あなたは、『まさか』に対する準備が出来ていますか??

今日のテーマは、『あなたは、まさかに対する準備が出来ていますか??』です。

 

 

どこにいても、今は『コロナ一色』といった状況ですね。

 

 

BBCオンラインの人気ニュースランキングも、

遂に、トップ10全てが『コロナ』に関連するものに占拠されました。

 

 

また、

 

 

『米国』における累計感染者は、遂に『10万人』を突破して、

震源地となった本国・中国のそれを、あっさり抜き去っています。

 

 

更に、

 

 

同じく、感染者増加に歯止めが掛からない状況に陥る『イタリア』では、

1日内の死者が『1000人』に迫り、危機感を増して来ていますね。

 

 

そこまで遠い話を持ち出さなくても、

 

 

私たちが居住する『日本』においては、東京・神奈川をはじめとする、

『首都圏』エリアでの新規感染者が、ここに来て、異例の急増を見せます。

 

 

『東京五輪』が正式に延期決定されたことで、

『緊張感』が切れてしまったのでしょうか??

 

 

私が活動拠点とする『大阪』『神戸』といったエリアも、

この週末は、不要不急の外出に関しては『自粛要請』が出されている有様です。

 

 

今、

 

 

神戸・三ノ宮の某世界的コーヒーチェーン店で記事を書き進めていますが、

いつもは人がごった返す店内も、空席が目立ち、快適空間が確保できています。

 

 

『短期的視点』で見れば、仕事がはかどるので良いことですが、

『長期的視点』で見れば、『日本経済』全体が停滞するので好ましくないです。

 

 

当初、

 

 

一時的なものにとどまると想定された『新型ウイルス』の世界的流行も、

『実体経済』に甚大被害を及ぼし、遂に『サブプライム越え』するまでになりました。

 

 

私自身、

 

 

『井上耕太事務所』を2015年に開業して、独立を果たしましたが、

ここまで大きな『経済危機』を体験するのは、『6年目』のシーズンにして初めてです。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

昨日、事務所が入居するビルで『小火騒ぎ』があった事をお伝えしましたが、

それと同様に、今回の経済危機も『まさか』と感じるイベントとなりました。

 

 

直近1年間、

 

 

『実体経済』と乖離して、世界的に『高値圏』を推移する株式市場について、

『バブル』を形成しているとの警鐘は、繰り返し、鳴らし続けて来ました。

 

 

しかし、

 

 

その警鐘を鳴らしていた本人(私)でさえ、

今回のリセッション(景気後退)の『トリガー(引き金)』が、

まさか『新型ウイルス』によりもたらされると予想しなかった。

 

 

もしかしたら、

 

 

『人間』により、作為的に世界拡散されたのかも知れませんが、

その後の『経済封鎖能力』も含めて、想像していた以上の威力でしたね。

 

 

本当に、『えげつない』の一言です。

 

 

幸か不幸か、来月には自身3度目の『年男』を迎えて、36歳になりますが、

年齢を積み重ねると、『まさか』と考えていた事を少しずつ経験し始めます。

 

 

それは、

 

 

仕事上の事も、プライベートな事も両方含まれますが、

今回の『コロナ騒動』も、間違いなく、その1つとして数えられますね。

 

 

この世界に、間違いなく『まさか』は存在しています。

 

 

私のクライアントさんの中には、

 

 

『経営者』という立場の方々もいらっしゃいますが、

飲食店や販売系事業等、直接的な影響を被る業界は、

売上は『前年比:▲60〜70%』ほどダウンしていると言います。

 

 

流石に、

 

 

『内部留保』が有るので、直ぐさま『廃業』に繋がるわけでは有りませんが、

それでも、『騒動』が長期戦になれば、とても厳しい状況に追い込まれます。

 

 

これは、

 

 

全国的にも同様のようで、ここに来て、民泊を含む『宿泊事業』や、

観光客をメインとしていた『飲食業』の廃業は、急増していると聞きます。

 

 

つい先日まで、

 

 

どちらも『活況』を呈していた業界なので、当事者の方々からすれば、

まさに『青天の霹靂』『まさか』という言葉がぴったりな状況ですね。

 

 

米国・労働省の発表によると、

 

 

先週3月21日までの1週間、『失業保険』の新規申請件数は、

前週の『約12倍』となる『321万3,000件』に急騰しました。

 

 

某調査会社の予測は『週間150万件』でしたので、

全米での解雇・廃業が、予測の『2倍超』のスピードで進んだ計算です。

 

 

約12年前、

 

 

2008年末に露呈した『サブプライム・ショック』の発生時、

1週間ピークとしては『66万件』ですから、その数字の莫大さが理解できますね。

 

 

 

また、

 

 

米投資銀行、ゴールドマン・サックスは、現在『3%台』に留まる失業率が、

今年(2020年)7ー9月期に『9%台』まで高まるとの予測を公表しました。

 

 

昨夜(日本時間3月27)、

 

 

米国では、『2兆ドル(約220兆円)』規模の経済対策法案に対して、

ドナルド・トランプ大統領が署名し、本格的にスタートする事になっています。

 

 

また、

 

 

日本国も、『対GDP比(約10%)』としては米国同等『56兆円』規模の、

緊急経済対策費を計上し、雇用維持、生活支援、資金繰り対策をすると発表しています。

 

 

この状況において、

 

 

私も含めて、地球上に存在する全ての方々にとって、

『コロナ騒動』とは『無縁』という方々は、存在しないと考えます。

 

 

確かに、

 

 

その影響の受け方が『直接的』か『間接的』の違いはあると思いますが、

ここまで『経済活動』が減速すれば、全業界に、必ず影響は及んで来る。

 

 

果たして、

 

 

あたなは、『当事者意識』を持って、報道を受け取れていますか??

 

 

『まさか』と思えるイベントに対して、きちんと準備できているでしょうか??

 

 

あなたが所属する会社が『継続』する保証はどこにも無いし、

企業存続しても、『雇用』が確保される保証も有りません。

 

 

いつもお伝えしている事ですが、『平生』と思える時期から、

『まさか』に備えて、きちんと『経済基盤』を構築することが大切です。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は、神戸・三ノ宮4月23日(木)、大阪・梅田4月24日(金)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年4月23日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年4月24日(金)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile