20年ぶりに『火垂るの墓』を見て気付いたこと。

今日のテーマは、『20年ぶりに火垂るの墓を見て気付いたこと』です。

 

 

先日、『火垂るの墓』が金曜ロードショーで放映されましたね。

 

 

高畑勲監督の追悼記念として、約6年ぶりにテレビ放映されたようです。

 

 

私は、リアルタイムで視聴はできませんでしたが、

録画したものをやっと先日観ることが出来ました。

 

 

最初に劇場で放映されたのは、確か30年近く前の話ですよね。

 

 

私がまだ小学生になる以前、地元のレンタルショップで、

当時まだVHS版だった『火垂るの墓』を借りた記憶があります。

 

 

*正確には、私が借りたかった訳ではなく、親戚の兄さんが借りた。

 

 

小学生の時期は頻繁にテレビ放映されていた記憶がありますが、

中学・高校では野球に没頭し、大学・社会人になってからも見ていなかったので、

本当に、約20年ぶりにこの映画を見たのだと思います。

 

 

改めて見てみて、

 

 

30年近く昔に作成された映画とは思えぬほど、

全ての面において『クオリティ』の高さを再確認しました。

 

 

今見ても、決して『古臭さ』を感じることなく、

未だに『鮮度』を保っていたように感じています。

 

 

また、

 

 

幼い時の記憶とは凄まじいもので、繰り返し見ていた事により、

登場人物の細かなセリフ等も、しっかりと覚えている自分がいました。

 

 

スタジオジブリの作品は結構好きですが、

『火垂るの墓』も(好きかどうかは別にして)記憶に強烈に残っていた作品の1つですね。

 

 

高畑勲監督自身、実際の空襲体験を、

私の地元・岡山大空襲で経験されていることも、何か不思議な縁を感じます。

 

 

それで、

 

 

当たり前の話ですが、20年ぶりに作品を見ると、

当時の自分では拾うことが出来なかった描写や、時代背景も見えてきますね。

 

 

多くの方がストーリーはご存知だと思いますし、

長くなると思うので、ここでは映画のあらすじの説明は割愛させて頂きます。

 

 

今回、この映画を観た時、私が最も強く印象に残ったのは、

戦後の動乱期でさえ、『貧しい者』と『富める者』が存在していたこと。

 

 

映画は冒頭、主人公である14歳の青年・清太(せいた)が、

(おそらく三ノ宮か西宮)駅でなくなるシーンから始まります。

 

 

『昭和20年9月21日、僕は死んだ。』の有名なフレーズは、

映画が始まった瞬間から、幼少期の私にも『強烈なインパクト』を残しました。

 

 

栄養失調で、骨と皮だけになってガリガリに痩せ細り、

今にも死にそうな状況で、虚ろな目をして座っているボロボロの清太。

 

 

『うわ、びっくりした!きったないやっちゃなぁ!』

 

 

『もうじき米軍が来るっちゅうのに、あんなん駅におったら日本の恥やで。』

 

 

そう言いながら、これまでと変わらず日常を過ごしている人々と。

 

 

目の前に貧困で死にそうな人間がいる一方で、

食べるものも、着るものもあり、これまでと変わらぬ日常を送れる人間が存在している。

 

 

駅には、背景に清太以外の栄養失調者も描かれている事から、

当時、この『両極端な背景』を持つ人々が、

同じ世界に、同時に、日常的に存在していた事がわかります。

 

 

それは決して『特別』なことでも何でもなく、

当時の人々からしてみれば、『自然で』『日常的な』事でした。

 

 

確かに、

 

 

主人公の清太と節子は、大戦によって両親を亡くした『戦争孤児』なので、

(*父親に関しては、正確な描写がないので推測の域。)

彼ら自身に、貧困の『責任』をそのまま問うことは出来ません。

 

 

しかし、

 

 

大人になって初めて観た『火垂るの墓』で、最も強烈な印象を残したのは、

国家有事の際に、生命を分かつほどの『社会格差』が、そこに存在していたことです。

 

 

これは、

 

 

現代の日本で問題となっている、経済レベルの『格差』以上のものです。

 

 

起因するのは『経済問題』ということは同じですが、

 

 

現代の日本で数十万人・数百万人レベルの餓死者が出ることは考えにくく、

それと比較すると、いかに戦後の『経済格差』が壊滅的なものだったかわかります。

 

 

また、

 

 

映画の後半、妹・節子がなくなる前後のシーンでは、

戦争が終わって自由が訪れ、久しぶりに実家に帰省する優雅な家族の描写が現れます。

 

 

そして、

 

 

その家から眺める綺麗な池(湖ではないと思う)の対岸には、

清太と節子が身を寄せ合って生活していた、防空壕の残骸を望むことが出来る。

 

 

節子が亡くなり、生きていた時期を回想するシーンが流される事により、

残酷なまでの両者の対比が、何とも言えない感情を心に抱かせます。

 

 

第二次世界大戦直後。

 

 

これほど大きなインパクトはないであろう時期でさえも、

同じ時、同じ場所、同じ国民の間において、壊滅的な『格差』は存在するのです。

 

 

21世紀に入り、もう、あの頃のような『世界大戦』は起きないかも知れない。

 

 

ただし、

 

 

次に訪れる『国家有事』は、これとは違った形なのかも知れません。

 

 

全てを予測し、全ての『リスク』に対応することは不可能ですが、

自助努力で、自ら考えうる『備え』を進めて行くことは大切だと考えます。

 

 

『国家有事に備え、自ら資産形成していきたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は5月23日(水)19:30スタートにて大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年5月23日(水)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

>>>>セミナーご案内ページはこちらをクリックください<<<<

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile