世界各国の『債務残高』から見る、日本財政の『ヤバさ』。

今日のテーマは、『世界各国の債務残高から見る、日本財政のヤバさ』です。

 

 

昨日から、香港に渡航しています。

 

 

現在、大規模なデモ活動が行われている最中で、

世界的に、ホットな話題の地域ですよね(笑)

 

 

スタート当初、

 

 

まさか、ここまで過激化・長期化するとは考えておらず、

完全に、余裕綽綽で考えていましたが、甘かったですね。

 

 

加えて、

 

 

先日、『激戦の地』となった香港理工大学は宿泊ホテルの目と鼻の先で、

尖沙咀(チム・サー・チョイ)エリアは、戦闘の『跡』が残っています。

 

 

渡航初日となった昨日、

 

 

現地の選挙日と重なる事もあり、デモ活動が激化した場合、

公共交通機関等もストップするのではと心配していました。

 

 

ただ、

 

 

蓋を開けてみれば、意外と『普通』に香港は回っており、

無事、移動等も完了し、本日も仕事を進められています。

 

 

メディアによる『報道』と『現実』は乖離がある事が常で、

やはり、ここでも『百聞は一見に如かず』を実感しますね。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『私が、日本国に居住する若者であるならば』と題して、

世界的投資家、富裕層、偉人たちが共通して持つ認識を、

リー・クアンユー氏の手記をもとにご紹介しました。

 

 

結論、

 

 

『私が、日本国に居住する若者であるならば』の枕詞に続くのは、

『今直ぐ、全資産を海外移転し、自分自身も脱出する』というフレーズです。

 

 

元々、『日本国』に生まれ育った私たちからしたら、中々、衝撃的ですよね(笑)

 

 

しかし、それが『真実』という事です。

 

 

何故、そのように言えるのでしょうか??

 

 

昨日、その『理由』を端的に数字で示す報道が流れていました。

 

 

『世界の政府が抱える債務残高、総額約70兆ドルに』

 

 

2019年現在、

 

 

世界各国政府が抱える債務残高は『69.3兆ドル』に上り、

日本円換算『7000兆円』を超える、天文学的な数字になっています。

 

 

これは、

 

 

約20年前、2000年当初と比較して軽く『3倍』を超えており、

『約20兆ドル』から、総額『50兆ドル』近くも増額しています。

 

 

また、

 

 

『約70兆ドル(7000兆円超)』という数字は、

世界各国のGDP総額の『82%』を占めており、

その『債務比率』も、年々上昇傾向が続いています。

 

 

世界全体として、経済的な『病(やまい)』にかかりつつありますね。

 

 

ここで、

 

 

皆さん、少しだけ疑問が出て来ると思うのですが、

『債務残高』の高い国々は、どのようなラインナップなのでしょうか??

 

 

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、

 

 

世界トップの債務残高を誇るのは覇権国『米国』で、

その総額は『21.5兆ドル(2300兆円超)』と、

第2位以下をダブル・スコアで引き離しています。

 

 

普通に考えて、

 

 

ここまで『国家債務(借金)』を積み上げていながら、

米国が『覇権国』であり続けられる理由は未知ですが、

それは世界レベルでの『大人の事情』が絡んでいます。

 

 

ただ、

 

 

米国はGDPとしても年間総額『約20兆ドル』と世界一であり、

上記債務残高も、対GDP比では『100%』程度に収まります。

 

 

こう言ってしまって良いのか分かりませんが、

国家財政的には、まだまだ『普通』ですよね。

 

 

もっと『ヤバい』国々には、どのような名前が挙がるのでしょうか??

 

 

『対GDP比』という観点で言えば、

 

 

数年前に実質的経済破綻した『ギリシャ』は、当時180%近くを計測し、

順調に(?)推移すれば、2060年に『280%』に達する見込みです。

 

 

もはや、終わっています(笑)

 

 

実際、その水準(280%)まで国家債務を積み上げられるかは疑問で、

それに達す前に、どこかのタイミングで『有事』を迎える可能性が高い。

 

 

現実的に考えて、『返済不能』だからです。

 

 

現在、

 

 

絶賛デフォルト中の『ベネズエラ』は、累計債務1.8億ドルであり、

対GDP比としては、ギリシャと同等の『182%』に上っています。

 

 

この数字で、世界第4位(ワースト)です。

 

 

それを抑えての堂々の世界第1位(ワースト)は『日本』であり、

対GDP比での累計債務は『237.1%』と、現時点で異次元の領域を進んでいます。

 

 

稀に、

 

 

『日本の国家債務は、その殆どは国内消化されている』事を理由に、

『大丈夫』と仰る方々がいますが、これは、意見する観点が違います。

 

 

彼らの言う『大丈夫』とは、

 

 

『国家(債務者)』サイドから見た場合の『大丈夫(破綻しない)』であり、

『国民(債権者)』サイドから見た場合、反対に『危機的状況』と言えます。

 

 

もしも、

 

 

国家(債務者)が、いよいよ『債務返済』が不可能と判断した場合、

国民(債権者)に対して、その義務を果たすかは疑わしいからです。

 

 

因みに、私が居住する『日本国』は、この点に関して『前科』があります。

 

 

興味を持たれた方は、是非、一度調べられてみてください。

 

 

先日、

 

 

公式ブログで『社会保障費』を主因とした財政状況から、

『2025年:デフォルト論』を展開させて頂きました。

 

 

ただ、

 

 

他の観点でも、『2025年:デフォルト論』は現実味を帯ており、

『2024年:紙幣刷新』も、非常に、疑わしいイベントですよね。

 

 

ご紹介した『天文学的な数字の国家債務』は返済不能であり、

どこかのタイミングで、『リセット』の必要性は必ずあるからです。

 

 

一般的に考えて、

 

 

私たちがとる『行動』を、理解して賛同(行動)される方々は、

全体の『2〜3%』程度にとどまる、『極少数派』と思います。

 

 

しかし、

 

 

『多数派』が正しくないという事は『世の常』なので、

『周りの皆が、していないから』で思考停止する事は、『愚者の選択』と言えますよね。

 

 

取り留めない文章になってしまいましたが、『累積債務』という観点から、

『日本財政がヤバい!!』という事だけでも、皆さんに伝われば幸いです。

 

 

あなたは、何か『具体的アクション』を起こしていますか??

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、大阪・梅田11月27日(水)、神戸・三ノ宮11月28日(木)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2019年11月27日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2019年11月28日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile