タイムリミットまで、『あと4年』★

今日のテーマは、『タイムリミットまで、あと4年』です(^_^)★

 

 

最近、とても意外な光景を見ました。

 

サラリーマンが街頭インタビューを受け、

今後の経済状況について話していた場面です。

 

『会社はベアで給料を上げたというけど、

 社会保険料、介護保険料負担が増えてるので実質減ってる。』

 

いや、正直びっくりしましたね。

 

こんなまともな感覚のサラリーマンが居るんや、と(笑)

 

そして、この人のインタビューを、

ちゃんとメディアで流す真っ当な感覚があるんや、と。

 

私の『お金のセッション』を受講頂く方も、

もちろん、会社員をされている方は多いです。

 

ただ、

 

来てくださる方々は、

一般的に見たら、かなり意識が高い人達。

 

かつての自分がそうであったように、

一般的には、サラリーマンの多くはそんな事考えてもないと思います。

 

毎月、決まった給料日に銀行振込があり、

『社会保険料』や『税金』は給料天引きで終わってしまっている。

 

明細を見る人はほとんどいないでしょうし、

自分が、そして会社が、いくら払っているかなど意識すらしていません。

 

この世で最も奪われていく階層は『会社員』ですが、

『源泉徴収』という魔法の制度で、その事実もかき消されています。

 

しかし!!

 

果たして、本当にそれで良いのでしょうか??

 

日本の財政状況については、

メディアを中心に各方面で報じられている通りです。

 

現在、日本国の借金累計は1100兆円に迫り、

更に、毎年借金を積み上げ続けいている状況です。

 

国家といえど、無限に借金できる訳では決してなく、

この壊滅的な借金も、いつかは解消する必要がある。

 

その『予兆』は少しずつ、と言えど、

最近はとてもスピード増して出て来ています。

 

日本の国家予算は2016年度で100兆円オーバーで、

これは今後も増え続けていきます。

 

その理屈はシンプルで、

その占める割合トップが『社会保障費』の約32兆円で占められている事。

 

さらに、

 

第2位は国債の利払いと償還費なので、

借金積み上げの現在の状況では、今後も『負のスパイラル』は無限ループです。

 

なかなか、厳しい状況ですよね(^_^)

 

それで、国家が債務を減らす?、

プライマリーバランスを正常化する?為にとる方法は大きく3つ。

 

①国家破綻(国債デフォルト)する。

②社会保障費を減らす。(年金、社会保険を削る)

③増税する。(消費税、相続税、資産課税、etc.)

 

本当に、シンプルにこれです。

 

①はいよいよ最終手段ですし、

②は既得権益者がいるので実行しにくい。

 

となれば、上記3つの中でも優先順位はあって、

『③』の各方面の増税が一番手っ取り早いです。

 

しかし、

 

これは、国民一律に行われるでしょうか??

 

いいえ、残念ながら違います。

 

例えば、

 

『年金制度』なんかは、

『厚生年金』は源泉徴収の強制加入なのに対し、

『国民年金』は自主納付の制度になっています。

 

原則のルールは違うとしても、

実際に、『国民年金』の納付率は6割程度。

 

これ以上、支給に関する基準を減らせば、

この数字はもっと下落するのは目に見えています。

 

じゃあ、どうするか??

 

もちろん、『厚生年金』の原資を、

『国民年金』の方に流して制度を維持するんですね。

 

その煽りをもろに受けるのが、

何も考えていない『サラリーマン』の方々です。

 

事実、

 

『国民年金』は現行制度で行けば、

男女とも平均寿命まで生きれば拠出額を上回ります。

(男性で約1.5倍、女性で約2.1倍の計算です)

 

対して、

 

『厚生年金』に関しては、

特に男性はすべての世代で『マイナス』になる計算。

 

日本人の皆さんが大好きな『元本保証』が、

システムの根底から破綻してしまってますね(^_^)

 

だから、

 

実は、世間で一番『資産形成』を考える必要があるのは、

『サラリーマン』『会社員』の方々です。

 

『何とかなるわ〜』

 

こんな呑気な事を言っていても、事実はどうにもなりません。

 

タイムリミットは、『あと4年』★

 

これは、『経済』に明るい人達の間では、

日本経済に対する共通した認識です。

 

2020年、日本では東京五輪が開催され、

その年までは何とか財政も延命措置をするだろう。

 

しかし、

 

その後の経済状況は、わからない。

 

さらに、

 

この年は、団塊の世代が70歳を超えてくる年。

 

社会保障費も想像を超える勢いで増大し、

いよいよ日本の財政もヤバくなる、というもの。

 

シンプルで、わかりやすいですよね(^_^)

 

ところで、

この状況でも、あなたは何も行動しませんか??

 

船は確実に沈没していってるのに、

ただ、指を咥えて眺めてるだけですか??

 

あと数日で、2016年も終わってしまいます。

 

2017年初こそ、新しい行動をスタートする時かも知れません。

 

本気で『資産形成』をお考えの方は、

公式サイトより『人生を変えるお金のセッション』をご予約ください(^_^)★

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile