世界市場を舞台にした『異次元緩和』に、気付いてますか??

今日のテーマは、『世界市場を舞台にした異次元緩和に、気付いてますか??』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『ミニマリストの私が、唯一所有したいと考えているもの』と題して、

古今東西、普遍の魅力を放つ『金(gold)』の価格高騰をご紹介しました。

 

 

記事中でも述べた通り、

 

 

直近で、『金(gold)』の取引価格は過去最高圏を推移し、

史上初の『1トロイオンス=2000ドル』も射程圏です。

 

 

少しだけ復習すると、

 

 

金取引の世界基準とされる『1トロイオンス』は、

グラム表記では『31.103 4768』に相当。

 

 

何故か、

 

 

日本国内では『グラム単位』の価格表記が基準となりますが、

現行、『1g=6700円』ほどで取引されている計算です。

 

 

馴染みのある単位で記載されると、如何に、

『金(gold)』が高価なものか実感します。

 

 

元々、

 

 

『平時』であっても、その輝きに魅力を感じる現物資産ですが、

『有事』には『資産保全』の観点で疎開地として利用されます。

 

 

現時点、

 

 

日本では『下火』状態を保っている新型ウイルスですが、

世界的には、新規感染者の増加が、連日問題視されます。

 

 

実際、

 

 

最大の被災国となってしまった『米国』では、

テキサス州で、経済活動が一度は再開したものの、

感染者増加を受けて、再びロックダウンする模様。

 

 

夏を過ぎ、

 

 

秋以降のタイミングでは、本格的な『第二波』も懸念されており、

中長期の視点では、市場参加者による『経済展望』も悲観的です。

 

 

そこで、

 

 

疎開地としての『金(gold)』に資金流入が続いており、

その結果が、『高値圏』で推移する要因となっています。

 

 

しかし、

 

 

市場全体では、これまでの『セオリー』が通じない現象も起こっており、

それは、『金価格上昇』と並行した、世界的な『株高』という事象です。

 

 

一般的には、

 

 

『金(gold)』と『株式市場』は逆相関を示す関係であり、

一方に資金流入すれば、他方からは資金流出が起こります。

 

 

要は、

 

 

『金取引価格』が上昇すれば、『株式市場』は下落傾向にあり、

『金取引価格』が下降すれば、『株式市場』は活況に沸きます。

 

 

世界に存在する『貨幣総量』が変わらないと仮定すれば、

その関係性は、『自然なもの』として理解できますよね。

 

 

しかし、

 

 

現実世界で起きているのは、そのロジックが破綻した現象で、

『金取引価格』『株式市場』とも、活況に沸き続けています。

 

 

これは、どういうロジックなのでしょうか??

 

 

前提条件として、

 

 

先ほどは、『世界に存在する貨幣総量が変わらない』と述べましたが、

実は、この仮定が間違っていて、現在の世界市場はジャブジャブです。

 

 

先日の公式ブログでも、

 

 

この『未曾有の経済危機』に対して、日米欧政府・中央銀行が、

積極的な『金融緩和』により対応している事をご紹介しました。

 

 

具体的には、

 

 

市場で取引される対象を買い位入れる形で、資金供給していますが、

これが、過去類をみない『異次元レベル』の為、ダブついています。

 

 

基本的に、

 

 

『金融緩和』による経済回復は『対症療法』としての意味しかなく、

『根治療法』ではない為、近年では『限界説』が囁かれ続けます。

 

 

かと言って、

 

 

それに代わる『有効な代替策』というものも見当たらず、

場当たり的ながら、それが選択され続けるのが実情です。

 

 

前述の通り、

 

 

中長期の視点では、『第二波懸念』から市場は悲観的ですが、

『金(gold)』市場だけでは、抱え切れない資金供給が続く。

 

 

その結果、

 

 

そのキャパシティーを超えた『余剰(過剰)資金』が、

『行き場』を失い『株式市場』に流入しているのです。

 

 

残念ながら、『ポジティブ』な理由ではありません。

 

 

『経済危機』の他、

 

 

資金を供給して『インフレーション』を起こす理由としては、

『国家債務』を実質的に目減りさせるという要因もあります。

 

 

それでも、

 

 

単純に『インフレーション』だけ起こせれば良いですが、

各国が『経済支援策』を拡充している現在は、並行して、

『国家債務』自体の数字まで、伸ばしてしまっています。

 

 

この『負のスパイラル』は、ヤバイですね。

 

 

この辺り、

 

 

既に10年以上前から、世界のトップ投資家は予言しており、

定期的に『警告』を発するジム・ロジャーズなどは、

『あらゆる組織で未曾有の崩壊が起こる』と、述べています。

 

 

原則として、

 

 

私たちは、自らの『経験』を基に、思考・判断する傾向があり、

裏を返せば、『経験』のないことは、認識ができないという事。

 

 

もしかすると、

 

 

高々、300年〜400年ほどの歴史の『現代資本主義』に、

『永続性』を感じること自体、『幻想』なのかも知れません。

 

 

世界市場を舞台した『異次元緩和』は、果たして、どこに帰結するのか??

 

 

非常に『エキサイティング』な出来事が、

これから、私たちを待ち受けているのかも知れません。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『オンライン:Zoom受講』に切り替えて開催しております。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

通常、

 

 

リアル開催は『1人(講師)対複数人(参加者の皆さん)』の開催ですが、

原則として、Zoom開催は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*『個別質問お答え出来る』というメリットも有ります。)

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile