『1対19』★

今日のテーマは『1対19』です★

昨日のブログで、これからの時代は、

知る人と知らない人の差が開くという話をしました。

それで、その人数の割合は、

だいたい『1対19』くらかなと思います(^_^)

金融の知識についても、日本人はほとんど知らない。

それには理由があります。

1990年代後半、橋本龍太郎政権時代、

日本は海外の圧力もあり『金融ビッグバン』で、

海外の金融商品にもアクセスできるようになりました。

しかし、これは形式上です。

本当に顧客利益のある有利な商品は、

現在でも日本国内では許認可が下りてないため、

国内で営業活動はできません。

また、お金持ちの間では常識ですが、

日本の保険に比べて、海外の保険商品は、

補償内容が同じなら掛け金は半分以下です。

これも日本人のアクセスは禁止されました。

保険業法186条です。

これらのルールは誰のためのものか?

国民のためを思ってのものでしょうか?

残念ながら違います。

国内の金融機関関係者の利益を守るため、

そして、税金で自分を潤わすためです。

彼らは、こんなことを平気でやってます。

僕は、そのルールを変えようなんて、

大それた事しようとは言うてません。

それには多大なる時間と労力がかかるし、

貴重な人生の時間を使う必要はないと思う。

でも、ルールを知った上で、

有効に活用することならすぐに出来る。

そして、そのためには『自ら情報を取りに行く』しかない。

日本は、先程のような背景があるからです。

自ら探し求めて『1』の側にまわるか、

言われるがままの『19』の側に居るままか。

『知るない』では、

あまりに代償が大きい時代に入ってきました。

222

4 件のコメント