2020年、投資における『神学論争』は結末を迎えるか??

今日のテーマは、『2020年、投資における神学論争は結末を迎えるか??』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『投資の神様も、市場に飲み込まれてしまうのか??』と題して、

ウォーレン・バフェット氏が直面する『苦悩』についてご紹介しました。

 

 

前週から引き続き、

 

 

日本・米国をはじめとして、世界の株式マーケットは『堅調』です。

 

 

依然、

 

 

『新型コロナ・ウイルス』の感染拡大は継続していますが、

ここに来て、死亡者数の増加ペースは、鈍化してきたとの報道もあります。

 

 

また、

 

 

治療薬・ワクチン開発に関する新たなニュースについても、

連日、報道メディア・紙面を賑わすようになって来ました。

 

 

それに伴い、

 

 

実体経済に漂っていた『閉塞感』も日に日に薄れており、

経済活動復活に向けた『期待感』も高まって来ています。

 

 

そもそも、

 

 

2月から始まった今回の『株式下落』は、新型ウイルス拡大により、

『経済活動』が、世界的にストップしたことが最大の原因でした。

 

 

私自身、

 

 

若干『36年間』しか生きていないので、真実は分かりませんが、

ここまで『世界』が止まったのは、人類史上初の出来事では無いでしょうか??

 

 

勿論、

 

 

発展し切っていない過去においては、

人・モノの世界的な流通量が、現代ほど多くなかった時代も有ります。

 

 

しかし、

 

 

『危機』が発生する直前を『基準点』とした際の下落率は、

業界・エリアによっては、『90%』を超えることもあり、

瞬間最大風速として、『人類史上最大』のショックだったと考えます。

 

 

ただ、

 

 

主因となる『新型ウイルス』の問題が解決に向かうならば、

物理的被害を受けている訳では無いので、『回復』は早い。

 

 

それを表すかのように、

 

 

冒頭ご紹介させて頂いた通り、株式市場は堅調に推移しており、

つい3ヶ月前に受けた『傷』も、早々に、癒えつつあります。

 

 

私を含めて、

 

 

多くの市場参加者(投資家)も、早々に『含み損』を解消して、

短かった『春』に仕込んだ種に、『期待』を抱いて見守っています。

 

 

しかし、

 

 

そのような状況にも関わらず、現代を代表する『投資の神様』は、

90歳を目前に、人生最大の『ピンチ』に直面している状況です。

 

 

第一四半期、

 

 

『保有銘柄』の大幅な入れ替えを強いられたバークシャー社は、

僅か3ヶ月間で、『約640億ドル(約7兆円)』もの資産を失いました。

 

 

常人であれば、天文学的規模に、気を失います。

 

 

如何に『投資の神様』と言えど、

 

 

この超巨大金額(約7兆円)は『無視』できる数字ではなく、

事実、これまでの生涯累計収益の『50%』近くを失っています。

 

 

確かに、

 

 

『国家予算』にも匹敵する規模のお金を失ったとしても、

バフェット氏が、『超富裕層』であることは、全く変わりません。

 

 

しかし、

 

 

流石に、この金額を失って『平気』なはずは無いですから、

前述通り、『苦悩』する日々を過ごしていると想像します。

 

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

 

 

ウォーレン・バフェット氏の投資哲学は、対象企業を徹底研究し、

『割安』と判断したターゲットを大量買付する『バリュー投資』です。

 

 

有名な師は、

 

 

元・コロンビア大学の経済学者、ベンジャミン・グレアム氏ですが、

バフェット氏の『投資哲学』にも、大きな影響を与えたと言われます。

 

 

最も、

 

 

『投資の神様』の称号を手にした1990年代半ば以降は、

企業サイドがバフェット氏にオファーを出す形だったので、

純粋な『バリュー投資』とは乖離していたかも知れません。

 

 

実際、

 

 

数少ない(*)『バフェット銘柄』のリストに入ることで、

株式市場においては、絶大なクレジット(信用)が貯まり、

情報が公開された瞬間、その銘柄の株価は『急騰』します。

 

 

*『少ない』と言っても、現時点のバークシャー社の保有銘柄は約50社、

 これまでの『累計』でカウントするならば、『150社』に上りますが。

 

 

当然、

 

 

絶大なる『恩恵』を与かることが出来る企業サイドとしては、

一般投資家と乖離した『有利なオファー』を出すことになる。

 

 

投資の世界では、

 

 

同氏ほどの『巨大帝国』を築かなくとも、

『アマウント』が大きくなれば、なるほど、

有利な条件で投資できるのが『常識』です。

 

 

無論、

 

 

バフェット氏の元には、数え切れないほど『最高級オファー』が舞込んでおり、

一時期に限定すれば、その『環境』こそが、資産増殖ペースを加速させました。

 

 

それが、一転、覆されそうとしています。

 

 

元々、

 

 

投資の世界には、『進学論争』的な争いとして、

『アクティブ運用』VS『パッシブ運用』を巡る攻防が、長期に渡ってあります。

 

 

個人的見解では、

 

 

『前者(アクティブ運用)』をする投資家の存在を前提とした世界で、

『後者(パッシブ運用)』を選択する者が『勝者』と考えていました。

 

 

ただ、

 

 

現実問題として、『コイン投げゲーム』に勝つ人間は一定数存在し、

彼ら・彼女らの存在が、未だ『結論』を出し切れずにいる理由です。

 

 

事実、

 

 

『後者(パッシブ運用)』を選択した瞬間に、長期的利益を得る変わり、

『天文学的なリターン』に挑戦するチャンスは、手放すことになります。

 

 

反対に、

 

 

『前者(アクティブ運用)』を選択し、博打の世界に足を踏み入れることで、

21世紀における『投資の神様』になる『挑戦権』を得られるのも事実です。

 

 

しかし、

 

 

20世紀の『投資の神様』の運用成績にも陰りが見えはじめ、

これまで崇められていた『神器』は輝きを失いつつあります。

 

 

直近35年間、

 

 

米国市場『NYダウ平均株価』は、数々のショックを乗り越えながら、

1985年比較『約20倍』となる巨大リターンをもたらしました。

 

 

『進学論争』は、遂に終結を迎えるのか??

 

 

少し『寂しい』気持ちを抱えながら、動向に注目しています。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今月(5月)以降も暫くの期間、

大阪・神戸ともに、『完全個別:Zoom受講』へと切り替えて行います。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う、事態の早期収束・終息と、

ご覧頂いている皆様のご健康を、心より、お祈り申し上げます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile