異次元ワールド突入の時代、『マイナス利回り社債』発行という衝撃。

今日のテーマは、『異次元ワールド突入の時代、マイナス利回り社債発行という衝撃』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『過去最大級の財政赤字に陥る、世界の覇権国・米国の憂慮』と題して、

米国が陥る『借金地獄』について、その一端をご紹介させて頂きました。

 

 

もしも、

 

 

経済の脆弱な『発展途上国』が同じ状況に陥れば、

即、デフォルト宣言を発動しそうな酷い状況です。

 

 

いや、

 

 

名も無い『発展途上国』までハードルを下げなくとも、

南欧諸国ですら、即刻、破綻宣言してしまいそうです。

 

 

それどころか、

 

 

私たちが居住する『日本国』は、それ以上の惨状にあるので、

決して『他人の心配』をしてる場合ではないかも知れません。

 

 

しかし、

 

 

覇権国・米国が、米国以外の諸国家と異なるポイントは、

『基軸通貨特権』という伝家の宝刀を保有していること。

 

 

これにより、

 

 

いざとなれば、米国は『無限ファイナンス』が可能な為、

毎年行われる、米国議会の『ポーズ』とは裏腹に、

現行のルール上は、米国は、破綻することは有りません。

 

 

*一部の方々の思惑が働き、『破綻』という選択をする可能性はゼロでは無いです。

 

 

また、

 

 

第二次世界大戦の十字架を、未だに背負う『敗戦国』が、

必死に国債を引き受けて、米国を支え続けていますよね。

 

 

この辺り、

 

 

WGIPにより、一方的な『責任意識』を埋め込まれた日本人は、

まったく意識することなく、利用されていることが辛い所です。

 

 

知れば知るほど、『お金』というものの存在が分からなくなります。

 

 

それで、

 

 

『リアル』と分離されて半世紀が経過した現代、

すっかり『バーチャル』な存在になった貨幣が、

いよいよ『異次元ワールド』に突入して来ました。

 

 

先日も、興味を惹かれる報道が出ていましたね。

 

 

『三井住友銀行、マイナス利回り債券を欧州で発行』

 

 

一見すると、意味が理解できない方もいると思います。

 

 

この度、日本トップバンクの1つ『三井住友銀行』が、

利回りマイナスとなる『ユーロ建て担保付き社債』を、

欧州市場で『10億ユーロ(1200億円超)』発行します。

 

 

これは、

 

 

『カバード・ボンド』という住宅ローンを裏付けに、

償還期間を『5年』で設定して発行される債権です。

 

 

金利は、

 

 

『年率0.01%』で設定されますが、額面『100ユーロ』に対して、

購入するにあたり、保有希望者の支払金額は『100.895ユーロ』。

 

 

結果、

 

 

数字上トータルでも『債権発行者(三井住友銀行)』が得する形になり、

『保有者(債権購入者)』は、端から損する仕組みになってしまいます。

 

 

金融・経済を『根幹』から揺るがす、大惨事ですね(笑)

 

 

基本的に、

 

 

『お金』は、現在が最も価値が高いという認識のもと、

将来の価値は、割り引いて計算されることになります。

 

 

これが、

 

 

『債務者(債権発行者)』が『債務者(購入者)』に対して、

償還額面にプラスして、『利回り』を支払う理由と言えます。

 

 

そもそも、そんな体系立てた話をしなくても分かりますよね。

 

 

仮に、

 

 

あなたが、友人に『1万円』を貸すというケースを考えた時、

約束した1年後の償還期限で、『1万円』だけ返済されても、

どこか『物足りなさ』を感じてしまうでしょう。

 

 

この時、

 

 

『債権者』のあなたは、『1万円』の流動性を放棄しているので、

それ相応の報酬(利払い)が無ければ、対等な取引と言えません。

 

 

このように、

 

 

感情的アプローチでも、その『正当性』が示されるのが、

『債券』と『利回り』という両者の間にある関係性です。

 

 

話を戻すと、

 

 

今回、三井住友銀行が発行する『マイナス利回り債券』は、

上記『前提』を覆し、欧州市場で相当需要が見込まれます。

 

 

一体、

 

 

どこの物好き(変態?)が『損する債券』を購入するのでしょうか??

 

 

理屈は、次の通りです。

 

 

現在、日本以上に『マイナス金利』の度が行きすぎる欧州では、

金融機関が、ECB(欧州中央銀行)に余剰資金を預け入れる際、

『▲0.5%』ものマイナス金利が発生してしまいます。

 

 

既に、

 

 

貨幣が『バーチャル』な存在になったことは前述しましたが、

『リアル』な存在だったと仮定した時、ECBに預け過ぎると、

『場所代(管理費)』を請求される感覚でしょうか。

 

 

そこで、

 

 

三井住友銀行が発行する『マイナス利回り債券』に需要が出て来て、

『単体』で考えた場合、損することは確定しているものの、

『損失幅が、相対的に小さくなる』という理由で購入されるのです。

 

 

もはや、意味が分かりませんね。

 

 

『草食系男子』を極めた平成世代が、

『1番好きな子には振られるのが嫌だから』という理由で、

『2番目に好きな子』と付き合ってしまう感覚でしょうか。

 

 

『昭和』に生まれ育った、私には理解できない思考回路です。

 

 

何気なく感じられるかも知れませんが、

今回、『マイナス利回り債券』が発行された出来事は、

経済・金融の原則を『根幹』から覆す異常な事態です。

 

 

恐らく、

 

 

『リアル』と『バーチャル』の歪みが増大するであろう今後、

このような『異常事態』は、どんどん出て来ると予想します。

 

 

『お金』の未来は、一体、どこへ向かってしまうのか??

 

 

『価値が無くなる』という可能性は低いと思いますが、

これからも、アンテナを張り続けることは、大切です。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■9/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■9/26(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■9/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■9/26(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile