大量にばら撒かれた、『外貨建て保険』という名の時限爆弾。

今日のテーマは、『大量にばら撒かれた、外貨建て保険という名の時限爆弾』です。

 

 

2020年。

 

 

『第二次世界大戦』が終戦してから、ちょうど『75年』の時が経過します。

 

 

世界的ベルトセラー、

 

 

『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者で知られるロバート・キヨサキ氏は、

自らの著書の中で、次のような、印象的な一説を記していたと記憶します。

 

 

『人が体験する経済危機は、75年に一度のペースで起こる』

 

 

この文章は、次の2つのことを表しています。

 

 

①人は、人生に一度は必ず『経済危機』を体験する。

(*日本人の平均寿命は、男性81歳、女性87歳。)

 

 

②体験する『経済危機』は、多くの人にとって『人生初』だ。

 

 

そう考えると、

 

 

大戦終戦から『75年』が経過した今年、2020年、

『コロナ危機』が起こったことも、興味深く感じます。

 

 

ただし、

 

 

世界経済全体に影響を与える『新型ウイルス』も、

勿論、『大問題』であることに変わりないですが、

他にも、市場は多くの『時限爆弾』を内包します。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『日本郵政が展開する、極悪詐欺スキームをご紹介します』と題して、

郵政グループ(日本郵便、かんぽ生命、ゆうちょ銀行)が手を染めた、

『詐欺行為』として、『最悪なもの』をご紹介させて頂きました。

 

 

日にちを跨いで、繰り返します。

 

 

『日本郵政』がやっている行為は、完全に『犯罪(詐欺)』です。

 

 

本来であれば、

 

 

『3ヶ月間の業務停止命令』などの緩い措置ではなく、

『金融ライセンス』の剥奪・永久追放が妥当なレベル。

 

 

また、

 

 

この『犯罪行為』に関わった営業担当マン、及び、

絶対に『内容把握』していたと考えられる上司は、

迷わず『刑務所』にぶち込み、適切に法で捌いて頂きたい事例です。

 

 

何故、

 

 

『特殊詐欺』に関わる人間は逮捕されているのに、

『日本郵政』の担当者は逮捕されないのか、私には理解できません。

 

 

もしも、

 

 

その辺り、理論的に説明できる方がいらっしゃったら、

ぜひ、私に教えて頂きたいと、本心から考えています。

 

 

昨日のご紹介した、

 

 

『毎月分配型:投資信託』の分配金を支払い原資として、

『保険契約』を結ばせるという手口は、最悪のものです。

 

 

お伝えした通り、

 

 

該当商品の特性から、『基準価額』は減少する可能性が高く、

必然、そこから吐き出される『分配金』も減少の一途を辿る。

 

 

そうなれば、

 

 

いずれ、保険料が『支払不能』になるのは目に見えており、

それを理解していながら、顧客と契約締結した営業マンは、

本当に、『極悪非道』の言葉以外では言い表せません。

 

 

しかも、

 

 

多くのケースでは、一連の流れの『前段階』として、

保険の『既存契約解約』というステップが入ります。

 

 

恐らく、

 

 

営業マンの『常套句』は、私にも、大方察しがついていて、

『分配金で支払って、タダで保険に入りましょう!』です。

 

 

要は、

 

 

通常の保険契約では、『自ら』が保険料を支払うことになるけど、

『分配金』を活用して、保険料を『投資信託』に支払ってもらう。

 

 

そうすれば、あなたは懐をまったく痛めることなく、

『タダで、保障を手に入れられますよ』というもの。

 

 

知れば知るほど、『悪どい手口』ですよね。

 

 

果たして、

 

 

該当する営業マンは、自らの親族・親御さんであっても、

『同様の提案』をすることができたのでしょうか??

 

 

人間としての『倫理観』を疑います。

 

 

先日、それとは別案件で、興味を引く報道を見つけました。

 

 

『外貨建て保険の苦情、2019年は過去最多を記録』

 

 

銀行窓口を主戦場として、

 

 

契約締結された『外貨建て(米ドル、豪ドル等)保険』について、

昨年2019年の苦情件数が、3000件に迫り過去最高を記録。

 

 

被害者は、

 

 

今回も、70歳以上の高齢者層が『約3割』を占めており、

『預金感覚』で契約したものの『元本割れ』が続出します。

 

 

ご存知の通り、

 

 

『外貨建て保険』は、様々な『パラメータ(変動要因)』を抱えており、

間違っても『預金感覚』で『元本保障』される金融商品ではありません。

 

 

例えば、

 

 

『為替リスク』がある為、購入時の『為替レート』よりも、

償還(解約)時点で、世の中が『円高』に進んでいるなら、

それだけで、『日本円ベース』として損失を被ります。

 

 

また、

 

 

『海外株式』『海外債権』等で運用されるケースが主ですから、

運用期間における市場環境も、モロに影響を受けることになる。

 

 

更に、

 

 

金融機関の『利益の源泉』は、他のところに有ります。

 

 

それが、

 

 

『購入時・償還時』共に、行って来いで掛かる『為替手数料』で、

その負担率の高さが、同商品を『勝ちにくいもの』にしています。

 

 

例えば、

 

 

世界で最も流通量の多い『米ドル』という通貨でさえ、

市中の金融機関で両替すれば、往復で『+2円』徴収されます。

 

 

これが、

 

 

『豪ドル』等ローカル通貨は往復『+5円超』もザラで、

そもそもの『為替レート』を基準に考えると、

手数料率は『法外なレベル』に跳ね上がってしまいます。

 

 

因みに、

 

 

『外貨建て保険』の販売件数は、2012年『約42万件』から、

2019年には『約361万件』へと、約9倍に跳ね上がります。

 

 

この『時限爆弾』が、これから、どんどん弾けることになる。

 

 

『苦情件数』は、これからも増加の一途を辿るでしょう。

 

 

国民一人一人が、きちんと『金融リテラシー』を身に付けて、

『自分自身で、我が身を守る』時代へと突入したと感じます。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■8/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/29(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■8/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/29(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile