あなたは、『自分の頭』で判断・決断することが出来ますか??

今日のテーマは、『あなたは、自分の頭で判断・決断することが出来ますか??』です。

 

 

ちょうど1年前、

 

 

昨年(2019年)のこの時期は、

新元号『令和』への移行に伴って、

史上初の『公休10連休』が話題になっていましたよね。

 

 

この時も、

 

 

一時的に、日本全国『大型連休』を迎えた訳ですが、

まさか、1年後、このような状況になっているとは、

誰も、想像すらしていませんでした。

 

 

 

今年(2020年)は、

 

 

カレンダーの巡りという観点では『5連休』が通常ですが、

飛び石となる『平日』もすべて『公休』として埋める事で、

昨年以上の『大型連休』扱いにする企業が多いようです。

 

 

中には、

 

 

4月25日から、来月5月10日まで休暇の方もいるようで、

上記スケジュールの場合、実に、『16連休』が完成します。

 

 

ただ、

 

 

普段であれば、皆さん、嬉しく感じる『大型連休』ですが、

『緊急事態宣言』が続く状況では『高揚感』も有りません。

 

 

また、

 

 

所属する業界・立場によっては、死活問題に直面する方もおり、

とてもじゃないですが、連休を楽しめる気分では無いですよね。

 

 

それでも、

 

 

昨日の『公式ブログ』でご紹介した通り、この状況においても、

未だに、『健全な危機感』すら、抱いていない方々も居ますが。

 

 

例えるなら、

 

 

『肺がん:ステージⅣ』の末期を迎えている患者さんが、

未だに『1日20本』の煙草を吸い続けている状況です。

 

 

確かに、

 

 

『それで死ぬなら、本望』という哲学をお持ちなら良いですが、

大半は『自覚無し』で、その行動を取っているように見えます。

 

 

それは、それで、『幸せな生き方』なのかも知れません。

 

 

現在、直面している『コロナ危機』の話に戻すと、

ここ数日でも、『新たなステージ』を迎えつつある『肌感覚』があります。

 

 

勿論、

 

 

『感染拡大』を抑制するという観点では、

『緊急事態宣言』の延長を早々に宣言し、

2020年いっぱいは、継続する決断をした方が良いです。

 

 

恐らく、

 

 

そこまで徹底すれば『感染拡大』も収束に向かいますし、

この事について、『異論』を唱える方はいないでしょう。

 

 

しかし、

 

 

『現実社会』において、実行に移すことが『善』かと言えば、

『決して、そうではない』というのが、『真実』と考えます。

 

 

世の中において、

 

 

『パラメータ(変数)』は、常に『複数』存在しており、

『1つ』に視点を固定化して『善・悪』の判断をしても、

まったく意味を為しません。

 

 

例えば、

 

 

現在、メディア各社や行政機関から、

特定の『公営ギャンブル』が槍玉に上げられていますが、

この業界への『休業要請(強制)』が、本当に善なのか。

 

 

世間では、

 

 

『倫理観』からか、『それが当然』のように報じられますが、

該当業界の経営者、従業員の方々にも、当然、生活は存在し、

『収入』が途絶えることで、確実に、露頭に迷います。

 

 

また、

 

 

『休業期間』が長引けば、倒産件数も確実に増えますから、

『経済困窮者』が増加すれば、確実に『犯罪件数』も増加します。

 

 

古今東西、これは『自明の事実』です。

 

 

『地獄への道は、善意で敷き詰められている』

 

 

人間社会における、とても皮肉な『真理』です。

 

 

本公式ブログでも、何度かご紹介しているこの言葉ですが、

今回の『コロナ危機』でも、正にそれが展開されています。

 

 

話を戻すと、

 

 

『感染拡大抑制』という、『単独』の視点においては、

このまま『経済活動』をストップする事が最善策です。

 

 

しかし、

 

 

本当に、そんなことを実行してしまえば、『日本』だけでなく、

世界全体の『経済』が、『死滅への一途』を辿ってしまいます。

 

 

確かに、

 

 

『新型ウイルス』に感染して、死ぬことも避けなければいけませんが、

それを理由に『経済的理由』で死んでしまっては、洒落になりません。

 

 

当然、

 

 

日本をはじめ、各国首脳も、そのことに気付きはじめて、

『感染拡大抑制』をすような演出も、始まりましたよね。

 

 

『日本』においても、

 

 

直近の『新規感染患者』の減少傾向が、報道され始めましたし、

ロックダウンを敢行していた欧米各国も、来月での解除を示唆しています。

 

 

WHO(世界保健機構)は、

 

 

『終息の見通しは、全く立っていない』と主張していますが、

『コロナ危機』の最中でも、収入に変化のない同機関職員の、

『理想論』に付き合うほど、民間人は暇では有りません。

 

 

私の事務所は、

 

 

大阪は『西天満』というエリアに存在していますが、

暫くの期間『臨時休業』していた飲食店においても、

『営業再開』に踏み切る雰囲気が、高まって来ました。

 

 

流石に、

 

 

むやみに外出して、街を歩きまわることは無いですが、

窓から眺める景色は、少しずつ、動きはじめています。

 

 

これから、

 

 

『コロナ危機』を取り巻く、社会全体における展開策として、

私自身は、『画一的な解答』は、存在しないと考えています。

 

 

先日、

 

 

橋下徹・元大阪府知事も、発言されていましたが、

ある程度の『感染拡大』を、全員が覚悟しながら、

緩やかにでも『経済』を回していかなければ、いけない。

 

 

それでも、

 

 

税金や、それに準ずるもので収入の守られた『理想論者』は、

きっと、『横槍』を入れて、騒ぎ立てることが予想されます。

 

 

ただし、

 

 

その意見に屈して、『善意』を敷き詰めたとしても、

先程もご紹介した通り、それが通じるのは『地獄』への道です。

 

 

勿論、

 

 

私自身の意見も、数ある中の『1選択肢』に過ぎず、

正直、『正しい』のかどうかは、全く分かりません。

 

 

ただ、

 

 

政府・識者から『与えられた解答』に、従順に従うのではなく、

それぞれが、『自らの答え』を模索する時代に突入しています。

 

 

ところで、

 

 

あなたは、『自分の頭』で、思考する能力が残っていますか??

 

 

また、

 

 

自ら『責任』を取り、判断・決断していくことが出来るでしょうか??

 

 

これからの時代において、どちらも『必須の能力』だと感じています。

 

 

尚、

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、来月(5月)以降も暫くの期間、

大阪・神戸ともに、『完全個別:Zoom受講』へと切り替えて行います。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う、事態の早期収束・終息と、

ご覧頂いている皆様のご健康を、心より、お祈り申し上げます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile