あなたは、『時代の変化』に対応できますか??②

今日のテーマは、『あなたは、時代の変化に対応できますか??②』です。

 

 

昨日の公式ブログでも、

 

 

『あなたは、時代の変化に対応できますか??』と題して、『常識』の概念が、

たかだか、直近『数十年間』程の『共通認識』でしかない事をご紹介しました。

 

 

少し加えると、

 

 

成人してから生涯を全うするまでの期間が『約50年』程度ですから、

その期間を超えてしまうと、『常識』も全く異なるか、場合によっては正反対になる。

 

 

事実、

 

 

20年、30年ほどしか『時間』の隔たりがない『親の世代』とも、

『私たちの世代』は、全く『異なるルール』の社会を生きています。

 

 

その事に、気付いているかどうかです。

 

 

『サイン』は常に、出続けています。

 

 

が、

 

 

世間一般の方々は、大半が『変化したくない』と考えるので、

その『潮流の変化』に全く気が付かないか、気付いていない『フリ』をしています。

 

 

少し厳しい表現をすると、『思考停止』が得意なんですね。

 

 

昨日ご紹介した記事の中では、『雇用』に関する事例を取り上げました。

 

 

人工知能(AI技術)の発達のより、

これまで『機械化』された労働に従事していた方々は、今後、一斉に職を失います。

 

 

残念ながら、

 

 

『機械化された仕事』を、先進国の中でもトップクラスに抱える日本は、

その技術(AI)革新により、今後10年間で、約半数の仕事が無くなると言われます。

 

 

実際に、

 

 

実生活でアンテナを張っていれば、そのような事例は体験的に出会い、

コンビニ等小売店での無人レジ化や、空港での出入国審査無人化がその典型です。

 

 

また、

 

 

昨日取り上げたのは、かつて『一生安泰』の代名詞だった『銀行』においても、

昨今、各社それぞれ『数万人規模』の大規模リストラが流行している事例です。

 

 

それは、

 

 

『国内金融機関』だけに留まる話ではなく、世界共通の流れのようですね。

 

 

にも関わらず、

 

 

未だに、日本においては『人気就職企業ランク・トップ20』に、

『メガバンク』2社の名前がランク・インしてくるという有り様です。

 

 

いや、40歳以上の方々は、『どんどんリストラされているよ??』、と。

 

 

その事実が、世間一般的に公表されているにも関わらず、

『思考回路』を変化させられない事に、悲しさすら感じてしまう時があります。

 

 

それで、

 

 

『時代の変化』に対応出来ていない事例は他にもあって、

先日、少し目を疑ってしまうような、次のような報道が流れていました。

 

 

『2018年、20代、30代の負債残高が過去最高に』

 

 

一体、何が起こっているのでしょうか??

 

 

2002年に政府がスタートした現行調査ですが、昨年2018年には、

若年層での『持ち家志向』が強く、20代、30代の『住宅ローン残高』が過去最高を記録した、と。

 

 

昨今、

 

 

世界的に『超低金利』の時代を迎え、住宅ローン金利も低下し、

その流れを『追い風』として、簡単に『負債』を抱える人が急増していると言うのです。

 

 

昨年2018年、

 

 

世帯主が30代の家計の全負債額は、平均値で『1329万円』と、

調査がスタートした2002年以降、17年間で過去最高値を記録。

 

 

スタート当初2002年時点から比較すると、実に『2倍』近い数字になります。

 

 

また、

 

 

20代(30歳未満)の世帯における全負債額平均値も『675万円』と、

同2002年のデータと比較して、『2.7倍』に高まったことが分かりました。

 

 

確かに、

 

 

前述した『世界的超低金利』時代の到来に加えて、企業の福利厚生、

『社宅・賃貸補助』といった住宅関連支給が減少している事も、一因にあるようです。

 

 

購入者は、

 

 

『現行の賃貸支払額と同じだから』という安易な理由でローンを組み、

『都心部の住宅価格は下がらない』という神話を鵜呑みにし、

ローン完済・定年退職後に、『売却』も視野に入れていると言います。

 

 

いや、、、、完全に、『時代』を超越しています。

 

 

『生きた化石:シーラカンス』ばりの『思考回路』を引きずっている事になる。

 

 

経験者はお分かりでしょうが、

 

 

『住宅ローン保有世帯』は、慢性的につづく『潜在的心理負担』から、

消費傾向・可処分所得とも減少し、『QOL(生活の質)』も低下する事が分かっています。

 

 

それもその筈、

 

 

年収の5倍、6倍、酷い場合は10倍超の『借金』を抱えた状態で、

真の意味で、『安心』して、毎日眠りにつける人はいないでしょう。

 

 

常に、

 

 

『住宅ローン』のことは思考回路の大部分を支配し、それを決断した瞬間、

人生における『自由』『主導権』は、完全に放棄してしまう事になります。

 

 

第一、

 

 

『住宅ローン』を組む方々のほぼ100%が、『終身雇用』を前提にしていますが、

経団連会長や、日本のトップ企業『トヨタ自動車』でさえ、その崩壊を公表しています。

 

 

1つは、定年を迎える時期まで、『会社』が持ち堪えるかどうかの話です。

 

 

2つ目は、『会社』は存在したとしても、『あなた』が雇用してもらえるかの問題です。

 

 

その状況で、

 

 

『今、金利が低いから』『賃貸と支払金額が同じだから』で負債を抱える方々は、

私から見れば、『鳥人間コンテスト』の挑戦者と、まったく判別不能な状況です。

 

 

いや、『鳥人間コンテスト』の挑戦者の方々に失礼ですね。

 

 

彼らの中には、少数ながら、一定数『飛行』する方々がいるので、

そのチームは、緻密な計算のもと、『正当な挑戦』をしています。

 

 

同調査において、

 

 

世帯主が30代である家庭の『平均貯蓄額』は、

『全負債額平均値』の約半分程度にあたる『631万円』。

 

 

普段から、

 

 

『ライフプランニング提案』の個人面談で、多くの方々を見ていますが、

お子さんがいらっしゃる場合、『教育関連費』が増大する今後を考えると、

この『平均貯蓄額』は、なかなかシビア(壊滅的)な数字です。

 

 

先日、

 

 

『老後資産2000万円』と試算した某報告者が話題になりましたが、

正直、『最低基準』と言えるこのハードルも、越えられない方々が続出するでしょう。

 

 

人口減少するこの国で、『住宅』は、完全に供給過多です。

 

 

それは、むしろ『都心部』の方が進んでいるかも知れません。

 

 

ローン完済しても、あなたが30年以上住んだその家を、

『購入したい!』は愚か『住みたい!』という物好きなど、絶対に存在しません。

 

 

30年後には、30年後の『新築』が有りますし、

繰り返しになりますが、現時点で、『住宅』は供給過剰なのです。

 

 

『定期昇給』も無ければ、『終身雇用』も全く確保されていません。

 

 

その状況で、『住宅ローン』を組んでマイホーム購入するという事は、

『時代の変化』に対応出来ていない思考回路・行動の『典型例』です。

 

 

その事をしっかりと理解して頂き、『思考回路』も、

時代の変化毎に『アップ・デート』していって頂けたら幸いです。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮7月29日(月)、大阪・梅田7月30日(火)の日程で開催します。

 

 

■2019年7月29日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年7月30日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile