子供の『金融リテラシー』を高める為には??

今日のテーマは、『子供の金融リテラシーを高める為には??』です。

 

 

ここ最近、

 

 

クライアントさんと面談していて、

立て続けにこの話題を考えさせられる場面に遭遇しました。

 

 

私自身、結婚はしていますが、まだ子供はいません。

 

 

なので、

 

 

あくまで推測の域を出ませんが、『親』という立場の方々は、

自分自身はもちろん、お子さんにも『金融リテラシー』を高めて欲しいと思ってますよね。

 

 

『お金のセッション』を受講して頂いた方々には、

お子さん用の『学資対策』としての資産形瀬方法もお伝えしています。

 

 

もし、

 

 

それを『学資資金』として使わなければ、

お子さんにはそれ相応の(と言うかかなり大きな)金額を残すことになる。

 

 

加えて、

 

 

自らの『リタイアメント・インカム』も使い切ることは無いでしょうから、

順調にいけば、数十年後の将来、かなりの『お金』が次の代に引き継がれることになります。

 

 

単純に考えたら、『理想的』な話ですよね。

 

 

でも、

 

 

現実問題としてはそうスムーズにいかないと考えていて、

『器』が伴わない人に『お金』が流れ込むと、一気にその『流れ』に翻弄されてしまいます。

 

 

良かれと思って、

 

 

『親』世代の方々は『お金』を引き継いだと思うのですが、

それが反対に、『人生崩壊』のきっかけになってしまう事もあるのです。

 

 

極端な事例ではなく、往往にして起こり得ます。

 

 

これは、将来、私としても気を付けていかなければいけないポイントですね。

 

 

これら共通の課題が話題になった方々は、

もちろん、現時点でお子さんをお持ちの『親』の立場の方々です。

 

 

それで、

 

 

『何か、良いアドバイスはありませんか??』

 

 

『井上さんなら、自身がお子さんできた際にどう教育しますか??』

 

 

と聞かれたので、その場で真剣に考えて、

クライアントさん達にもアドバイスをさせて頂きました。

 

 

これは『大前提』なのですが、

 

 

お子さんの『金融リテラシー』を上げたいと思ったら、

まず、最短ルートは自身のそれ(金融リテラシー)を上げること。

 

 

これに尽きます。

 

 

この辺り、『子供が勉強しない!』と嘆く親御さんにするアドバイスと同じですね(笑)

 

 

お子さんが勉強しないのは、単純に、親が勉強している姿を見せないからです。

 

 

自身は全く向上する意思もなく、子供にそれを押し付けるのは大迷惑な話です(笑)

 

 

私の少ない経験から振り返ってみると、ギャンギャン言うのは、

総じて、学生時代に自らはほとんど勉強していなかった方々ですね。

 

 

自身が果たせなかった『夢(?)』かも知れませんが、

それをそのまま子供に押し付けられたら、たまったものではありません。

 

 

自らが『勉強』する姿を見せれば、子供は自然と同じ行動をとると思います。

それが、そのまま『金融リテラシー』にも当てはまる。

 

 

ここは、『大前提』として覚えておいてください。

 

 

次に、それ以外のポイントも考えました。

 

 

結論から言うと、『特別なこと』をする必要はないと思います。

 

 

親御さんはよく『優秀な家庭教師』『学習塾』に入れることを考えます。

 

 

でも、

 

 

私が知らないだけかも知れませんが、

世の中に、パッと言われて思いつくような、そのような施設は無いですよね。

 

 

だったら、ご自身の『ご家庭』で実践すれば良いだけの話です。

 

 

こちらも、『特別な話』をする必要はありません。

 

 

ただ、

 

 

日常生活で関わりあう『お金』の話から、逃げることなく、

お子さんがいらっしゃる場面で、食卓の話題等で話せば良いだけです。

 

 

『小学校の教育関連費、食費が毎月いくらかかっている。』

 

 

『習い事で通うスイミングスクールの月謝は、毎月◉◉◉◉円。』

 

 

『運動部活動の遠征費は、いくらかかっているのか。』

 

 

『大学に行く場合、私立・公立でそれぞれいくら総額かかる。』

 

 

『親の年収はいくらで、家庭にはいくらの資産がある。』

(*これは少し年齢が上がってからでないと、情報漏洩のリスクがありますが。)

 

 

などなど。

 

 

親御さんが『お金』の話題を普段の会話からしていることで、

いつか、響くタイミングで、お子さんには必ず『興味の対象』となります。

 

 

こちらから、あれこれと教えるのではなく、

『興味』を持たせることで、自然と勉強して行くようになると思うのです。

 

 

自らを振り返ると、

 

 

学生時代に、家庭では『お金』の話を全くしてこなかった事に気付きます。

 

 

幸いな事に(?)、

 

 

私自身、これまで『経済的』な困窮状態を経験したことはありません。

 

 

私の家は『お金持ち』というほどでは無かったと思いますが、

何不自由なく、学生生活を送れましたし、部活動についても困ったことはありません。

 

 

祖父母が引っ越してきて同居するタイミングでは、

家も増築し、新しい家に自身の部屋も与えてもらいました。

(*恐らく、フル・キャッシュで支払ったと想像します。)

 

 

本当に、何不自由なく、『お金』を考えることなく学生時代を過ごしました。

 

 

しかし、

 

 

一見、恵まれたように思えるこの環境が、

自らの『お金』に対する感覚を鈍らせてしまっていたんですよね。

 

 

まず、磨いてないので、当たり前の話ですが(笑)

 

 

事実、

 

 

それまで『お金』と向き合わなかった事で、

実家を出た『大学時代』『社会人初期』はその扱いに苦労しました。

 

 

恐らく、

 

 

私と同じような状況の方は、

公式ブログ読者の方々の中にも、数多くいらっしゃると思います。

 

 

『毎月の世帯収入◉◉万円の中から、お小遣いをいくら渡している。』

 

 

『この前行った家族旅行では、総額いくらのお金がかかっている。』

 

 

『野球部の県外遠征費は、前回はいくらかかっていた。』

 

 

『世帯の保有資産いくらの中から、大学費用いくらを賄う事になる。』

 

 

などなど。

 

 

決して、恩着せがましく、押し付けるように言うのでは無いです。

 

 

でも、

 

 

自身が『当たり前』のようにしている日常生活について、

『経済的コスト』がいくらかかっているか、教えるのはとても良いことです。

 

 

私は、

 

 

子供サイドとしても、それをきちんと『意識』して、

親に対して『気を遣う』ことは、私としては健全な『常識』だと考えます。

 

 

そういった経験を通して、少しずつ『大人』になっていくのです。

 

 

ぜひ、普段のご家庭の会話から、

逃げずに、『お金』のテーマを話題に出してください。

 

 

そうする事で、

 

 

必然的に『金融リテラシー』は高まり、

将来的に、お子さんにとっても『真の財産』となっていくと考えます。

 

 

そして、

 

 

その為にも、まずは親御さん自身が『金融リテラシー』を高めていく事です。

 

 

『金融リテラシーを高め、資産形成をスタートしたい!』という方に最適なセミナーを、

大阪・梅田は6月22日(金)、神戸・三ノ宮は6月28日(木)にて開催致します。

 

 

■2018年6月22日(金)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2018年6月28日(木)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile