バフェットの『四半期決算不要論』から学ぶこと。

今日のテーマは、『バフェットの四半期決算不要論から学ぶこと』です。

 

 

皆さんは、ウォーレン・バフェットさんを知っていますか??

 

 

この公式ブログでも度々取り上げていますが、

間違いなく、世界が認める『ナンバーワン投資家』の一人ですよね。

 

 

 

『紡績会社』として斜陽にあったバークシャー・ハザウェイを、

見事、『投資会社』として蘇らせた敏腕投資家(経営者)です。

 

 

バフェット氏が進める『株式投資』は一般人のレベルと一線を画し、

その企業オーナーと直接話し、『企業そのもの』を保有しにいくという投資スタイルです。

 

 

『1%』にも満たない株式を保有するのであれば『投資家』ですが、

ここまで来ると、もはや『事業家』『経営者』と呼ぶ方が適切かも知れませんね。

 

 

『ハンバーガー』と『チェリーコーク』が大好きで、一説によると、

それを我慢した場合と、好きなだけ食べ・飲みした場合、

自身の『健康寿命』がどれだけ差がつくか算出したことがあるそう。

 

 

その結果、

 

 

『有意差無し』と結論付けて(本当なのか??)好き勝手の食生活を続けた結果、

見事、推定通り、『87歳』を迎える現在でも現役で活躍し続けています。

 

 

*ちなみに、バフェット側近である『チャーリー・マンガー』さんは94歳現役でした。

 

 

『相続』によって、莫大な遺産を手にしたわけでもなく、

わずか一代で世界トップクラスの『資産家』まで駆け上った伝説の人物。

 

 

良い形容なのかわかりませんが、『生きる化石』の表現もぴったりですよね。

 

 

そんな『投資の神様』ウォーレン・バフェット氏が、

最近、メディアに対して発言した言葉が、じわじわと注目を集めてきています。

 

 

それこそが、今日のタイトル。

 

 

『企業の四半期決算は、不要』

 

 

・企業が『四半期決算』に縛られると、『数字合わせ』という操作に走り、長期的重要関心事に反する愚かなことをしてしまう。

 

 

・しかも、『この操作』は、一旦始めるとやめられなくなる傾向がある。

 

 

・最高経営責任者(CEO)が『四半期利益予測』を出し、その企業の業績が改善された例など見たこともない。

 

 

・結果的に、企業は『誤った情報』を発信し続けることになる。

 

 

・私はいつも、マネージャー達(経営陣)に、50年続く同族企業に居るつもりでやれば、正しい決定ができるものだと説いている。

 

 

・企業は目標達成が困難になる程、『数字を操作する』という悪癖に陥りがちだ。

(*IR部門が風評被害を恐れ口を挟み、愚かなことをしがちなのだ。)

 

 

このように述べています。

 

 

私自身、20代を『会社員』として過ごしたのですが、

その時所属したのは、東証一部に上場される大企業でした。

 

 

なので、

 

 

決して、不誠実な業績発表をしていたという訳ではなく、

『四半期決算』という短期視点に振り回される感覚は理解できます。

 

 

必然ですが、

 

 

規模が大きくなるにつれ、実際の活動と得られる結果は、

市場からのフィードバックにタイムラグが生じ、即座に反映されることはありません。

 

 

業界によっても『時間感覚』は千差万別だと思いますが、

場合によっては、『年』どころか『10年スパン』で考えないといけない場合もある。

 

 

そんな時に、

 

 

短期での評価指標のウェイトを大きくしてしまうと、

バフェットが言うように、『数字の操作』に走るしか策がなくなります。

 

 

具体的に言えば、

 

 

『売上』が急激に跳ね上がる事はそうありませんから、『必需経費の削減』や、

最悪の場合、『会計操作』を行って『利益』が出ているかのように見せる方法に走る。

 

 

数字上はしっかり『利益』が上がっているように見えますが、

その『数字』は『実態』を表してはいないので、全く意味を持たなくなります。

 

 

プロスペクティブに『売上』が上がっていく希望もなく、

それに向けた『経費』を削減してしまうので、

一気に『負のスパイラル』に陥ってしまいますよね。

 

 

いくら『机上』で利益が計上されていても、

現実問題としてビジネスが上手くいき、手元に『お金』が残らなければ全く意味ありません。

 

 

決して間違って伝わって欲しくないのは、

『四半期決算』そのものが、良くないものと言っている訳ではないことです。

 

 

いくら『長期視点』でしか成長しないビジネスがあったとしても、

仮に、『10年に1度』しか決算発表しなければ、

投資家利益が損なわれるばかりか、不正の温床になる可能性も大きくなります。

 

 

市場の『監視機能』を適切に作動させるためには、

『四半期決算』というものは、(本来の意味で活用されるなら)必要かも知れないのです。

 

 

しかし、

 

 

幸か不幸か、超高度に高速化された現代の情報社会では、

その指標を過度に評価し、『短期視点』で考える投資家を多く生んでいます。

 

 

実際、

 

 

『四半期決算』が市場予想より高くでた企業の株価は跳ね上がり、

反対に、市場予測を大幅に下回ると、大暴落も起こり得るのです。

 

 

それでも、

 

 

少し冷静に考えてみたらわかることですが、

『四半期決算日』を挟んで、企業価値がそんなに大きく変化するはずがありません。

 

 

結果が思わしくなくても、将来に対する『種』は撒かれているかも知れないし、

反対に、好調に見えても、大きな『リスク』がマスキングされている事もあります。

 

 

現時点の、一瞬の『数字』を見るだけでなく、

『実態』を見抜く眼力が大切になってきます。

 

 

これは、

 

 

何も『企業』だけの話ではなく、『個人』にも通じる所があります。

 

 

例えば、

 

 

普段から多くの方々の面談を受けていて目にすることですが、

バランスシート上でいくら『資産』の欄に保有するものがあっても、

『負債』と照らし合わせて『債務超過』に陥っている方々も多く存在します。

 

 

『収入』『保有しているもの』『社会的地位』『ステータス』etc.

 

 

外見上は理想的に見えている方々でも、

内面のキャッシュフローを見てみると、壊滅的な方々も相当数存在している。

 

 

他人に対しても、そして、自分自身に対しても、

『真実』『実態』をしっかりと見抜く『眼力』が大切になってくると考えます。

 

 

もちろん、『長期視点』で物事を考える能力も必要ですね。

 

 

『真実に目を向け、資産形成をスタートしたい!』という方に最適なセミナーを、

大阪・梅田は6月22日(金)、神戸・三ノ宮は6月28日(木)にて開催致します。

 

 

■2018年6月22日(金)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2018年6月28日(木)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile