一人一人が考える時代★

元MR(製薬会社営業)の独立系ファイナンシャルプランナー★
現在『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です(^_^)

『無料PDFプレゼント』のご案内をします(^_^)★

公式サイトにて、メールアドレスをご登録頂いた方々限定で、
『資産形成を考える不滅の真理』を配布スタートしました。

★公式サイト:プレゼントご案内ページはコチラ★
http://michiamokota0421.com/present-pdf/

*ぜひぜひ、登録よろしくお願いします(^_^)
*登録アドレスはPC受信可能なものでお願い致します。
 (gamil、yahoo!mail、hot mail等も可能です。)

メールアドレス登録して頂いた方限定で配信させて頂くPDFは、
『資産形成』を考える最重要ポイントを、
シンプルかつ本質を捉えてまとめさせて頂いたものです。

独立系FP個人事務所を開設し、
累計100組以上の方々のプランニング相談を受けてきました。
その経験から見えてきた『資産形成』のエッセンスが凝縮されています。

『お金持ちの考え方をインストールしたい!』
『周りに引き寄せる人脈・チャンスを変えたい!』

そんな方々にとって良い『きっかけ』となるので、
ぜひ『無料プレゼントPDF』をGET!してみてください(^_^)★

——————–ここからが本題です!!——————–

今日のテーマは、『一人一人が考える時代』です(^_^)★

昨日は、『経済』という面で、大きな節目を迎えていました。

『日銀金融政策決定会合』
『FOMC:米連邦公開市場委員会』

経済における、日米2つの大きな会合があったからです。

先に報告が始まったのは時差のある日本で、
『金融緩和』と『マイナス金利深掘り』が焦点でした。

会合前から、
内資系の各メガバンクトップが抗議していたこともあってか、
今回はこの両方とも据え置きで『現状維持』を採択。

上記2点採択の可能性は低かったものの、
若干その可能性も織り込んでいた市場は、
直後に反応して『1USD=102円台』に下落。

しかし、

続いて発表された『米追加利上げ無し』の報道を受けて、
再び『1USD=100円台』まで戻してきました。

なんとも慌ただしい『数時間』での出来事でした(^_^;)

『金融緩和』と『マイナス金利深掘り』は延期されたものの、
黒田日銀総裁から発表された、新たな方針に市場は困惑します。

『国債の利回りコントロール』と『金融緩和維持』。

パッと分からない方もいらっしゃるかも知れませんが、
この2つは同時に成り立たない『矛盾』として捉えられたからです。

1つずつ説明していくと、
まずは『国債の利回りコントロール』は、
単純に国債の購入を制限していくこと。

現在、一旦、民間の金融機関に引き取ってもらった国債を、
日銀が再度買い戻す形で引き受け直しています。

この『禁じ手』を使ってしまっているから、
国債の正確な『信用度』もわからなくなってしまっているし、
『利回りマイナス』という異常な状況に陥ってます。

昨日のブログでもお伝えした通り、
日銀は『年間80兆円ペース』で国債を買い取っています。

でも、財源は無限じゃない。

だから、早晩『限界』が訪れて、魔法が解けた時、
国債市場が大変なことになるんじゃないかと言われてます。

日銀が『利回りコントロール』するためには、
単純に金融機関からの買い戻しを制限することで達成出来ます。

例えば、

金融機関に一度引き受けてもらった金額で、
再度、買い戻しをすれば利回り『ゼロ』。

『額面』プラス『償還までの利息合計』と、
ほぼほぼ等しい値になると考えられます(^_^)

ただ、これを市場で行おうとすると、
必然的に買い取る量自体を制限しないと実施できない、というのが懐疑派の意見。

『物価目標2%』達成までは『金融緩和』は継続する。

黒田総裁はそう言っているものの、
『国債利回りコントロール』と『金融緩和』は同時に起こり得ない。

そんな意見も、世間では起こり始めています。

少し、難しい話が続きましたね(^_^)(笑)

極論言うと、どうでも良いんです(笑)

要は、今、『時代の転換期』に来ていることに気付くことが重要★

今までは、僕たちの親や祖父母の時代までは、
何も考えずに乗り切って来られたんです。

大学卒業したら企業に就職して、
昇給もあって終身雇用は確立していて、
リタイア後は年金生活で安泰。

でも、ここからはそうはいかないよ(^_^)

『流行』なんかと一緒で、
『経済』も一連の波を形成しながら循環してます。

以前のブログでも書きましたが、
人が『体験』として経験する『経済危機』は、
『75年に1度』のタイミングで起こると言われています。

僕たち20代、30代、40代の人達がこれを経験せずに来れたのは、
ここまで、その経済サイクルが巡って来なかっただけ。

『75年に1度』なので、シンプルに『一生に1度』しか経験しないから。

じゃあ、日本における『75年前』はいつですか??

それは、1945年の終戦の時期です。

それまで積み上げた『国債』というなの借金を、
『国民資産』を全て取り上げる形で清算しました。

この時期の資産家さんの著書を見ればわかります。
その資産没収スキームはどこでも出てきます。

経済は、『バブル』と『崩壊』を繰り返しながら発展します。
国家も、『借金』を積み上げては『清算』して続いていきます。

これは、今も昔も変わりません(^_^)

『今までこれで来られたから』と言っても、
その『今まで』って自分の経験的なものですよね??

時間にしたら、めちゃめちゃ短い(笑)

その狭い範囲の『これまで』を基準にしてしまって、
『今後もそれでいける』とは考えられません。

世界3大投資家と評されるジム・ロジャーズは、
次のような言葉を、インタビューで再三言っています。

『私が、日本の若者であったら、
 一刻も早く資産を海外に脱出させるだろう。』

恒常的な『債務』の積み増しと、
それの延命措置を続ける経済政策と。

これからの時代、本当に、
『資産形成』は1人1人が自立して考える時代です。

諸外国が経済危機に陥った時、
街にはホームレスが溢れ、悲惨な生活をしていく実態を、
僕たちはなかなか見かけることが出来ません。

でも、自分たちの身に実際に起こったら??

そうなったら、他人事じゃないですよね??

『準備』を進めることでデメリットはありません。
まだ間に合う段階から、しっかりと準備を進めましょう。

ちゃんと気付いて、
着々と準備を進める方々がいるのも事実ですから。

『資産形成』について本気で考えられる方は、
『人生を変えるお金のセッション』をご受講ください(^_^)★

公式サイト『予約フォーム』から受け付けております(^o^)!

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile