あなたは、『人生100年時代』を素直に喜べますか??

今日のテーマは、『あなたは、人生100年時代を素直に喜べますか??』です。

 

 

先日、

 

 

私が子供の頃から続く某情報番組の録画を見ると、

秦時代の『始皇帝』のテーマが取り上げられていました。

 

 

歴史に造詣がない人でも、必ず一度は聞いたことある名前ですよね。

 

 

戦乱続く当時の中国、7つの国を統一し、

歴史上初めて、『秦王朝』として統治することが出来た人物です。

 

 

日本の社会科教科書においては、

『武力統治』というイメージが植え付けられているかも知れません。

 

 

享年45サイト、現代で考えれば若くして亡くなりましたが、

その『短期間』で大仕事を成し遂げた彼の人生は、想像を絶する激動だったと推測します。

 

 

全く知らなかったのですが、

 

 

中国内陸の都市・西安に彼の亡骸は埋葬されており、

栄華を極めた彼の墓は、世界遺産に登録されるほど壮大且つ広大な規模を誇ります。

 

 

それで、

 

 

約45年前に発見された遺跡では、

『兵馬俑』と呼ばれる、精巧に造られた人形が多数出土しており、

始皇帝は、それにより当時の秦王朝を表現したと言われています。

 

 

これだけで、

 

 

相当数の人間、時間、労力、お金がかかった事が分かりますが、

驚くべきは、それも『始皇帝』を祀る宝飾品の一部という位置付けという事。

 

 

実際に、

 

 

インターネット等で画像検索して頂けたら分かりますが、

大規模な体育館程の施設の中に整然と並ぶ『兵馬俑』が、

言わば『おまけ』とは、始皇帝の権力の絶大さが垣間見えます。

 

 

このように、

 

 

自身の亡骸を壮大に奉った『始皇帝』ですが、

この時代の権力者共通の願いとしては、『不老不死』があった事は間違い有りません。

 

 

彼にとって、

 

 

本当に望むものは『永遠の命』であり、

当時から考えると、現在言われている『人生100年時代』は、

『永遠』では無いものの、感覚的に近付いている事は確かです。

 

 

2019年現在の世界に、もしも『始皇帝』が生きていたとしたら、

権力をより長く行使出来た彼は、『狂喜乱舞』していた事でしょう。

 

 

よく言われる事ですが、

 

 

日常生活の様々な面で、私たち日本人の多くは、

歴史上のあらゆる王族・貴族より便利で快適、衛生的な生活をしています。

 

 

その上、

 

 

前述のように『人生100年』という途方もない時間生きれますから、

数百年、1000年、2000年前の彼らからしたら、夢の世界を生きている事になるのです。

 

 

『しかし』、という話です(笑)

 

 

『人生100年時代』を、私たちは素直に喜ぶことが出来るのでしょうか??

 

 

確かに、

 

 

前述させて頂いた通り、当時の王族・貴族の生活と比較しても、

現代日本人のそれは『物質』『水準』共に豊かである事は確かです。

 

 

しかし、

 

 

世界トップレベルの経済大国まで上り詰めたこの国は、

昨日の公式ブログでもご紹介させて頂いた通り、『破綻』に向かって進み続けています。

 

 

例えば、

 

 

人口ピラミッドの歪化から『社会保障(年金・健康保険)システム』は崩壊し、

今後10年、20年通して『持続可能』であると考える人は殆ど存在しません。

 

 

『古き良き時代』は既に過ぎ去り、

 

 

会社員として『真面目に』『長期間』働き続けたとしても、

それが『経済的リターン』として返って来るかと言えば、甚だ疑問です。

 

 

むしろ、『否』という方がリアリティー有りますよね。

 

 

かと言って、

 

 

国家・会社が準備してくれていた既存の『保障』に依存せずに、

自らリタイア後の『資産形成』をしているかと言うと、そういう方々も『少数派』。

 

 

大多数は、

 

 

『生きている間、可能な限りは働き続ける!』という戦略を取っており、

『雇用確保』『能力・健康維持』の観点で考えると、正に『綱渡り』という状況です。

 

 

更に、

 

 

最近では(依存した人生を送る方々に)悲しい報道も出て来ていて、

各自治体が『長寿』の方々に記念として出していた『お祝い金』が、

全国的に軒並み『減額』『打切り』に追いやられています。

 

 

某全国紙の報道では、

 

 

『茨城県行方市』は、市内在住者を対象にこれまで行って来た、

『88歳(米寿)』の祝い金を、これまでの『1万円』から半減する事を決めました。

 

 

この制度は、

 

 

2006年に条例化してスタートしたものですが、

当初2006年度に『141人』だった『88歳(米寿)』の市民は、

昨年2018年度は『303人』と倍増するまでに増加しています。

 

 

更に、

 

 

2035年には『団塊の世代』も大量にこの節目を迎える事も有り、

今後、お祝い金の『制度そのもの』の存続すら、危ぶまれています。

 

 

今後の流れとしては、

 

 

『健康保険』に関しても適応の幅が狭まり、加えて負担が増加し、

『年金』についても、現行の支給額から、年々減少の一途を辿る。

 

 

その上、

 

 

行政からの『お祝い金(気持ち)』まで減額・制度打切りとなれば、

『踏んだり蹴ったり』の状況と言えますよね。

 

 

『人生100年時代』

 

 

人類数千年の歴史から考えれば、平均値としての寿命は驚異的に伸び、

過去において、王族・貴族すら手に入れられなかったものが得られる時代になりました。

 

 

しかし、

 

 

いくら単純に『寿命』が伸びたとしても、

『健康』に加えて、『経済的基盤』が保たれてなければ意味がありません。

 

 

タイトルの質問です。

 

 

あなたは、『人生100年時代』を素直に喜べますか??

 

 

『人生100年時代』を生き抜く事が出来る、

『経済的基盤』をきちんと築いているでしょうか??

 

 

『長く生きる事』が、単純に喜べない時代がこれからやって来ます。

 

 

多くの方々にとって、『長生き』が『リスク』にならない事を願います。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は神戸・三ノ宮3月25日(月)、大阪・梅田3月27日(水)の日程にて開催します。

 

 

■2019年3月25日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2019年3月27日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile