90歳現役『オマハの賢人』に集まる、投資家の注目。

今日のテーマは、『90歳現役オマハの賢人に集まる、投資家の注目』です。

 

 

8月7日(金)、8日(土)と2日間、

公式ブログの更新が止まっていました。

 

 

時世的に批判されるかも知れませんが、

以前から決定していた、キャンプに参加していた為です。

 

 

2020年、夏のイベントが相次ぎ中止されたので、

『唯一』と呼べる、『夏らしい』イベントでしたね。

 

 

2日間、なかなかのハード・スケジュールで展開したので、

公式ブログを更新している今、殆ど『握力』が有りません(笑)

 

 

その辺り、

 

 

体力的にも、精神的にも『リハビリテーション』を兼ねて、

久しぶり(2日ぶり)の記事更新をしていこうと思います。

 

 

早速、本題に入りますね。

 

 

私がキャンプ・イン2日目を迎えていた『8月8日』、

米国では、1つの注目イベントが開催されていました。

 

 

市場関係者(投資家)の方々は、お分かりになると思います。

 

 

米国・投資会社『バークシャー・ハザウェイ』による、

2020年第2四半期(4月ー6月)の決算発表です。

 

 

ご存知の通り、

 

 

同社CEO(最高経営責任者)を務める人物は、

『世界No. 1投資家』と評されるウォーレン・バフェット氏です。

 

 

現時点(8月9日)、正確な年齢は『89歳』ですが、

今月末(8月30日)には遂に『90歳』を迎えます。

 

 

そして、今尚『現役』を貫く。

 

 

『11歳』での株式投資スタートから、

約80年間『金融』に身を置きますが、

『金融街』に距離を置くスタイルから、

『オマハの賢人』との別名も有ります。

 

 

私自身、

 

 

20代前半で『投資』をスタートした際に知った人物ですが、

まさか、21世紀も『実在』する人物とは思いませんでした。

 

 

勿論、

 

 

それから10年以上が経過した『2020年』現在、

『現役』を貫いているとは、当時は予測出来ません。

 

 

正に、『レジェンド(生きる伝説)』ですね。

 

 

前述の通り、

 

 

今月で『90』歳を迎える、バフェットじいちゃんですが、

『投資』の世界で今尚、『最注目される人物』の一人です。

 

 

それは、

 

 

『バークシャー』が、本格的に『投資会社』に鞍替えした1967年以降、

30年以上に渡り、『年率20%超』リターンを叩き出した事によります。

 

 

一般的に、

 

 

ウォーレン・バフェット氏は『投資家』と表現されますが、

より正確な言葉で表すならば、『事業家』が正しいですね。

 

 

実際、

 

 

『バークシャー』は、単なる『株式』を保有する投資会社ではなく、

『企業』を丸ごと買収することが多い、『コングロマリット』です。

 

 

『お気に入り銘柄』には、

 

 

銀行、保険といった、本業『金融』に関わる企業は勿論、

新聞等の『メディア』や、『飲食業界』世界的ブランド、

エネルギー、鉄道といった『インフラ事業』まで多岐に渡ります。

 

 

このように、

 

 

『生きる伝説』が運営する『バークシャー社』ですが、

2010年代以降、組織が超肥大化したことも起因し、

かつてのようなパフォーマンスが叩き出せていません。

 

 

昨日(8月8日)の決算発表では、

 

 

2020年4月ー6月期の純利益は、

262億ドル(約2兆8000億円)、

前年同期比『+87%』の好業績を記録します。

 

 

これは、

 

 

世界的にも『株式市場』が大荒れとなった、

2020年第1四半期からの『リバウンド』も含まれています。

 

 

しかし、

 

 

一見、『好業績』のように見られるこの数字の裏では、

これまでの『バークシャー(バフェット氏)』からは、

『考えられなかった動き』が隠されていました。

 

 

それが、

 

 

同時期に『バークシャー社』が乗り出していた、

50億ドル(約5500億円)規模の『自社株買い』です。

 

 

原則として、

 

 

バフェット氏の『投資哲学』の中には、一貫として、

『株主還元』よりも『新たな投資』を優先するものがあります。

 

 

短絡的には、

 

 

前者(株主還元)を行った方が、投資家は喜びそうですが、

より『長期的な視点』で見た時、『後者』を選択した方が、

投資家に『最大リターン』を与えられると考えるからです。

 

 

しかし、

 

 

前述の通り、『バークシャー』自身が肥大化したことにより、

その『投資哲学』遂行難易度は、年々高くなりつつあります。

 

 

例えば、

 

 

『ミジンコ』が身体の向きを変えても、海流に変化は及びませんが、

『クジラ』がその行動を取ると、周辺海流にインパクトを与えます。

 

 

同様に、

 

 

世界に溢れる『一投資家』の動きは市場に影響は与えませんが、

バフェットクラスは、『自らの動き』そのものが変化を起こす。

 

 

また、

 

 

前回の金融危機(2008年:サブプライム・ショック)以降、

世界経済が、期間全体としては『混沌』とする状況も相まって、

『バークシャー』も身動きが取れずにいる時が長くなりました。

 

 

この時期を経て、

 

 

同社が積み上げた『キャッシュ(現金保有高)』は、

実に『1500億ドル(約16兆円)』に達します。

 

 

そして、

 

 

この『1500億ドル』を抱える鯨が、今後どう動くか、

市場関係者(投資家)の間では、注目され続けているのです。

 

 

先ほど、

 

 

『50億ドル規模の自社株買い』という事例をご紹介しましたが、

これは、『バークシャー株主』からの圧力という要因が、大きい。

 

 

バークシャーと言えど、

 

 

『キャッシュ(保有する現金)』からは『利益』が生まれませんから、

『有望な投資先が無いなら、自社株を買え』というプレッシャーです。

 

 

バフェット氏は言います。

 

 

『今日が、株を買う良い日かどうか分からない。』

 

 

『20~30年という長期保有なら上手くいくだろうが、

 2年(短期償還)なら(利益を生むか)分からない。』

 

 

90歳を迎える『レジェンド』の動向・思考回路は、

これからも、私たちに影響を与えることになりそうです。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■8/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/29(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■8/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/29(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile