タイムリーに発生した、経済劣等生の『テクニカル・デフォルト』。

今日のテーマは、『タイムリーに発生した、経済劣等生のテクニカル・デフォルト』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『債券(借金)で溢れ返る世界は、どこへ向かうのか??』と題して、

『コロナ』にマスキングされた、世界経済の『危機』をご紹介しました。

 

 

元々、

 

 

世界的投資家等も、以前から指摘していたことですが、

現代における『国家』という枠組みで『健全経営』している組織はありません。

 

 

極めて一部の『例外』を除いて、大半の国々が『赤字体質』です。

 

 

悲しい哉、

 

 

その『トップ集団』に、私たちが居住する『日本国』も含まれる訳ですが、

『デフォルト(債務不履行)候補生』は、世界に溢れているのが実情です。

 

 

その『候補生』の1つ、

 

 

と言うか、その集団の中でも、中心的メンバーだった『アルゼンチン』が、

昨日(日本時間:5月23日早朝)、無事に『デフォルト』を迎えました。

 

 

ご存知の方も多いでしょうが、

 

 

これまでも同国は『デフォルト(債務不履行)』を繰り返しており、

今回のそれは、2014年以来、6年ぶり『9回目』となる出来事。

 

 

皮肉なことに、

 

 

先日、史上初の開催中止がアナウンスされてしまった、

『高校野球選手権:甲子園大会』、出場回数のような表現ですね。

 

 

同国にとっては、

 

 

定期的に行われる『イベント(季節行事)』のようなものなので、

国民にとっても、それほど、インパクトはないのかも知れません。

 

 

勿論、

 

 

暫くの期間、国家全体の『経済』は不安定になるでしょうが、

それも見越して、金融機関以外の所に、資産保有していると想像します。

 

 

少しだけ具体的に見ると、

 

 

今回、同国が『テクニカル・デフォルト』へと追い込まれたのは、

『約650億ドル(7兆円程度)』に上る国家債務の再編交渉が、

米国・機関投資家との間でまとまらなかった為。

 

 

昨日(5月22日)付、

 

 

『5億ドル(約540億円)』規模の利払いが求められていましたが、

実行されることなく、デフォルト(債務不履行)へと陥ってしまいました。

 

 

今後については、

 

 

債権者との間で、『返済猶予』と『債務減免』の交渉が、

2020年末までを目処に継続展開されていく流れです。

 

 

しかし、

 

 

元々、現・フェルナンデス政権は、2019年選挙戦の際、

『(対外債務は)支払う必要無し』を公言して、当選した経緯があります。

 

 

『日本国』においては、考えられないですね(笑)

 

 

実際、

 

 

同国の外貨準備高は『430億ドル(約4.6兆円)』規模と見られており、

当面の『返済能力』を有したままの、意図的な『債務不履行』となります。

 

 

この辺りが、

 

 

『テクニカル』と言われている所以で、デフォルト常連の同国は、

そもそも、『返済意識』という概念すら、無いのかも知れません。

 

 

2002年、

 

 

『行動経済学』の分野で『ノーベル経済学賞』を受賞した天才学者、

ダニエル・カーネマンの研究に、『痛みの低減性』を示したものがあります。

 

 

シンプルに紹介すると、

 

 

仮に、これまで無借金状態できた人間が『50万円』の借金をするのと、

既に、『1億円』の借金がある人間が、新たに『50万円』借りるのと、

心理的に感じる『痛み』は、後者では、驚くほど少ないというものです。

 

 

この理論でいくと、

 

 

今回を除き、既に、過去8回ものデフォルトを経験していたアルゼンチンは、

完全なる『無感症』状態に陥っており、この出来事を痛いと感じていません。

 

 

恐らく、

 

 

今後も『10回目』『11回目』と、着実に回数を積み重ねるのでしょうが、

本当に『定期イベント』として、同国を『経済危機』が襲うのだと考えます。

 

 

もはや、『勢い』すら感じるレベルです(笑)

 

 

ただし、

 

 

『新型コロナ・ウイルス』に影響を受けての経済危機により、

『デフォルト・リスク』が高まっている国家は、世界中に沢山あります。

 

 

例えば、

 

 

中東・レバノンという国家は、本年2020年3月、

『約12億ドル』規模の債務に対し返済不能に陥り、

同国史上初となる『デフォルト』を経験しました。

 

 

また、

 

 

南米・エクアドルという国家も、国債利払いの停止状態にあり、

こちらも、実質上の『デフォルト』へと追い込まれる状況です。

 

 

更に、

 

 

もう少し、人口・経済規模の大きな国家においても、

国債が『ジャンク債』級の低格付けに陥る国々は、世界中で多発しています。

 

 

要は、

 

 

『国家』という大きな組織が、その『信用』を基に借り入れた債務でさえ、

世界中で『信用できない』とされる現象が、続出しているということです。

 

 

例えば、

 

 

『家族』というユニットの構成員(父、母、子供たち等。)全員が、

『借金体質』であれば、その一家は、経済的観点で『終焉』します。

 

 

同様に、

 

 

地球上に存在する『国家』に、このまま『借金体質』が蔓延したら、

現代資本主義においても、近い将来『ツケ』を支払わされることになる。

 

 

(債務不履行の)借金で溢れ返る世界は、どこへ向かうのか??

 

 

『新型コロナ・ウイルス』でマスキングされていますが、

今尚、私たちは『重大な課題』を抱え続けていることを、忘れてはいけません。

 

 

『リスク』は、切り離しておいた方が良いでしょう。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今月(5月)以降も暫くの期間、

大阪・神戸ともに、『完全個別:Zoom受講』へと切り替えて行います。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う、事態の早期収束・終息と、

ご覧頂いている皆様のご健康を、心より、お祈り申し上げます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile