日本国の『デフレーション進行論』は、果たして『真実』か??

今日のテーマは、『日本国のデフレーション進行論は、果たして真実か??』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『あなたは、老後資産2000万円問題に真剣に取り組んでますか??』と題して、

近い将来、私たち『日本人』を待ち受けている、『真実』についてご紹介しました。

 

 

2020年、

 

 

突如、発生した『新型ウイルス問題』に関係なく、

『日本国』は、もともとヤバい状況にありました。

 

 

確かに、

 

 

『少子高齢化』傾向が続いている先進諸国が、

『共通の課題』を抱えていることは事実です。

 

 

しかし、

 

 

『高齢化進展率』『累積債務』とも世界ワースト水準の日本は、

不名誉ながら、その分野ではトップ・ランナーをひた走ります。

 

 

この状況にも関わらず、

 

 

数年前の調査では、日本全体の『20%』に該当する世帯が、

『保有資産(預貯金)ゼロ世帯』であることが判明しました。

 

 

また、

 

 

『純資産』という観点で『1000万円未満』世帯となると、

日本全体の『約半数』ほどの世帯が該当するとも言われます。

 

 

私の想像以上に、

 

 

一見、普通の生活をしているように見える、街ゆく方々が、

『自転車操業』で人生をやり繰りしている事が分かります。

 

 

その中で、

 

 

昨年(2019年)、遂に、日本政府から公表があったのが、

昨日ご紹介させていただいた『老後資産2000万円問題』。

 

 

要は、

 

 

『定年退職』というポイントにおいて、最低水準としても、

『2000万円』無ければ話にならないというデータです。

 

 

この辺り、

 

 

恐らく、日本政府としては、『ジャブ』を打ったつもりですが、

予想外、日本国民に対して『致命傷』を与える力がありました。

 

 

と言うのも、

 

 

日本政府は、『最低、これくらい要るよ』と知らせたかったものが、

一定数の国民には、『最低水準=絶望的な水準』に映ったからです。

 

 

あらゆる物事に共通することですが、

明らかに『実現不可能な目標』とは、

人を、絶望させる力を持っています。

 

 

少なくとも、

 

 

冒頭でご紹介した『保有資産ゼロ世帯』の方々からすれば、

『2000万円』という数字は、十分すぎる殺傷能力です。

 

 

しかし、

 

 

『現実』は、その数字以上に厳しくなると予想されており、

『2000万円』は、凡ゆる観点を楽観した算出結果でしか有りません。

 

 

その1つは、

 

 

誰もが知る『年金システム』という最重要テーマなのですが、

『公営のネズミ講』である同システムの破綻は、明らかです。

 

 

昨年、

 

 

『年金財政検証』なるデータも公表されていましたが、

政府が仮定している『悲観シナリオ』を辿った場合に、

2040年代『完全賦課方式』に突入してしまいます。

 

 

これは、

 

 

『現役世代』から徴収された『年金保険料』が、

そのまま『高齢者』に分配される仕組みですが、

そんなもの、果たして、支払う人間が存在するのか不明です。

 

 

当然、

 

 

政府も、この『最悪パターン』を回避しようと画策しますが、

その手段の一つとして考えられるのが『支給額の減額』です。

 

 

これにより、老後の『収支ギャップ』はさらに拡大します。

 

 

また、

 

 

今日取り上げる『インフレ・デフレ』というテーマも、

その状況を、さらに悪化させてしまうと考えられます。

 

 

『失われた30年』は、

 

 

元号『平成』を、象徴する言葉として使われていますが、

この期間、日本は『デフレ進行』したと言われています。

 

 

果たして、これは『真実』なのでしょうか??

 

 

前提となる『概念』から確認すると、

 

 

『インフレーション』という言葉は『貨幣価値の下落』を表し、

反対に『デフレーション』は、『貨幣価値の上昇』を表します。

 

 

実は、この『定義』の理解を間違っている人は多いですよね。

 

 

『インフレーション:物価上昇』『デフレーション:物価下落』と、

経済の専門書籍等にも、間違った定義が掲載されることもあります。

 

 

『結果』として、同様のこと(?)を表しますが、

『定義』は大切なので、この機会に覚えましょう。

 

 

話を戻すと、

 

 

日本政府・メディア等が、盛んに喧伝する『デフレ進行』ですが、

果たして、皆さん、これまでに経験(実感)した事がありますか??

 

 

もしも、

 

 

これらの報道(デフレ進行)が『真実』なのだとしたら、

『貨幣価値』上昇に伴い、その『購買力』も増加します。

 

 

結果、

 

 

『物価』も下がったように感じてしまうのですが、

今まで、それを実感した記憶があるのでしょうか??

 

 

私自身、まったく有りません。

 

 

子供の頃、100円で購入していた『チョコモナカジャンボ』は、

2020年現在『140円』と、明らかに値段が上昇しています。

 

 

また、

 

 

ダウンタウン・浜田雅功さんが愛するとされる『ペヤング』も、

直近5年間だけで、『約20%』もの値上げを敢行しています。

 

 

その他、

 

 

一見、『値上げ』していないような食品・生活必需品類も、

内容量を減少させる形で『実質的値上げ』が続いています。

 

 

これ以外でも良いです。

 

 

何かの場面で、『過去』に行われてきた商取引よりも、

『取引価格』が減少している事例があるでしょうか??

 

 

恐らく、有りません。

 

 

記載できない特定分野で、価格下落が見られる事もありますが、

それは『需要・供給バランス』の崩れで、『デフレ』ではない。

 

 

日本に限らず、

 

 

『現代版:資本主義経済』を採用する国家において、

『デフレ進行』は、ほぼ100%有り得ない事です。

 

 

それでは、

 

 

何故、政府・メディアは『デフレ進行』を扇動するのか??

 

 

それは、

 

 

『失われた30年』と表現される、私たちが生きる現代において、

日本人の『平均所得』が、まったく上昇を見せていないからです。

 

 

『デフレだから、しょうがないよね』と。

 

 

決して、騙されてはいけません。

 

 

『今』も『昔』も、常に『インフレーション』は進行し続けます。

 

 

つまり、『貨幣価値』は、これまでも、これからも減少し続ける。

 

 

それも踏まえて、

 

 

老後資産として、必要な『収支ギャップ』は拡大しますから、

『資産形成』をしないことは『人生放棄』を意味するのです。

 

 

あなたは、どうしますか??

 

 

『具体的アクション』を起こさなければ、

将来は、相当ヤバいことになりそうです。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■10/28(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■10/29(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■10/28(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■10/29(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile