あなたは、『愚か者に課された税金』を支払っていますか??

今日のテーマは、『あなたは、愚か者に課された税金を支払っていますか??』です。

 

 

『愚か者に課された税金』

 

 

比較的、よく使われる言葉だと認識していますが、

その言葉を聞いて、何のことかパッと理解出来ますか??

 

 

最も典型的なものは、『ギャンブル』ですよね。

 

 

ここでは、

 

 

『非公営』なものについて論じるのはリスキーなのでやめますが(笑)、

『公営』であるギャンブルについても、実情はかなり『非人道的』です。

 

 

例えば、

 

 

最も有名な事例でいえば、『宝くじ』の当選金額の期待値は、

購入した金額に対して『0.5未満(0.4程度)』しか有りません。

 

 

要は、

 

 

仮に、あなたが『1万円』分のそれを購入したと仮定した時、

『お金』を手放した瞬間に、『5000円未満』に減少したと考えられます。

 

 

これが、

 

 

実際の『貨幣』で取引されたら、この馬鹿なオファーに応じる人間は居ませんが、

『宝くじ』という紙切れが媒介する事で、取引希望者が急増するから不思議です。

 

 

どうりで、『宝くじ』の宣伝広告には巨額資金が投入される訳ですね(笑)

 

 

有名芸能人を使い、特に、年末にはテレビCMを大々的に流していますが、

売れば売るだけ『利益』が稼げる、『濡れ手に粟』のぼろ儲け商売です。

 

 

そして、

 

 

この『ドル箱商品』を扱うことのできる『ビジネス』を、

『第一勧銀』から引き続き、政府の息が掛かった『みずほ』独占なのも頷けます。

 

 

こんなもん、『民間』に解放したら、収拾がつかなくなってしまいます(笑)

 

 

最も有名な『宝くじ』が、最も『暴利』を貪るのは皮肉ですが、

他の『公営ギャンブル』は、幾分、良心的(?)な設計です。

 

 

競馬・競輪・競艇等は、

 

 

胴元が徴収する『テラ銭』は、『25%程度』に限定されており、

売上総額の『75%』部分を、当選者に配当で配るシステムです。

 

 

しかし、

 

 

幾分、良心的(?)になったと言えど、期待値『0.75』は良い数字ではなく、

これに興じる方々は、やはり、『経済的合理性』から逸脱していると考えます。

 

 

先ほどの『宝くじ』よりはマシですが、

 

 

やはり、差し出した『1万円』が即座に『7500円』になる訳で、

その取引に応じる方々を、『賢者』と表現することは難しいです。

 

 

そう考えを進めていくと、

 

 

『公営ギャンブル』の中で、『テラ銭』が突出して低いのは『パチンコ』であり、

実に、ビジネスを通して売上総額の『98%』を再分配していることになります。

 

 

前述の競馬・競輪・競艇と比較した際は『10倍超』の手数料の低さ。

 

 

『宝くじ』と比較すると、実に、『30〜60倍』もの良心商売をしていることになります。

 

 

もしかしたら、

 

 

開店の10時前から、パチンコ店前に列をなす方々は、この辺り、

きちんとソロバンを弾いて、『経済的合理性』の元に行動しているのかも知れません。

 

 

、、、、んな訳ないやろ(笑)

 

 

やはり、

 

 

『愚か者に課された税金』を支払い続けている方々は、

その言葉とおり、『愚か者』と表現するのが正しいと考えます。

 

 

しかし、

 

 

その彼ら・彼女らが律儀に支払ってくれる『税金』のお陰で、

私たち『善良な市民』の生活が改善しているというのは、皮肉なことですが(笑)

 

 

普段、

 

 

独立系ファイナンシャル・プランナーとして活動していく中で、

クライアントの皆さんには、『資産形成』のステップを次のようにご紹介しています。

 

 

①自らの『収入』を正しく把握する。

(*可能であれば、増やすことも考える。)

 

 

②『支出』をコントロールする。

 

 

③上記2ステップを繰り返して、『タネ銭(投資の元手)』を作る。

 

 

④その『タネ銭』を、長期視点で『資産形成』に振り分けていく。

 

 

以上です。

 

 

皆さん、理解出来ましたか??

 

 

なるべく、『平易』な日本語で表現したつもりです(笑)

 

 

恐らく、

 

 

上記『4センテンス』を読解できない人はほとんど居ません。

 

 

しかし、

 

 

この『超簡単』なはずの4ステップも、

実社会で『実践』しようと思えば難しく、

事実、社会に『お金持ち』は少数派です。

 

 

まさに、『言うは易し、行うは難し』ですね。

 

 

それで、

 

 

上記4ステップは、どの項目も重要で『不可欠』なのですが、

今日ご紹介している内容は、『ステップ2』に該当しています。

 

 

つまり、『無駄な支出をしない』という事。

 

 

職業柄、

 

 

私の周りには、経済的に『余裕』のある方々が沢山いますが、

皆さん総じて、『支出』に関する場面では、堅いと感じます。

 

 

かく言う私も、

 

 

『保有資産』からすれば、かなり堅実な生活をしていると考えており、

例え『10円程度』の金額であっても、『無駄』なものには使いたく有りません。

 

 

このような話をすると、

 

 

『大きく稼ぐ男は、もっとジャンジャン使うべき』という、

持論を展開する『お馬鹿さん』に遭遇することが稀に有りますが、

その時は、世界一投資家バフェットの話をするようにしています。

 

 

『投資資金として活用する方が有効だと考えた為、

 フォルクス・ワーゲン・ビートルを20年程も愛車とした』という話を。

 

 

最近、

 

 

新たな『愚か者に課される税金』の話題も出始めており、

何かと言うと、今後スタートする『コンビニATM手数料有料化』の動きです。

 

 

冒頭にも出て来た『みずほ』が先陣切りましたが、

 

 

メガバンク系を中心に、回数制限して無料化している『コンビニATM手数料』を、

2020年には、順次『有料化』していく方向で調整に入ったと言われています。

 

 

個人的に、

 

 

『コンビニATM』を利用した記憶が10年以上無いので関係有りませんが、

この『平日:110円』『休日:220円』も『愚者の税金』ですよね。

 

 

『キャッシュレス全盛の時代』ということを差っ引いても、

『お金』を健全な関係性を築いている方が、金融機関に行く頻度は月1、2回です。

 

 

繰り返します。

 

 

『無駄な支出』をしないようにしよう。

 

 

『第2ステップ』を疎かにしている人で、『資産形成』できる人は存在しません。

 

 

『お金持ち』になる為に乗り越えるべきステップは、

決して『特別なもの』ではなく、日常で積み重ねる『小さなもの』なのです。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮1月28日(火)、大阪・梅田1月29日(水)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年1月28日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年1月29日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile