2018年は、『国民一人一人が資産形成を考える時代』元年になる★

今日のテーマは、『2018年は、国民一人一人が資産形成を考える時代元年になる』です(^_^)★

 

 

昨日の公式サイトブログでは、『年頭所感』を書きました。

 

 

別に、首相でもないのに、高らかに宣言したわけです(笑)

 

 

誰にも頼まれてないのに(笑)

 

 

それでも、

 

 

自身の考え方・メンタル的な情報発信をすると、

有り難いことに多くの方々からレスポンスを頂きますね(^_^)

 

 

『お金』『資産形成』に関しての情報発信ももちろん役立つと思いますが、

時には、『自身が、なぜその活動をしているか??』を知って頂くのも良いと感じています。

 

 

株式市場は年末年始休業の真っ只中ですが、

為替、仮想通貨市場は水面下で常に動いていて、この期間もネタには困りません。

 

 

ただ、

 

 

年始からそんな話題も少し気品がないと思うので、

今日も、『考え方』についての情報発信を続けていこうと思います。

 

 

それで、

 

 

今日のタイトル『2018年は、国民一人一人が資産形成を考える時代元年になる』に繋がるのですが。

 

 

公式サイトブログのネタとして、

昨年から、日々ニュースで報道される時事ネタを取り上げ、

この個人的見解について書くスタイルも多々ありました。

 

 

その『時事ネタ』を取り上げる過程でも繰り返したのが、

『小さなサインは、常に出続けている』という言葉です。

 

 

『小さなサイン』は何に対するものかというと、

『日本の財政悪化』、これから待ち受ける『格差社会』に対するサインのことです。

 

 

良くも悪くも、

 

 

私たちの一人一人の『価値観』というものは、

自身の『経験』『体験』の上で形作られています。

 

 

私自身、

 

 

『自分の経験があること』『体験したこと」しか話さないという信念がありますが、

これはこれで、判断基準・行動基準として正しい部分もあると思います。

 

 

ただ、

 

 

皆さんもご存知の通り、

人の一生というのは平均でも『80年』そこそこの限られたもの。

 

 

これからの世の中で起きてくることを、

『自身の経験』『体験』だけで判断していては、『価値観』の幅は恐ろしく狭くなりますよね。

 

 

例えば、

 

 

約70前でしかない『戦争』というイベントに対しても、

それを『経験』『体験』として知っている人は、今ではもう殆どいらっしゃいません。

 

 

私たちの中には『経験』『体験』が無いことなので、

私たちにとっては、このイベントは著しく『リアリティー』が無くなってしまっています。

 

 

これだけ報道で『北朝鮮リスク』が日々出てくる中でも、

私たちが、どこか『他人事』だと思っているのはその為です。

 

 

それと全く同様の話で、

 

 

『日本経済の悪化が、これから急速に顕在化してくる』と言われても、

『経験』『体験』が無いので、『ピン!』とくる方は少ないと思います。

 

 

約1年前の2016年度末(2017年3月)においても、

既に国・地方債合わせた累計借金総額は『1200兆円』オーバー。

 

 

これだけ借金を積み上げているにも関わらず、

毎年、新規発行国債を約40兆円ペースで積み上げ続けている状況。

 

 

国の財政を切迫しているのは『社会保障費』ですが、

本当に財政健全化するためには、抜本的改革が必要なものの、

『医療費』『年金』ともに延命措置レベルの対策しかしません。

 

 

それでも、

 

 

そんな『メッキ』でいつまでも騙し続けられる訳もなく、

東京五輪まで持たず、顕在化してくるのが今年だと思うのです。

 

 

不要な公務員を抱え過ぎの今の状況は、

一足早く『デフォルト』したギリシャと全く同じ状況です。

 

 

本来であれば、大幅な人員削減をするべきですが、

一度出来上がってしまったものを、なかなか崩せるものではありません。

 

 

*行動経済学等でも稀に出てくる『ネットワーク理論』では、

『一度形成された価値観・概念』は、衝撃的なインパクトを与えないと崩壊しないと説明されています。

 

 

*ここの例で言うと、『公務員数の大幅削減』や『年金制度廃止』は、

『日本国デフォルト』などの『衝撃的インパクト』発生時にのみ達成可能になります。

 

 

また、

 

 

『国民年金』『厚生年金』が崩壊するのは明らかですが、

ここまで最も財源が潤っていると言われた『共済年金』も、

数年前から『厚生年金』と財源一元化されてしまいました。

 

 

この動きも、根本的な問題を解決するためのものではなく、

苦肉の策の『対症療法』的な意味合いしかなく、

ただ単に、『ババ抜きゲーム』のババを引くのを先延ばしにしただけです。

 

 

定期的に各種給付金等による『バラ撒き』をした所で、

それは次の選挙を乗り切るための『子供騙し』でしかなく、

『日本財政』の根本的な問題は解決していません。

 

 

首相が『一億総活躍時代』を高らかに宣言しても、

 

 

これは、少子高齢化の進む日本で『国家総動員でのGDP創出作戦』ではなく、

要は、『年金が払えないから、生涯現役で働いてね作戦』というのが真意です。

 

 

決して間違って伝わって欲しく無いのは、

私が言いたいのは、『政府の政策が間違っている!』という事ではない事。

 

 

はっきり言ってしまえば、誰がやっても同じです。

 

 

勿論、偉そうにいろいろ話している、私自身も無力でしかない。

 

 

日本全体が大きく『マイナス』の流れに飲み込まれている状況で、

この『流れ』の向きを変えるのは、私自身、『人智の及ばない所』だと考えています。

 

 

だからこそ、

 

 

一人一人が自分の頭で考え、自ら行動し、

『資産形成』を考えていかなければいけない時代がやってくるのです。

 

 

*実際には、もう始まっていて、

 気付いている方々は具体的な『行動』をスタートしていますが。

 

 

勿論、私自身も、私のクライアントさんも既にスタートを切られています(^_^)

 

 

先進国の中でも、『明確な格差社会』の象徴でもある米国。

 

 

超大富豪がいる一方で、つい数日前まで優良企業で働いていた会社員が、

ニューヨークの一角で路上生活者に陥ってしまうケースも多々あります。

 

 

このような状況が、近い未来、日本でもスタンダードになるのです。

 

 

『しっかりと真剣に考え、行動して来た者』と、

『流されるまま、何も考える事なく来た者』と。

 

 

両者に結果として『明確な格差』を付けることは、

ある種、必然であり、当然のことなのかも知れません。

 

 

問題となるのは、

 

 

その状況が現実に自分の身に降りかかってきた時に、

『あなた自身が、どちらサイドに所属しているか??』ということ。

 

 

私たちが生きてきたここ数十年間の『経験』『体験」だけで判断したら、

日本の国は『安定』していて、『安全な場所』もあったかも知れません。

 

 

しかし、

 

 

これからの時代は、それが『無い』ということを早めに認識するべきです(^_^)

 

 

自分たちの祖父母の時代はもちろん、

親の世代とも、展開される『常識』が全く変わってしまう。

 

 

だからこそ、

 

 

自ら『変化』を起こし、仕掛けていける人こそが、

これからは『自由』を勝ち取って生きていくことが出来ると考えます。

 

 

『自ら変化を起こし、着実に資産形成したい!』という方に最適なセミナーを、

2018年は、1月29日(月)19:30スタートにて大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年1月29日(月)開催!将来のお金の不安が消えるセミナーin大阪・梅田■

*セミナーご案内ページはこちらをクリックください*

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

本当に人生は好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております(^_^)★

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile