大正製薬の『大規模人員削減』から学ぶこと。

今日のテーマは、『大正製薬の大規模人員削減から学ぶこと』です。

 

 

昨日、東洋経済オンラインに興味深いニュースが出ていました。

 

 

『大正製薬、業績堅調でも人員大削減の波紋』

 

 

『リポビタンD』『パブロン』など、

私たちも馴染みの深い大衆薬を扱う、有名企業ですよね。

 

 

完全なる余談ですが、私の地元にも物流拠点がある為、

その名前は小さい頃から慣れ親しんだもので、親近感を覚えていました。

 

 

その有名企業が、

 

 

『40歳以上』の社員を対象に行った『早期退職優遇制度』において、

同社内から『948名』もの応募があったと公表したのです。

 

 

対象社員総数が『約3000人』ですから、

その『3分の1』に当たる人員を一気に整理する、まさに異例の事態です。

 

 

記事タイトルにもあるように、

 

 

大正製薬自体は、2018年3月期決算において、

営業利益前期比16%増『369億円』を確保しているので、一見苦境には見えません。

 

 

しかし、

 

 

その状況においてのこの結果は、経営陣が『想定内』と言うものの、

会社の先行きに『希望』を見出せない社員が、相当数いる事を露呈した結果となります。

 

 

今回、

 

 

募集した『早期退職優遇制度』を用いた呼び掛けは、

1912年の同社創業以来、初めてのことなのだそうです。

 

 

そう言われると、事の重大さがズシッと感じられますよね。

 

 

*上場大企業での『早期退職制度』は、表向きはその通りに受け取られますが、

 内情は、『会社による肩叩き』と『優秀者の自主退職』の両方が存在します。

 

 

*今回、大正製薬HDで発表された『948名』の方々も、

 『その両者が混在した形での、総数がそれ』というのが事実です。

 

 

個人的に興味を持ったのは、今回の『早期退職制度』において、

『割増退職金』の金額が、それほど大きくはない様子だという事。

 

 

『再就職支援費用』含めて、同社が計上するのは『特別損失122億円』で、

これを該当者一人当たりで算出すると、『1300万円』を切る値。

 

 

私自身もこの業界に身を置き、

 

 

実際に『早期退職』という名の『リストラ』を敢行される先輩を見たのでわかりますが、

『2000万円以上』の割増が順当な業界において、少し物足りない数字になっています。

(*それでも、十分過ぎる手当だと思いますが。)

 

 

にも関わらず、最終的には、自身で決断して離職した人間が『約1000人』も居る。

 

 

『苦肉の策』だったのかも知れませんが、突然、決断を迫られた状況において、

『ミス・ジャッジ』してしまった方々も多かったのではないかと推測します。

 

 

(*繰り返しになりますが、)

私自身、20代を『会社員』として過ごし、30歳で独立・起業し、

現在、『事業家』として生きて行く中で、体感している事があります。

 

 

それは、

 

 

『資産形成』と『ビジネス』の両輪を回して行く事で、人生は自由になり、

まさに、『事業家』と『会社員』では全く違う世界を生きているという事。

 

 

そして、もう1つ。

 

 

両者の『思考回路』は全く異なるものであり、

何も考えずに『40歳』まで会社員を続けてしまった人間が、

それを『体得』するのは並大抵のことではない(至難の業)という事。

 

 

今回、

 

 

大正製薬の『早期退職制度』を活用し離職する方の中には、

優秀で、既に、次の勤め先が決定している方もいるかも知れない。

 

 

でも、

 

 

大部分の該当者はそうではなくて、40歳そこそこの社員は、

『まあ、割増退職金もあるし、次も何とかなるよ。』と考えていると思います。

 

 

たぶん、現実はそんなに甘くはないし、それには、直ぐにわかる。

 

 

そして、

 

 

タイミング的にはかなり遅いのですが、

その時、本当の自身の『市場価値』というものに気が付くのです。

 

 

『大正製薬』よろしく、私も『東証一部上場』の大企業に勤めていました。

 

 

今から振り返っても、それは巨大な組織で、

業績不振時も変わらず給与は支払われる為、『臥城』のような錯覚を時にはしてしまいます。

 

 

しかし、

 

 

それはあくまで『錯覚』でしかなく、未来永劫続くものはなく、

『栄枯盛衰』は世の常であり、歴史的にも『例外』は存在していません。

 

 

時々、

 

 

『私は、会社が好きなんです』という方にも出会いますが、

残念ながら、それは完全なる『片思い』であり、その恋愛は成就する事はありません。

 

 

『バッドエンドでも純愛を貫く』という信念の方ならしょうがないですが、

もし、『相手も同じ気持ち』だと錯覚していたら、目を覚ました方が良さそうです。

 

 

最近は、

 

 

『ビジネステーマ』で記事を書くことも減ってきていますが、

『資産形成、ビジネス両輪回す事で、人生は自由になる!』という、

私自身の『信念』はまったく揺らいではいません。

 

 

言葉を選ばず言うとしたら、

 

 

何も考えず『会社員』を続けてきた方々で、

『40歳』を過ぎてシステムを外れたら、そのままのたれ死んでしまうのがオチです。

 

 

そして、

 

 

その状況は決して『特異』なものではなく、

今回の『大正製薬』のような事例は、今後もどんどん出てくるという事です。

 

 

あなたは、それでもまだ『他人事』のように感じていますか??

 

 

意図的かどうかに関わらず、『会社』というシステムを外れた時、

収入的にも、経済基盤的にも生活を保っていけるでしょうか??

 

 

まず、

 

 

自分自身が『安泰』だと感じているものが、決してそうではないと知ること。

 

 

そして、

 

 

来るべき『有事』にそなえて、常に『準備』をし続けること。

 

 

『賢者』として『他者』に学び、常に先じて『備え』ていきましょう!

 

 

そうすることで、自分自身はもちろん、

自分以外の『大切な人』も守って行くことが出来るのだと考えます。

 

 

『金融リテラシーを高めて、資産形成していきたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は神戸・三ノ宮9月19日(水)、大阪・梅田9月26日(水)に開催致します。

 

 

■2018年9月19日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年9月26日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile