20センチの距離にある『パラレル・ワールド』★

今日のテーマは、『20センチの距離にあるパラレル・ワールド』です。

 

 

本日、3月12日、ようやく昨年分の確定申告が終わりました。

 

 

直接繋がっている方はご存知の方もいらっしゃいますが、

私の妻は、昨年は日本国内で仕事をしていて、今は海外住まい。

 

 

確定申告シーズンに日本にいませんので、

必然、今年は妻の分の『確定申告』も私がすることになります。

 

 

『井上さんの奥様なら、お金にしっかりしてそうですね。』

 

 

『ご夫婦揃って、資産形成に励まれているんでしょう??』

 

 

周りの方々からはよくそのように言って頂きますが、

残念ながら、はっきり言って、妻は『お金』『資産形成』に全く無頓着です(涙)

 

 

しかし、

 

 

決して『不満』がある訳ではなく(←誰に向けて言っている??)、

お互い『バランス』を取る方こそ、夫婦生活がうまく言っているのだと思います。

 

 

普段、

 

 

多くのクライアントさんを面談させて頂きますが、

私たち夫婦同様、対局で『バランス』を取るカップルはとても多いですね。

 

 

人間社会は『理屈通り』『合理的』には進みませんので、

その形が、その『カップル』にとってベストな状態だと思います。

 

 

それでも、

 

 

稀にご夫婦同じ方向を向いて進まれるご夫妻もいらっしゃるので、

それはそれで、とても羨ましく感じるのですが、、、、、。

 

 

話を元に戻すと、

 

 

今回は『あの資料が無いやろ!』『早く手配しろ!』と、

夫婦でやいやい言い合いながら、LINE電話でやり取りしながら、何とか確定申告を終えました。

 

 

これで精神的にも少し楽になり、

明日から、また『ビジネス』に集中した毎日を過ごすことが出来ます。

 

 

この『仕事』が、1年に1回で本当に良かったと感じています。

 

 

それで、

 

 

それこそ1年に1回なので、毎年この時期に感じるのですが、

普段、同じように生活していて、『パラレル・ワールド』は確実に存在すると思います。

 

 

私は、20代を『会社員』として過ごしたので、

余計、そのことを実感持って感じるかも知れません。

 

 

どういうことか??

 

 

例えば、

 

 

『会社員』の皆さんは普段から感じられているかもですが、

給料日に明細を見て、『支給額面と手取り額、乖離があるな〜』と思っていませんか??

 

 

ざっくりとした概算値になりますが、

 

 

一般的な『収入』の会社員の方々の場合、

社会保険料・税金等が源泉徴収された後の手取り額は、支給額面の『約4分の3』になります。

 

 

反対に言えば、

 

 

『所得税』『住民税』『健康保険料』『厚生年金保険料』etc.

これらの総額が、支給額面の『4分の1』にあたります。

 

 

実に、全体の『25%』です。

 

 

この事実が、

 

 

一般的な大卒会社員の平均生涯年収『2億4000万円』に対して、

実際に使える金額は、『1億8000万円』程と言われる所以です。

 

 

20代、30代の若い間はあまり気にしていないかも知れませんが、

年を経るごとに、ボディー・ブローのように効いてきますよね。

 

 

この辺りまでを全て含めて『税金』と捉える人たちの中には、

日本を『高負担・低福祉国家』と言う方々がいるのも、納得かも知れません。

 

 

どうでしょう、皆さん。

 

 

結構、大きな数字ですよね。

 

 

対して、

 

 

私たちのような事業者にとっては、実は、

社会保険料含めた『税金』の類は、会社員の方々のそれより負担が軽いのをご存知ですか??

 

 

会社員の方々にも『給与所得控除』がありますが、

事業者の『事業経費』と比較したら、計上できる『経費』もたかが知れています。

 

 

事業者の場合、24時間365日が仕事という事もありますが、

通常、活動している上でも、経費計上できる支出は案外多いものなのです。

 

 

夫が事業者で、妻が専業主婦の夫婦を考えたとします。

 

 

業態にもよりますが、夫の支出は『ビジネス』に関係する合理的理由があれば、

通常の活動、かなりの部分が経費参入できると思うのです。

 

 

仮に、

 

 

年間1000万円程度の『収入』があったとしても、

経費と差引後、総所得金額を半分程度に圧縮できる事など、事業者としてはザラです。

 

 

加えて、

 

 

・青色申告特別控除(複式簿記):65万円

 

 

・基礎控除:38万円  ×  2人分:76万円

 

 

・配偶者控除(妻の収入次第):38万円

 

 

などなど。

 

 

これらを考慮していくと、単純計算でも、

年間『約180万円』単位の無税枠があるのは、かなり大きいです。

 

 

仮に、

 

 

この『年間180万円』を十年継続投資で株式市場に投入し、

『年率8%』で運用していくと、『約2800万円超』の資産形成が可能です。

 

 

地方都市であれば、かなり良い家が建てられますね。

 

 

*普段、『賃貸戦略派』を提唱していますが、『マイホーム』の例えを用いてしまいました。

 

 

この一面だけ取り上げて、全ての方々にビジネスをお勧めする訳ではありません。

(*事実、誰でも可能な事だとはまったく思っていません。)

 

 

それでも、

 

 

同じ世界、同じ空間、同じ時に暮らしていても、

『パラレル・ワールド』が存在することは、垣間見て頂けたと思います。

 

 

今夜は、クライアントさんと、お気に入りのラーメン屋さんに行って来ました。

(*昨日の公式ブログでご紹介したお店ではないです。)

 

 

カウンターだけの店内だったのですが、

私のクライアントさんとは反対側には、知らない会社員の方々が『20センチ』の距離に。

 

 

不動産関係の会社にお勤めのようで、

私と同年代の2人が、業務のことを同僚と話しながら食事していました。

 

 

『次の辞令、どうなるかな??』

 

 

『俺、どこに飛ばされる(異動の意)やろう??』

 

 

などと話し合いながらラーメンを啜っていましたが、

おそらく、彼らは、一生、そのような『雑事』に囚われたまま人生を過ごしていくのです。

 

 

『20センチ』

 

 

同じ場所、同じ空間、同じ時間、

このお店のラーメンを『美味しい!』と感じたのは、私たちも、彼らも同じだったと思います。

 

 

しかし、

 

 

そこには、確実に距離では表されない『パラレル・ワールド』が存在していました。

 

 

『お金の知識を身に付け、資産形成をスタートしたい!』という方に最適なセミナーを、

3月21日(水・祝)13:30スタートにて大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年3月21日(水・祝)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

>>>>セミナーご案内ページはこちらをクリックください<<<<

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile