以上は。

企業によっては、9割国債運用の内資系保険会社も有ります。

 

 

これまで『安全資産』として保険運用では優遇された国債も、

昨今の状況では、『重荷』にしかなっていません。

 

 

『運用』というのは、

『お金』が増えるから『運用』と言える訳です。

 

 

もしもこれが増えなければ、

 

 

顧客からの預り資産から事業コストを差し引いて、

受け取っている保険料を目減りさせて返戻(へんれい)することになります。

 

 

この状況であれば、

 

 

家の『タンス預金』の方が資産管理は有効ですが、

思考停止してしまった日本国民は、それでも『保険』を掛け続けています。

 

 

しかし、

 

 

流石にこの状況はまずいと思ったのか、

やっと保険業界もこの部分に『テコ入れ』を始めました。

 

 

超低金利の『日本国債』依存をやめ、

リスクをとってリターンを狙う、外債投資をスタートしたのです。

 

 

先日、

 

 

某日本生命がチリ国立銀行が発行する、

『豪ドル建てウーマンボンド債権』を購入したと発表がありました。

 

 

もちろん『為替リスク』も伴ってくる為、

現在、豪ドル建ての商品に限ってこの債権を活用するようです。

 

 

しかし、

 

 

何度かデフォルトした国・チリの銀行が発行する債権を、

ローカル通貨でボラティリティの高い『豪ドル』建で買うというのは、

かなりの『リスク』と捉えるのは私だけなのでしょうか??

 

 

かと言って、

 

 

国内債券は何度も言うように使い物にならないので、

『やむ無し』として、リスクを引き受けるしか無いようです。

 

 

じゃあ、本当に『資産形成』において、

このような『ギャンブル』しないといけないかと言うと、

決してそんな訳はありません。

 

 

私自身、もっと『リスク』をコントロールしつつ、

『リターン』はこれよりもしっかり享受していますね(^_^)

 

 

何故、そんなことが出来るかと言うと、

思考停止にならず、主導権を放棄することなく、

自ら手綱を握って『資産形成』しているからです。

 

 

これまでの情報発信においても、

再三再四、お伝えさせて頂いたことですね(^_^)

 

 

皆さん、これからの時代は、

『資産形成』は自分で行っていく時代です。

 

 

まず、自分の人生の責任を取ることから始めて、

覚悟を決めて、勉強・行動をスタートしてみてください。

 

 

私の著書『お金持ちになるファーストステップ』が、

その最初の『きっかけ』になれば本当に幸いです(^_^)★

 

 

皆さんに、ご協力頂きたい事があります。

 

 

①この記事をFacebookLINE等でシェアしてください。

 

 

②まだご覧頂いてない方は、購入し、早期読破してください。

 

*FBコメント欄に書籍紹介サイトリンクがあります(^_^)

*公式サイト・アメブロには記事横に書籍紹介リンク有り。

 

 

③リアルな関係の方々に、私の書籍をご紹介ください。

 

 

以上です!

 

 

皆さんのご都合が良いポイントだけで結構です。

 

 

お一人お一人のご支援・ご協力が、

本当に私の励みになりますし、合わさると『大きな力』に変わります(^_^)

 

 

今後も活動を継続していくので、応援のほどお願い致します(^o^)!

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile