時代は繰り返す★

『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です★

実は、昨日書こうと思っていたのが今日の記事です(>_<)

一昨日の記事と関連性を持たせたかったのですが、
突然の『原油価格回復』に引っ張られて違う記事を書いてしまった(笑)

少しだけ振り返ると、一昨日のblogでは、
『金融・証券マンが高額報酬』な理由として、
彼らはイカサマをしても『売り逃げ』できる環境が整っているからだと述べました。

そして、またそれは繰り返されそうです。

すべての分野に言えることですが、
『金融』の世界でも、本当に『時代は繰り返す』。

僕たちは、自分が考えているより賢くはなさそうです(>_<)

4月上旬、こんな報道が出てきました。

『デリバティブ資本規制、緩和方向に前進』

皆さん、気付かれていましたか(^_^)??

ご存知の方も多いでしょうが、
『デリバティブ:金融派生商品』の取引は、
投資系銀行中心にレバレッジをかけて取引してます。

『レバレッジ』

実際には『保有』していない『お金』を、
『信用創造』により作り出して取引することです。

『FX』なんかやってる人ならイメージつきやすいですが、
『レバレッジ取引』の際は、利益が上がれば大きくなる一方、
下落するときもこれと同じ速度で損失が膨らみます。

本当は『無い』ものを『有る』として取引するので、
市場がどっちに転ぼうとも相応の『リスク』を抱えるのです。

で、その『リスク』が最悪の結果を招いた1つが、
2008年の『サブプライム・ショック』問題。

*『リーマン・ショック』はどう考えても呼称が正しく無いので、個人的には使うのを辞めました。

この時の失敗を教訓に、
業界的に制度も厳格化して『資本規制』を強化してました。

要は、デリバティブ取引の際の、
金融機関の資本比率を一定割合保ちなさいよ、ということ。

でも、これはバンカーからしたら面白く無いよね。

もっと大きなレバレッジをかけられたら、
設ける局面では利益が最大化できて、自身の報酬も跳ね上がります。

だから、これまでも度々『資本規制』の緩和が叫ばれてました。

そして、今回出てきたのがその話です(^_^)

表向きの訴求は、
『顧客が差し出す担保で数十億ドル規模の資本負担がかかっている』ので、
その分の『資本規制』を緩和してくれないか、と。

さらに、従来のレバレッジ規制ではリスク判断を勘案していなかった、
担保を保有する銀行に対する信用度の審査向上も目指す、と。

でも、サブプライムの時もそうでしたが、
『信用度』って結構簡単に書き換えできましたよね(笑)

今後また、『資本規制』は緩和されます。

金融街のバンカーたちが、
また時間をかけて暴れ始める時代が来る。

2015年、すでに新たな『CDO』が開発されたとの話もあります。

時代は『バブル』と『崩壊』を繰り返し成長する。

そのことを頭において、
僕たちもこれからの時代を見抜いていきたいですね(^_^)★

『資産形成』を本気でお考えの方は、
ぜひ『お金のセッション』をご受講ください(^_^)

『人生を変えるお金のセッション』やってます★
・あなたのライフプランに希望を与えます。
・公式サイト内『予約フォーム』よりご予約ください。
・井上耕太:michiamokota0421@gmail.comまで、
 メールでのお問い合わせもお待ちしております(^_^)

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile