あなたは、『コートのど真ん中』で稼いでいますか??

今日のテーマは、『あなたは、コートのど真ん中で稼いでいますか??』です。

 

 

遅い時間になったので、さらっと書きます。

 

 

先日、

 

 

アルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれていた『G20財務相・中央銀行総裁会議』は、

『仮想通貨』に対するマネーロンダリング対策を確実にする共同声明を採択し、閉幕されました。

 

 

昨年1年間で『ビットコイン』は年初から『約14倍』、

『イーサリアム』に関しては『約94倍』もの価格上昇が起こり、

世の中に、多くの億万長者(?)を輩出しましたよね。

 

 

確定申告シーズンも終わり、おそらく国税局担当者の方々は、

今年のホット・トピック『仮想通貨長者』のピックアップに励まれている頃だと思います。

 

 

『チューリップ・バブル』宜しく、

『短期間に』『急激な価格上昇』を起こす投機対象は、古くから多くの人々の興味を引いてきました。

 

 

考えてみれば自然な事ですが、どれほど発展している地域であれ、

『年間1000%』を超える経済成長などは存在しないわけで、

それを求める時点で、『ギャンブル』という事は真っ当な方々にはわかります。

 

 

しかし、

 

 

そんな『自然の摂理』なんてものは無視してでも、

『短期間に』『楽して』儲けたいのが、古今東西『人間の本心』であり、

それに惹かれる方々は、とても『素直』と言えなくもないです。

 

 

ただ、

 

 

そのような人間の本能部分に起因するような『動物的欲求』は、

(*恐ろしく分かりやすく、コントロールしやすい為。)

他者から利用されて、『ミイラ取りがミイラになる』事例も散見されます。

 

 

私自身、

 

 

『仮想通貨』は一切保有しておらず、

今後も、『決済手段』としての必要性が出てこない限り、保有する可能性はありません。

 

 

これは、公式ブログを通じても、常々お伝えしている事ですね。

 

 

*以前、『試しに、あげるよ。』と言われた場面がありましたが、

 『不要なモノを持ちたくない』派ですから、無料(?)であれ丁重にお断りしました。

 

 

話をG20の会合に戻すと、各国財務相・中央銀行における判断も、

私が考える方向性で一致しているようで、今回の声明でも次のことが列挙されています。

 

 

『消費者保護、市場の健全性、脱税、資金洗浄、テロ資金供与に関する問題を提起する。』

 

 

この一文だけ見ても、あまり好意的ではないことが伺い知れますよね。

 

 

加えて、

 

 

『法定通貨の主要な特性を欠いている』とも指摘し、

あくまで『現時点では』という枕詞が付きますが、ネガティブに捉えられているようです。

 

 

*ちなみに、『仮想通貨』という言葉は用いられず、『暗号資産』と表現されています。

 

 

犯罪などに関与する『マネーロンダリング(資金洗浄)』対策について、

議論は次回に持ち越されましたが、今後厳格化の動きは避けられないでしょう。

 

 

『仮想通貨』そのものの取引や『新規仮想通貨公開(ICO)』を、

国・経済地域単位で規制する動きも、次第に強まって来ましたよね。

 

 

これに関しては、

 

 

『仮想通貨』自体が諸悪の根源ではないのでしょうが、

玉石混交の現時点では、全体的な規制をしなければ投資家を守れないというのが本音です。

 

 

その他、

 

 

今年(2018年)1月からはFacebook社は関連広告を停止し、

その動きは今後、Google、Twitter等にも広がっていく模様です。

 

 

これらネガティブな動きを反映してか、

 

 

昨年末2万ドルに迫っていた代表通貨『ビットコイン』の価格も、

現在では、『約6割』の価値(元々有った?)が飛んだ状況です。

 

 

さらに、

 

 

SNS等で頻繁に発信されている『億り人』報道が事実であれば、

『総合課税』が原則の仮想通貨では、相当金額の税金を収める必要がります。

 

 

ご存知の通り、累進課税制度が適応されますので、

本当に『億』単位の利益が出ているのであれば、

微々たる控除額を引いても、所得税の実効税率は『約45%』。

 

 

これに、来年度は『住民税(10%)』も加算されて来ますから、

実質、儲けに対して『55%』ほどの税金を収める計算になります。

 

 

この事態に対応する為、

世間では『飛ばし(利益を消す操作)』をしている方々もいるようですね。

 

 

先日、その1つの方法を教えていただきましたが、

正直、スキームが単純すぎて、21世紀である2018年には活用不能と考えました。

 

 

私がまだ子供だった頃、当時、自民党副総裁だった金丸信氏が、

『ワリコー(割引金融債)』の匿名性を利用した『所得隠し』を行い、大問題になりました。

 

 

流石に、

 

 

『所得隠ししてください!』と言わんばかりのこの金融商品はなくなりましたが、

仮想通貨市場での脱税スキームも、その域を超えるものではない印象を持っています。

 

 

公式ブログのコア読者の方々はお気づきかも知れませんが、

私は、『仮想通貨』を活用した『資産形成』については、ネガティブです。

 

 

それを『資産』と評価して、保有するには時期尚早に思い、

その前に、順当な『既存通貨』での資産形成を考える方が先決だと思うからです。

 

 

加えて、

 

 

そこで得た利益を、脱税スキームにより飛ばすのも否定的で、

そういった小細工は、近い将来、暴かれてしまうことでしょう。

 

 

ウォーレンバフェットが残した言葉に、次のようなフレーズがあります。

 

 

『コートのど真ん中で堂々と大金を稼げるのに、

 コートの隅っこで、こっそり小金をくすねる必要はない。』

 

 

『資産形成』は正攻法で、着実に、地道に積み上げていくのが最も強いと考えます。

 

 

『正攻法で、着実な資産形成をスタートしたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は4月24日(火)19:30スタートにて大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年4月24日(火)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

>>>>セミナーご案内ページはこちらをクリックください<<<<

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile