2020年卒・就職志望ランキング『医薬品首位』から考えること。

今日のテーマは、『2020年卒・就職志望ランキング医薬品首位から考えること』です。

 

 

全国的に、ソフトバンクのシステム障害が酷いですね(笑)

 

 

私は、スマートフォンをソフトバンクで契約、

Wi-Fiは、今まさに話題沸騰の『ファーウェイ(ソフトバンク回線)』を使用しています。

 

 

このような事態は初めてですが、

 

 

パソコン、スマートフォン共にネット環境を封じられてしまうと、

大都会の真ん中でも、こんなにも容易く『外界』と遮断されてしまうんですね。

 

 

クライアントさん始め、仕事で関わられる皆さん、

この通信障害が復旧するまで、『井上耕太』とは連絡が取れません(笑)

 

 

決して、無視している訳では無いので、その点ご容赦頂けたらと思います。

 

 

今、

 

 

夜からの仕事予定の合間を縫って、Starbucksに逃げ込み、

何とかネット環境を確保して、この公式ブログを書いているところです。

 

 

本当に、

 

 

普段、何気なく、自分が『当たり前』と考えていることが、

決して『当たり前』ではなく、『恵まれている』ことが実感出来ますね。

 

 

通信障害が復旧してからも、その『謙虚』な気持ちを、

『1分』『1秒』でも長く持ち続けながら生活していきたいと思います(笑)

 

 

*でも、私を含めて『人間』は愚かなので、一瞬で忘れてしまうんやろなぁ、、、、。

 

 

さて、

 

 

昨日、再来週(2020年)大学を卒業する学生を対象に、

『就職志望ランキング』を調査する、興味深いデータが出てきました。

 

 

この調査は、

 

 

某就職情報サイトが、2020年春卒業見込みの大学生を対象に、

無作為に『約1200人』から任意で回答を求めて発表したものです。

 

 

特段珍しいものでは無く、この手の調査は、よく目にしますよね。

 

 

ただ、いつもと違っていたのは、2011年調査開始時から、

定位置を『首位』でキープしてきたあの業界が、まさかの『8位』に陥落したことです。

 

 

『あの業界』、皆さんはお分かりになるでしょうか??

 

 

そう、『メガバンク』を中心とした『銀行業界』です。

 

 

一昔前までは、

 

 

『公務員』と並び称されるほど、一度就職決定してしまえば、

『親方日の丸』では無いものの、『一生安泰』の代名詞と言われた業界です。

 

 

先ほど、

 

 

『一昔前』と表現させて頂きましたが、決して数十年前では無く、

少なくとも、私が就職活動する十数年前には未だ、その風潮が残っていました。

 

 

私が卒業した国立神戸大学は、ご存知の方もいらっしゃいますが、

一橋大学、大阪市立大学と並び、『日本の三商大』と形容される大学です。

 

 

その名の通り、

 

 

関西を中心に経済界には多くの先輩方が君臨しており、

『銀行』『証券』『商社』に関しては、一般の方々とは別枠で選考が進みました。

 

 

よりはっきり言うと、

 

 

自身が『行きたい!』と意思表示すれば、よほどポンコツと見抜かれない限り、

私の学生時代は、ほぼスルーで先輩リクルーターが斡旋してくれたものです。

 

 

個人的には、

 

 

その慣習があまり好きではなかったこともあり、

大学卒業時点では、『金融(銀行・証券)』の業界に進む気持ちはありませんでした。

 

 

それで、

 

 

ほんの10年ほど前でさえ、この手の業界・大手企業に就職できれば、

少なからず、私たちの中にも『一生安泰』の文字はチラついていました。

 

 

しかし、

 

 

その後、技術革新によるこの業界の『激変』ぶりは皆さん知るところで、

大手メガバンクでさえ、今後数年間で『数万人単位』の人員整理を迫られています。

 

 

また、

 

 

それは『自然減』だけで賄えるものではありませんから、

『早期退職(リストラ)』に加えて、『採用抑制』の合わせ技で進行中です。

 

 

この現状を見れば、

 

 

これまで『首位』をひたすら走ってきたこの業界の就職人気が、

『首位陥落』どころか、『8位』にまで転落することも納得ですね。

 

 

ただ、問題は、その次に出てきた結果です。

 

 

『銀行業界』に変わって、この調査で『首位』の座に着いたのは、

私も『会社員』として身を置かせて頂いた『医薬品業界』だったのです。

 

 

確かに、

 

 

現在でも、この業界のクライアントさんからの面談は割合多く、

他の業界の方々と比較して、『所得水準』も高く保たれている状況です。

 

 

かつての私がそうであったのと同様に、

 

 

いくら『企業研究』と言っても、学生がするそのレベルは知れており、

現在の『業界平均所得水準』も大きくウェイトを置き、就職活動することは簡単に推測できます。

 

 

しかし、

 

 

自身が数年前まで在籍していた事と、最近入手した時業界情報から考えても、

この業界も、『銀行業界』と時間差で、『人』が必要なくなることも見えています。

 

 

私が就職した当時、

 

 

未だ、医師の方々と様々な『お付き合い』ができた時代は終わり、

現在では、かなりドライな『情報伝達』くらいしか仕事がないと聞きます。

 

 

何故、

 

 

数年のうちにここまで『大きな変化』が起きたか分かりませんが、

世界のスタンダード治療から独自の処方シェアを確立する日本市場を、

外資系メーカーが、一気に攻勢かけて攻め込んできたのかも知れません。

 

 

ご存知の方もいらっしゃいますが、

 

 

内資系製薬メーカーと、外資系のそれでは、

『資本金』、ひいては『研究開発費』の桁が1つも2つも違います。

 

 

そして、

 

 

『創薬(新薬を開発し世に輩出する事)』という産業が成り立つのは、

欧米のほかは『日本』しかなかった事を考えると、

ここで純国産メーカーが駆逐されると、完全敗戦になる事は目に見えています。

 

 

もしそれが現実のものとなれば、日本も他の『非・欧米諸国』と同様、

彼らが研究開発した医薬品を、導入するしか道は無くなってしまいます。

 

 

完全に話が逸れました。

 

 

『人』という観点で言えば、これまで、日本市場は人員過多であり、

この業界(製薬業界)においても、世界スタンダードが入って来ることが予想されます。

 

 

『情報』という点で言えば、

 

 

最近は『大まかなこと』はほぼネットで入手可能ですから、

それを捕捉する情報だけであれば、『人』は少なくても問題ありません。

 

 

如何に、

 

 

現在の『製薬業界』の所得水準が他業界より高かろうとも、

この業界も、『銀行業界』同様、数年のうちに『人」を必要としなくなってしまいます。

 

 

それを、あなたはきちんと見抜けるでしょうか??

 

 

『一生安泰』

 

 

確かに、魅力的な言葉ですが、これに固執し過ぎると、

『時代の変化』に着いていくことが出来ず、一気に『安定』を失います。

 

 

これからの『変化』が激しい時代、

 

 

自ら『変化』を起こしていける人間こそが、

逆説的に、『安定』した人生を送っていくことが出来ると考えます。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮12月19日(水)、大阪・梅田12月22日(土)にて開催します。

 

 

■2018年12月19日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年12月22日(土)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile