新型ウイルスが秘める、『既存の職業』を消滅させる可能性。

今日のテーマは、『新型ウイルスが秘める、既存の職業を消滅させる可能性』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『新型ウイルスがもたらす、税収20%減のインパクト』と題して、

今後、日本が抱えるであろう、『財政問題』のヤバさをご紹介しました。

 

 

6月18日現在、

 

 

日本全体としても、現在感染者数は1000人を下回り、

『感染拡大』という観点では、落ち着きを見せています。

 

 

しかし、

 

 

『経済活動(循環スピード)』に関しては、未だ停滞しており、

経済的に、暫く『苦境』を強いられる方々もいらっしゃいます。

 

 

それは、

 

 

『国家』という括りでも、全く同じ問題として存在しており、

2020年度の税収(歳入)は、20%吹き飛ぶ可能性も秘めます。

 

 

個人同様、

 

 

『国家』という巨大組織においても、『収入20%減』は大問題で、

それが継続していくならば、『破綻』という可能性も見えてきます。

 

 

この辺り、

 

 

東証一部上場の『大企業』が破綻する時のように、

組織が大きければ、大きいほど、その『終焉』は突如として訪れます。

 

 

歴史を紐解けば、

 

 

秋以降、『第二波』の襲来も確実視されていますが、

感染拡大と併せて、経済的側面にも、大きな影響を与えると考えます。

 

 

このように、

 

 

既に、世界に多大なる影響を与える『新型ウイルス』ですが、

『職業』という観点で、ターニング・ポイントを迎えることも必至です。

 

 

実際に、

 

 

私自身、4月以降の『仕事スタイル』はガラッと変化しており、

『直接面会』しての面談を実施する、単月での人数が、

『5人未満』となっていることは、先日、ご紹介した通りです。

 

 

その他は、

 

 

全てオンライン(Zoom)開催に切え換えて活動しており、

当然、『デメリット』も存在しているものの、

その『メリット』も、大きく享受することが出来ています。

 

 

数年後、

 

 

『新型ウイルス』を巡る問題が、完全終息を見せたとしても、

一度、変化した『仕事スタイル』が、元に戻ることは有りません。

 

 

それは、『会社員』の方々も、同じではないでしょうか??

 

 

コア読者の方々は、ご存知の通り、

 

 

私自身、『会社員』という立場で過ごした20代の期間は、

製薬企業で『医薬情報担当者(MR)』として活動しました。

 

 

その為か、

 

 

現在のクライアントさんの中にも、かつての私と同業種の方々の他、

医師、薬剤師、看護師の方々等、医療に従事されている方々も多い。

 

 

大学卒業後、

 

 

薬学部出身者でもないにも関わらず、就職先として選んだ理由は、

その当時、この業界が醸し出していた『バブリー感』に惹かれた為です。

 

 

単純に、『平均年収』が高かったんですね。

 

 

当時、

 

 

『団塊世代』の集団退職を目前に控えていた就職活動期、

私は、その流れに完全に乗り切り、多数の会社の内定を獲得しました。

 

 

全国的に名の知れた大企業の内定だけで、実に『13社』です。

 

 

その中から、

 

 

社会人スタートする就職先として選択したのが製薬企業で、

大学時代からは、想像していないレベルの収入を得ました。

 

 

『20代独身』としては、十分過ぎる給与ですよね。

 

 

と言うか、

 

 

当時は、会社の『福利厚生』が手厚過ぎる制度として存在しており、

毎月20日に振り込まれる給料は、余剰の『お小遣い』という感覚でした。

 

 

当然、

 

 

目敏い、他業界の女性陣からは合コンの誘いが引っ切りなしで、

その状況に、同期入社の男性社員全員の頭がバグっていたと思います。

 

 

人間、甘やかされると、ロクなものになりませんね(笑)

 

 

不思議なもので、

 

 

入社当初、毎月、感謝して頂いていた『給与・賞与』も、

何年か継続すれば、『貰えること』が当たり前に変わってしまいます。

 

 

実際、

 

 

40代、50代以降の社員は、その生活を20年以上続けた訳で、

会社から『与えられること』が、『当たり前』としか考えません。

 

 

ある時、

 

 

福利厚生の『適正水準』への変更報告する労働組合会議が行われた際、

会社の決定に『納得いかない!』と叫ぶ大人が多過ぎて、引きました。

 

 

自身が『オッサン』になった時、

こんな『格好わるい大人』になりたくないな、と感じたものです。

 

 

自身も、少なからず影響を受けていたと思いますが、

あの当時、あの業界は、確実にトチ狂っていました。

 

 

それから、時を経て。

 

 

『製薬業界』は、未だに給与水準の高い業界として君臨するようですが、

『新型ウイルス』の影響を受け、職業存続の転換点を迎えると言います。

 

 

当然の話、

 

 

国内感染者が『ピーク』を迎える直前から、その最中まで、

3月、4月、5月の3ヶ月間は、

医療機関へのMRの訪問は、ほぼ完全制限されていました。

 

 

考えてみれば当然で、

 

 

医療機関から医療機関へ、医師との面談に臨むMRは、

途轍もない『ウイルス・キャリア』になる可能性を秘めます。

 

 

もし、仮に『ウイルス陽性』となる人間が発生したら、

『濃厚接触者』の数は、爆発的に増大してしまいます。

 

 

また、

 

 

当初、医療崩壊も懸念され、多忙・緊張を極めた現場において、

『MRの相手をしている暇はない』と言うのが、本音でしょう。

 

 

私自身、

 

 

以前の同僚等から、情報は流れてきていましたが、

毎日出社はするものの、基本的には会社待機して、

担当医師から要請があれば、電話連絡等で対応するレベル。

 

 

当然、

 

 

この期間、全国的に医療従事者向け研究会等も中止ですから、

MRの仕事というのは、壊滅的になくなってしまっていました。

 

 

そして、

 

 

問題なのは、『それでも社会は回っていた』ということです。

 

 

一般的に、

 

 

この業界の給与水準は、以前より落ちたと言えど、

『30代で1000万円』はくだらないと言われていました。

 

 

しかし、

 

 

会社経営をされている方々なら理解される通り、

これは、事業継続する上で『多大なるコスト』です。

 

 

もしも、

 

 

それ(コスト)無くして、『売上げ』が確保できるのであれば、

経営者として、その『見直し』を図るのが『当然』と言えます。

 

 

私が働いていた当時から、

 

 

『MRは、給与レベルの価値を生んでいるのか??』は、

しばしば、話題に挙げられる場面があったのが事実です。

 

 

今回の『コロナ危機』により、

 

 

強制的に、その『試行実験』が行われたことにより、

一気に『窮地』に立たされてしまった感があります。

 

 

恐らく、この仕事も、近い将来、消える。

 

 

正確には、『完全消滅』とはいかないでしょうが、

現在、全国に『約6.5万人』存在するMRのうち、

『10%程度』にまで、人員削減されるのではないでしょうか。

 

 

2020年迎えた『コロナ危機』では、経済への影響はじめ、

私たちの『生活スタイル』全般に変化をもたらそうとしています。

 

 

その『転換点』に生きていることは、

しっかりと自覚しておいた方が良さそうです。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『オンライン:Zoom受講』に切り替えて開催しております。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

通常、

 

 

リアル開催は『1人(講師)対複数人(参加者の皆さん)』の開催ですが、

原則として、Zoom開催は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*『個別質問お答え出来る』というメリットも有ります。)

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile