私たちは、いつも『他人事(ひとごと)』と考えてしまう。

今日のテーマは、『私たちは、いつも他人事(ひとごと)と考えてしまう』です。

 

 

久しぶりに、『お金』『投資』に関わる記事を書きます(笑)

 

 

基本的に、土日祝日を主として、『新規クライアントさん』の面談をしています。

 

 

本日のクライアントさんは、30歳の専門職に就かれている女性でした。

 

 

『20代から始める、40歳セミリタイア・ライフプラン』を専門に掲げるものの、

実際に、20代で面談を受講しに来られる方は、全体の『1割未満』に限られます。

 

 

一般的に、

 

 

『時間』『お金』『体力(健康)』等の有限さを実感し、

『人生』に対して、本気で、真剣に向き合い始めるのは、もう少し後のこと。

 

 

事実、

 

 

クライアントさんの多くは、私(35歳)よりも歳上の方々ばかりで、

早くて30代後半から、40代半ば、50代、60代の方々が『メイン』です。

 

 

そう考えると、今日、面談させて頂いた女性は、比較的若い方ですね。

 

 

ただし、

 

 

私も含めて、既に『30歳』を通過されている方々は理解できますが、

人生において、1つの『ターニング・ポイント』を迎える時期でもあります。

 

 

2019年現在、

 

 

『私たちの親世代』が、20代、30代を過ごした時代ほど、

『画一的な価値観』など存在せず、この数十年で『常識』も一通り書き換わりました。

 

 

顕著に感じるのが、

 

 

『女性』の社会での活躍・躍進で(世界基準から乖離があると言われますが)、

『結婚・パートナーシップ』についても、現在では様々な価値観が存在します。

 

 

現実に、

 

 

私のクライアントさんには、キャリア・ウーマンと呼ばれる方も多いですが、

『結婚』というイベントに固執する事なく、人生を謳歌している方も多くいらっしゃいます。

 

 

それだけ、

 

 

『女性』が独力で生活できるほど、『経済力』がついている証拠ですが、

その分、『働き方』『人生観』も含めて、選択肢が複雑になっているように感じます。

 

 

ただし、

 

 

どのような『選択』をしようとも、今後の社会においては、

『既存の社会保障』に依存せず、独力で『資産形成』することからは、逃げられません。

 

 

主催セミナーでは常々お伝えしていますが、

 

 

あなたが、どのような業界・職業に所属していようとも、立場に置かれようとも、

『資産形成(投資)をしない』という選択は、直結して『人生放棄』を意味します。

 

 

その事をしっかりと認識していただき、

公式ブログ読者の皆さんは、『具体的なアクション』を起こして頂けたら幸いです。

 

 

個人セッションの中では、

 

 

日本の『財政状況』の現状についてお話しさせて頂く場面もありますが、

本日の面談でも、私自身、話していて『そうだよな』と感じたことを取り上げたいと思います。

 

 

それが、今日のタイトル。

 

 

私たちは、いつも『他人事(ひとごと)』と考えてしまう。

 

 

いくら、

 

 

今、現時点で、『日本財政はヤバイ状況です』という事をお伝えしても、

日々、その事を実感して『準備』を進めているごく少数派の方々以外は、

どうしても『他人事(ひとごと)』としか考えられません。

 

 

例えば、

 

 

過去、いつとは言いませんが、『GDP(国内総生産)比:200%』という、

途轍もない『借金(国家債務)』を積み上げた時が、日本にはありました。

 

 

その時、『債務解消手段』として、国家(政府)がとった行動は次の通りです。

 

 

・新貨幣・旧貨幣の交換スキーム(旧貨幣は使用不能)。

 

 

・預金封鎖(預金引出し制限)。

 

 

・資産課税(資産保有に対する徴税)。

 

 

・インフレーション(貨幣価値の意図的下落政策)。

 

 

・デノミネーション(国家による貨幣価値の切下げ)。

 

 

この一連の流れを通して、国民資産の殆どを没収し、債務解消した訳ですが、

今から『70年以上』も前の事ですから、私たちにとっては『他人事』です。

 

 

このイベントについては、

 

 

現時点で、経験的・体験的に知っている方々は殆どいないので、

ある程度、(他人事と感じてしまうのは)仕方ない事なのかも知れません。

 

 

実際に、

 

 

上記のような『事実』をお伝えしたとしても、現代日本において、

『本当に、そんなことが起こるんですか??』と感じられる方が『大勢』です。

 

 

周りを見渡せば、

 

 

そのような事に対して、『備えている人間』は、殆ど見当たらないし、

夏の日差しが、幾分和らぎ始めた最近では、『快適な日常』が続いています。

 

 

どちらか言えば、

 

 

私がお伝えしていることの方が、『非日常』として捉えられがちで、

日本の財政状況が悪化しているのは知っているけど、自身とは『リンク』しません。

 

 

少し時代を振り返れば、

 

 

1990年代後半、『アジア通過危機』が起こった際、

『投資マネー』が瞬時に引いた、お隣の国『韓国』が、

一気に『国家破綻の危機』に陥ったことが思い出されます。

 

 

この時、

 

 

IMF(国際通貨基金)までもが同国に介入し、何とか危機回避しましたが、

名だたる大企業が多数倒産し、国債格付けも下方修正される大惨事に見舞われました。

 

 

当然、

 

 

この時期、韓国国内は、経済的に混乱・困窮を極めており、

ダイレクトに影響を受けた『国民生活』は、相当悲惨なものだったと推測します。

 

 

しかし、

 

 

この時も、私たちは隣国の大惨事を『他人事(ひとごと)』としか捉えておらず、

今となっては、この時の『経済的有事』の記憶さえ、忘れ去ってしまっています。

 

 

それだけ、

 

 

『目先のこと』で『自分に関係すること』以外は、『無関心』だということです。

 

 

この事について、

 

 

世界的ベストセラーとなった『7つの習慣』の中で、

スティーブン・R・コヴィー博士は、人間の行動を4つの領域に分類しています。

 

 

第一領域は、『緊急性』が高く、『重要度』も高いもの。

 

 

第二領域は、『緊急性』は高くないが、『重要度』が高いもの。

 

 

第三領域は、『緊急性』は高いが、『重要度』は高くないもの。

 

 

第四領域は、『緊急性』、『重要度』共に高くないもの。

 

 

そして、

 

 

世間一般の方々は、『第一領域』『第三領域』に終始して日々を過ごすが、

人生の『質』を高める為には、『第二領域』の行動こそが最重要だ、とも。

 

 

お伝えしたいのは、

 

 

『目先のこと』『自分に関係(直結)すること』だけに目を向けていては、

『第二領域(最重要項目)』を見抜くことは、決して、出来ません。

 

 

一見、『他人事(ひとごと)』と思えるような物事にも、

センシティブに『アンテナ』を張り、『資産形成』に臨んで頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■1組限定!■9月17日(火)東京出張セッション開催決定!

****詳細はこちらよりご確認ください****

*『資産形成』にご興味持たれる方は、ぜひ有効活用頂けたら幸いです。

——————————————————————–

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮9月27日(木)、大阪・梅田9月28日(金)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2019年9月26日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2019年9月27日(金)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

5 件のコメント

  • … [Trackback]

    […] There you can find 54595 additional Info on that Topic: michiamokota0421.com/私たちは、いつも『他人事(ひとごと)』と考え/ […]

  • … [Trackback]

    […] Find More Info here on that Topic: michiamokota0421.com/私たちは、いつも『他人事(ひとごと)』と考え/ […]

  • … [Trackback]

    […] Find More on that Topic: michiamokota0421.com/私たちは、いつも『他人事(ひとごと)』と考え/ […]

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile